« BATMAN : THE KILLING JOKE | トップページ | Remember11 (8) »

BATMAN : THE KILLING JOKE (2)

読了。ジョーカーの誕生エピソードを交えて「バットマンも(暴力を向ける先が違っただけで)怪人達と同じ精神病者だ」という見方を押し出してるところが燃えまくりです。すでに邦訳版が出てる「BATMAN : Arkham Asylum」(こちらも超名作)に通じるところが。

また、表題作の他にもアラン・ムーアの代表的な短編(バットマンではない)が数編収録されていてこれも良かったです。特に「スワンプシング」伝説の大どんでん返し(ムーアの出世作。B級ホラーコミックだった同作を、シナリオを引き継いだムーアがいきなり衝撃的な展開で別物に作り変えてしまった)が収録されてるのがポイント高し。

『彼はアレック・ホランドではない
 アレック・ホランドにはなれない
 アレック・ホランドであった事もない』

ときに何故今頃この本が出たのかと思ったら同時刊行のこちらがメインだったようです。
http://www.jive-ltd.co.jp/catalog/490231424X.html
映画「リーグ・オブ・レジェンド」の原作。まさかムーアのコミック本の映画化だったとは…(^^;

|

« BATMAN : THE KILLING JOKE | トップページ | Remember11 (8) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17521/362388

この記事へのトラックバック一覧です: BATMAN : THE KILLING JOKE (2):

« BATMAN : THE KILLING JOKE | トップページ | Remember11 (8) »