« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

6x9=53+1

遅ればせながら週末に「スクール・オブ・ロック」観てきました。
展開はこれでもかというくらいストレートですが、ジャック・ブラックの熱演に大笑いで最後までダレずに楽しめました。

あと生徒の子供達がめっさ可愛いです。
誤解を恐れずにもう一度書きますが、子供達が可愛い。

…いや、誤解ですって(←恐。


同じ日に観たらしいあんころさんもベタ褒めですし、未見の方には超オススメですよ。

ちなみに記事タイトルは以前使いましたが「ロックはゴミの1つ上」と読みます。
ここから元ネタの笠原倫「唇にパンク」に話を持っていこうと画策したら、意外にも派手に紹介してるサイトが見つからなかったのでとりあえずこちらへ(←リンク先:倫ん家の部屋様(作者公式サイト))。
名フレーズてんこ盛り&男気バツグンの名作ですよ。今では漫画喫茶くらいしか置いてないと思いますが見かけたらぜひにチェキを。ロケンロー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

転生學園幻蒼録(2)

現在6話序盤。ちょいとゲーム的に辛くなってきました。
「怒」「楽」「友」などのアイコンから1文字を選んで会話するんですが、場面によって

 「怒」→「怒ってみせる」「気合が入ったところを見せる」など
 「冷」→「冷たくする」「冷静なところを見せる」など
 「楽」→「普通に返事する」「馬鹿にしたふうな態度をとる」など

のように意味が勝手に変わってしまうため主人公が思い通りに話してくれません。なんか会話を選択しているというよりテキストの合間にクジ引きしてる感じ。

#6話の頭で「友」を選んだら、「友達だからって手を抜くな」と言ったことに。そんなのわかるかヽ(`Д´)ノ

現在の評価はゲーム5点、キャラ絵で+1点。御神の登場で任務間のバカ話は面白くなってきたので、あとは本筋の盛り上がりに期待したく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロックマンゼロ2サントラ

「リマスタートラック ロックマンゼロ・イデア」ゲット完了。
#ネット通販のe-capcomかヤマギワソフト(秋葉原)のいずれかでしか販売してないのでご注意。
dempa040529_zero.jpg
前作同様全曲アレンジでの収録で、今回はミニドラマが入ってないかわりに歌モノが3曲(少しビジュアル系入ったOPステージ曲、シエル(田中理恵)のフランス語イメージソング、男声コーラスが渋いレジスタンス唱歌)が入ってました。

BGMのほうもかなり燃えるデキ。拙者的にロックマンXシリーズは1のOPステージだけ神で他はほとんど聴きどころなしと思ってるのですが(カプコンのロック自体単調で肌に合わないのが多い)、ゼロシリーズはなかなかいけてると思います。特に今回のOPステージ曲はストレートながらX1の神に匹敵するかと。1&2共通のボス曲も超好き。

ときに、なにげにジャケ帯の裏を見たらなんと四天王ファントムの第二形態の設定画がΣ(゜□゜;)
ファントムは1で死んでしまったのでゲームに第二形態が出ることはない(はず)のですが、シャープな造形でかっこいいです。ファン必見。

※6/1追記:公式サイトの直販もありました。あと、ビジュアルっぽい歌は正確にはスタッフロール曲(OPステージの別バージョン)が原曲でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホールインワン詐欺

昨日の東京新聞に載ってたのですがWeb記事が見つからなかったのでこちら。
「ホールインワン装い保険金詐取、2人を逮捕」(読売)

前にホールインワンするとどんな恐ろしい事態が発生するのかをネタにした事がありましたが(2003/11/21参照)、つまるところ「手でボールをカップに入れた」ところではなく、「ホールインワンの祝賀会をしないのに保険金を受け取った」ところが詐欺という訳ですか。

拙者的には「ホールインワン出して、証明書ももらっておいて、祝賀会をしない」というのをこっそり実行できるとは思えないんですが…ってああ、それでインストラクターが共犯なのか。納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパン三世 念力珍作戦

無事ゲットー。

dempa040528_lupin.jpg
なんか首の角度がやばいです。ていうか背景のうずまきとの一体感が絶妙。伊藤潤二。

今横で流しててまだ前半ですが、ルパン(目黒祐樹)はじめ主要キャラがアニメ版に似せた喋り方をしててしかもけっこういいセンいってるのは感心しました。
邦衛もたまに小林清志が降りてきてんじゃないかと錯覚することが。まあ昨日の記事の話し方もかなりの割合で正解でしたが。

内容的にも、もう昭和の街並み、昭和のテレビ、昭和のパトカー、嬉しくないパンチラ、ヘタレたアクション、ゆるいギャグと見所満載ですよ。チェキ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

転生學園幻蒼録(1)

1話だけやってみたので雑感です。

ゲーム的にはサクラ大戦と同じ「ADVパート+SLGパート」の構成。

ADVパートは絵師タッチのついた立ち絵がぬるっと動くのにびっくり。普通のゲームと同じく基本の立ち絵が複数あってその切り替えを数コマのアニメで繋いでるだけなんですが、これだけでも結構手間かかってそうです。
テキストは既読&スキップ付きですがスキップのとばし方がかなり雑かと。テキスト表示のスピードが少し遅めで固定されてるので、普通に読んでもスキップしても微妙にストレスがたまります。
ボイスは初登場台詞や笑う時などのピンポイントで少し喋るだけ。フルボイスの所はフルボイスの所で遅めの台詞表示に合わせてるせいかやや間延びした印象。PCエンジンっぽい?

SLGパートは良くも悪くもサクラ大戦で、適当に叩いててもなんとなく勝てる感じ。必殺技はムービーですが技名テロップ+キャラの止め絵程度。ただ、先の面は戦略が必要になるかもしれないしムービーも合体技などが出てくると派手になるのかも。

とりあえず今の所は本体7点+キャラ絵萌えで1点な感じです。これから話が面白くなるのに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食ベル前ニ、飲ム!

先日アイザックどのの記事で知ったのですが。

今日(5/28)は<田中邦衛as次元大介>などの珍妙なキャスティングで有名な「ルパン三世・念力珍作戦」のDVD発売日だそうですよ。(←リンク先:シネマキネビュラ様)

拙者まだ未見なのですが、るぅっぱんっ、るぅうっぱんってばよぉ、おめぇってば、ったら、ってば、るうっぱお前は誰だ(逆ギレ
とりあえず出勤時にゲトーしたい所存です。

やっぱりマグナム撃つ時のかけ声は「ショッ酎!」ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトラン&転生學園幻蒼録

ゲットしてきましたよー。
dempa040527_games.jpg

『アウトラン』(PS2)
完全に地雷覚悟のネタで買ったらけっこう面白くてびっくり。
60FPSのポリゴンでアウトランと同じ動きをするだけでかなりスリルあるんですよ。プレイ感は昔のままで急カーブもなんなく曲がれるとわかってるんですけど、崖とか最終面のデュアルウェイとかメチャメチャ怖いです。
音楽はアレンジとオリジナルの2本立てで、アレンジはアウトラン2版と同じく力の抜けた演奏でいいんじゃないでしょか。
とりあえずタイム最大のイージー&オートマでダラダラ走るのが正しい楽しみ方かと思います。


『転生學園幻蒼録』(PS2)
このシリーズ全然やってなかったのですが、今回の絵師(岩崎美奈子氏)のファンゆえにとうとう手を出してしまいました。
タイトル画面のあまりに男ぶりな曲で笑ってしまったものの、スタートしてさらに男ぶりなオープニングムービー曲とか聴いてたらだんだん燃えてきましたよ。むう、これの音楽かなりいいかも…過去作のCD出てないか後でチェキしてみます。

で、スタート。
dempa040527_majin.jpg
ごきげんよう、お兄様お姉様。

やばい、やばすぎ。ツボキャラばかり次々出てきます。ああでもFateがまだ1シナリオ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「THE BIG ISSUE」日本語版

完璧にスレ違いですがスクール・オブ・ロックで思い出したので。

こんな雑誌がありまして。
dempa040526_bigissue.jpg
人の多い駅(秋葉原もたまに)でおっちゃんが立ち売りしてるストリート誌(200円)、公式サイトはこちら。

雑誌の背景はホームレス支援ですが、英国発だけあって毎回海外アーティストのインタビューがあってなかなか面白いです。最新号↑では「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラックも見開きで載ってますよ。
啓蒙記事の部分も読んでて嫌味は感じないですし、気が向いたら買ってみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R.O.D -the TV- #8

ゲット完了。家出た直後に、これから最終巻までゲマ屋で買わないと特典もらえないのを思い出しました。あぶない所だった…。

先日の上映会で一度見てるので最初からコメンタリーモードにして再生開始。いきなりフジの打ち切りネタで笑わせてもらいました。これからがっつり観賞いたします。

RODといえば月咬どののTOP絵が妄想中学4人娘のスクール・オブ・ロックになってますよ。ラブラブ。惚れたぜ乾杯(←マイブーム中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GANTZ7話+ラグナ8話

続けて観たのでまとめていきますよー。

『GANTZ』
毎週ちょっとずつ良くなってる気が。
田中星人ミッションキター!…って「鈴木星人」になってますよΣ(゜□゜;)
確かにヤバいキャラではあるものの、どっちみち姿でバレバレだと思うんですが。
(Googleイメージ検索。こちらが田中星人、こちらが田中星児
先週ララ・クロフト出てきたので3ミッション目までやるのは間違いなさそうですが、その割に相変わらずまったり展開なのが不思議…。とりあえず今週はガンツ部屋の物陰に走りこむ貞子に萌えました。

『ラグナ』
ハンターさんのバカ過去話にして放映開始以来の最高傑作でした。
「惚れたぜ乾杯!(山賊の声で)」
ネタの種類とか進行は、例えるならギャグが正常に機能してるスピンちゃんみたいな感じ。バカ山賊とニセ関西弁ハンターのかけあいがかなり面白かったですよ。ついに報われた…(;´д⊂)

で、予告では来週はタキウスさんのシリアス話らしいです。
すんません、今週のこの盛り上がりのまま打ち切っていだだけないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

修行タイム

先日のシャンファの塗りの続き。
「面を塗ってはじめてバランスのおかしい箇所に気付く」→「部分的に色を落として修正かける」の繰り返しでかなり効率悪いです。下絵の時点で気付かないのは明らかに力不足。
dempa040526_xianghua.jpg
むう、まだ身体の流れとかバランスとか不安定ですねぇ。このへん何か勉強になるものがあればチェキしたいとこなのですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

携帯つらつら

帰りの電車でカキコしてみる。

今月からFOMA携帯のコースを3900円+パケ3000円に変更してまして。昨日でパケ代が締めになったので使用料をチェキしてみたら無料分が1000円近く余ってました。おお、パケ割入れる前は油断すると1万超えてしまってたのに。これならまだ定額も必要なさそうですねぇ。
先月までは基本的にPDA+AirH"でブラウジングしてましたが、携帯でもここみたいなblogページ(文字コードにデフォルトの「UTF-8」を使ってると多数のPDAで読めなくなる)は表示できるし読み込みも速いので、AirH"解約して必要ならもう1ランク上のパケ割にするほうがお得かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラディウスV&IIDX10th

公式ページでグラディウスVの1面の曲が試聴できるようになってますね。むう、これは…ゴアトランスに入るんでしょか? まさかメロディ全く無しでくるとは思いませんでした。ほとんど環境音と化してる「R-TYPE FINAL」に比べればまだノレますが、もうちょっと派手派手なやつ(3連符推奨)を聴きたかったというのが正直なとこで。

グラディウスといえば、出たばかりの「beatmania IIDX 10th style」アルバムに初代グラディウスの全曲メドレー(なぜかメロディがファミコン版準拠(笑))とA-JAXの3曲メドレー(こちらはかなり原音に近づけようとしてる感じ)が入ってました。

8thあたりからトランス度(サイバートランス度)が上がってきて、プレイあきらめた身としてはイマイチ面白く感じなくなってるのですが(音ゲーの曲って「プレイした時の面白さ」で印象が全然変わるので現役プレイヤーは意見違うかも)、たまにこういうのが入ってるのが面白いところで。特に7thのグラディウスIIは良かったです。
ざっと聴いた感じ10thはアルバム単品でも比較的好印象かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オメガトライブ

よく考えたら「ばたんきゅ」よりも「前のめりに死す」のほうが男らしい拙者にはぴったりだと思いました(真顔

会社の人に借りてた「OMEGA TRIBE」最新9巻まで読了。タイトルは聞いたことあるけど読んだのは始めてです。(スピリッツという事はけっこうメジャーな漫画なんですかね。)
無一文から始まって暴走族を傘下におさめ、次は防衛大学で暗躍と少しずつ話のスケールが上がっていくのがなかなか面白いのですが、そんな中ぶっちぎりで面白かったのが暴走族ヘッドの梶くん(↓)。ぱんつー。ぱんつー。
dempa040524_omega.jpg
脇役が主人公を喰っちゃうのは珍しくないですが、まさか横分け+カリアゲ+眼鏡にランニング一丁で登場したヤラレ役みたいなのがここまで強烈なレギュラーになるとは拙者びっくりですよ。

「お前ら、俺と同じ時代に生きていた事を誇れっ!
 そして俺を称賛えろ!伝説にしろ!祝祭日ごとに全人類でこう叫べ!

 梶秋一、万歳!

表紙を見てわかるようにかなりアクの強い劇画調なので万人にオススメはできませんが、美容院とか漫画喫茶で見かけたらぜひ梶君の勇姿を刻んでいただきたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばたんきゅ2

どうにも回復が遅いと思ってたら熱出てました。熱に気付いた時にはもう素塗りまでやってしまってたのでせっかくだからアップ。鳴り響け僕のエロス。
dempa040524_xianghua.jpg
先日キャリバーIIで対戦した時、コスチュームの凶悪さに感動した3Pシャンファ。拙者キャリバーIIは買うだけ買ってろくに遊んでなかったのですが、これ見て帰ったらあれよあれよという間に全キャラ出せちゃいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SCARFACE」&BTゲット

夕方起きたら二日酔いで体調最悪。宅配の荷物受け取って再び倒れこみました。
3度目のばたんきゅに入る前にAmazonでゲットした海外CDをざっと聴いて報告ですよ。
dempa040523_cd.jpg

「SCARFACE」
同名ギャング映画の歌アルバム。r-s-kどの情報で「Grand Theft Auto III」のお気に入り曲群がこのアルバムから使われてる事を知ったので注文しました。
…やばい、やばいです。超燃えまくり。GTAのカーラジオから聴こえる状態でもすでに気に入ってたのですが、全パートクリアな音質で聴く原曲はゲーム中の数倍かっこいいです。

●BT「ima」/「movement in still life」/「10 years in the life」/「R&R」
前にHMVで買った「ESCM」がだいぶ気に入ったものの他のアルバムが入荷する気配がいっこうにないのでAmazon注文。
とりあえずめぼしい所だけざっと聴いてみましたが、やっぱりこの人拙者的にメチャメチャツボだと確認しましたよ。
かっこいい曲は思い切り熱く、泣かせる曲はひたすら美しく。
最初に買うならベスト盤にあたる「10 years」が最適かと思われます。ゲームの「サイヴァリア2」の音が好きならまず間違いなくツボにはまるかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばたんきゅ

会社の徹夜飲みから帰還しました。記憶の駅順から察するに多分始発から山手線3周くらいしたと思われます(笑)
一旦ぶっ倒れて夕方に復活予定(Amazonの届け物が来るので)。飲み自体はいいんですけど、その後のこういう無駄タイムが困りものな感じですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes4.5

昨日日本語版が公開されたのを試してみました。(昨夜はVC++インストールで手一杯だった…_| ̄|○)

今回の主な変更点は「Apple Lossless」(独自の可逆圧縮フォーマット。WAVEと同音質でサイズ半分くらいになるらしい)が使えるようになったのとシャッフル再生という事ですが、シャッフル再生は「気が向いたら使うかも」程度だし、可逆圧縮も「この曲はMP3ではどうしても物足りない!」という場合に使うかなぁといったレベル(元がCCCDの場合はどう贅沢しようが大して音質上がりませんし)。

ただ、今回iPODのイジェクトボタンがついた事が地味にありがたかったです。
前バージョンでは、iTunesのプルダウンメニューで「iPODを取り出す」を選択した後さらにウインドウズ側で外部ストレージの切り離しをしてやっとiPODを抜くことができたんですが、今回はボタン1つで即取り外し可能に。iPOD使ってるならこれだけでもバージョンアップの価値は充分あると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZETMAN3巻

むぐぁあ!「サムライチャンプルー」見事に忘れてました。
これは「お前はラグナとGANTZだけ観とれ」いう神のお告げでしょうか。それだけはマジ勘弁して下さい。

で、本題。桂正和「ZETMAN」の3巻出てたのでゲット。桂正和は「電影少女」あたりから読まなくなってたのですが、先日これの1・2巻同時発売が目に止まってゲットしてました。2巻同時発売といえば今日発売の「スティール・ボール・ラン」や先日出た「グロコス」もそうでしたけど、これってなかなかうまい手だと思います。

  1) 展開が遅い話でもそこそこ面白くなるまで一気に読める。
  2) 1冊ずつ出た場合と違い、2冊とも「本日発売」。
  3) 2冊合わせて買ってもお値段はそこそこ。

これなら表紙で衝動買いする確率も普通より高いんじゃないでしょか。ていうか拙者は衝動買いしました。

話戻って3巻。前半のジン(主役1)の話が「では全てを話そう…」で終わってしまった上に、後半のコウガ(主役2)の話は盛り上がるところまで進んでないので次巻以降に期待な感じですか。とりあえず話が動きそうな所で場面をぶっとばすのは浦沢直樹だけで勘弁してもらいたいとこです( ;´д`)
絵の描き込みは相変わらずシャレにならないので眼福的には充分元とれてますが。つか、本当に週刊連載なんでしょかこれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

GANTZ6話目

最近軒並み0時帰宅の上、今日は『Visual C++.net』のインストール始めたら長い長い。待ち時間の落書きは楽しくなるとディスク交換忘れそうなので、とりあえずGANTZのビデオ消化しました。(GANTZは楽しくないのか)

先週今週とミッション前の日常話ですが、また無意味な追加シーン(ヤンキーが工事現場でダラダラたむろするシーン、おばあちゃんが切符売場の行列でボケまくるシーンなど)で引き延ばしにかかってますよ。
仏像戦(3ミッション目)までやるという噂が本当ならもう鳥戦終わってるくらいじゃないと間に合わないはずなんだけど…と思ったら、原作では3ミッション目に出てくるはずのキャラが早くも登場。まさか2&3ミッション目をごっちゃにして一気に片付ける気なんでしょかΣ(゜□゜;)

ときに今週アンジョリーナ・ジョリー(仮称)が出てましたが、よくよく考えたらGANTZのこの人って日本人なんですよねぇ。
原作では素性が全く不明なせいもあって、てっきりアンジョリーナと同じアメリカ人だと思い込んでましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグナ7話目

シリアス話。
モモーイ人間不信の秘密が明かされるのですが、幼少モモーイがチンピラ数人に暗闇に連れ込まれたあげく服ボロボロになって出てきましたよΣ(゜□゜;) これは一体どこのベルセルクですか。
今回はモモーイの顔は怖いわ金髪兄貴は怪しいわタキウスさんはまた一人で場を荒らすわとにかく全編きつかったです。来週も楽しみにしてます(マテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kingdom Under Fire

マグナカルタで突如思い出したのですが、だいぶ前に画面見てびっくりした韓国ゲーがありまして。

「Kingdom Under Fire : THE CRUSADERS」(XBOX)

そういえば全然音沙汰ないなぁ、ポシャッたのかなぁと検索してみたら、先月末に「年内発売」とアナウンスされてたらしいじゃないですか。GW休みでニュース見落としてたかも。

さすがに初出から2年も経った今となっては静止画面のインパクトは薄れてしまってるものの公式(↑)で落とせるムービーはかなり燃え燃え。乱戦超最高。出自がRTSゲームなので見た目ほど爽快感のあるゲームにはならないかもしれませんが、発売が待ち遠しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロカワイイゲーム奉り05/17

エロス(あいさつ)。

『マグナカルタ』(PS2)
最新のファミ通でやっとヒョンテ神の絵が公開されて拙者キャッホー状態。しかも公式HPができてたようで。
主役はPC版から続投ですが、ヒロインが記憶喪失で精神年齢ローティーンの25歳という、狼の巣に生肉を放り込むような設定ですよ。ていうかPC版のヒロインの人はどこに!?(゚Д゚;≡;゚Д゚)
PS2版公式
PC版公式
2ちゃんスレ(ゲーム系板はここ数日人多杉状態)
マグナカルタのリースたんはとてもエロカワイイ
MAGNA CARTA ~マグナカルタ~ Part1


『ドイツ発の恋愛ゲーム「Singles」,EIDOSから全米へ』(4Gamer.net)
リアルなポリゴンキャラを2人選択して同棲生活を送るゲーム。エロス行為アリの上、同性も選択可能Σ(゜□゜;) 1,2年したら国内エロゲでフォロワーが出そうな予感。


『男性の理想的生活シム「Playboy:The Mansion」』(4Gamer.net)
実在のモテモテ大富豪「ヒュー・ヘフナー」さんになれるゲーム。なにげに映画の「マルコヴィッチの穴」思い出しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あまえんぼう兄太

「なぜだ!なぜ2巻には由乃がいない!」と血走った眼でチャプターサーチを繰り返す修羅が一鬼。
それは置いて、昨夜「三姉妹ぃ~会議ぃ~」で拙者がアニタを描くことが可決されたので履行ですよ。
dempa040517_anita.jpg
紙加護のCGでは相当ひどい扱い方をしたので(笑)今回はまっとうな方向に。

※5/18腕の長さとソックスの形を修正。超好きなコミック版のバランスを参考にしたんですが、中途半端に取り入れても拙者のアニメ絵には合わないと痛感しました_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GTA : Vice City CD-BOX

月頭に注文した「Grand Theft Auto : Vice City」のCD-BOXが到着しました。
dempa040516_gta.jpg
今週国内PS2で発売される「Vice City」を買えばこの7枚のうち1枚がついてくるのですが、拙者「III」をまだクリアできてないので(やっと2つ目の島に行き来できるようになったとこ)ゲームの購入は当分先の予定です。

ざっと聴いた感じではエレポップス中心のディスク4「FLASH」とソウル中心のディスク6「FEVER105」が特にお気に入り。すべて実際の80年代アーティストなので、特に気に入った曲が見つかったらアルバムも買ってみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

R.O.D最後まで

土曜は緑都どのとKOUどのの所にお邪魔して「R.O.D the TV」のフジ未放映分を見せていただきました。確かに最後の勝ち方がイマイチ盛り上がらない気はしましたがバッチリ面白いじゃないですか。これならDVD最後まで揃えても悔いなしですよ。

面白いといえば終盤の作画がすごく面白かったです(笑) 特にドレイクさんがカットによってサンシャインになったり不死のゾットになったりと忙しい忙しい。DVDで直ってしまうのが惜しい気すらします。


dempa040517_rod.jpg
ナンシーさん、ニゲテー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アラーキ

会社の人にこんなんお借りしました。
dempa040515_araki.jpg
名台詞「ザリガニ食ってパワーアップ!」で有名な荒木飛呂彦先生の短編集「ゴージャス・アイリン」「変人偏屈列伝」(こちらは鬼窪浩久先生との共作)の2冊です。
拙者、幼少の頃より荒木先生大好きで「魔少年ビーティー」から「死刑執行中脱獄進行中」まではきっちり揃えていたのですが、「変人偏屈」は発売を見落としてて、「アイリン」は見かけたもののジャンプコミックスで持ってるのでスルーしてました。
ところが話聞いたら、今回の「アイリン」って原稿紛失で単行本未収録だった作品をジャンプ本誌からスキャンして載せてるらしいじゃないですか。もう一も二もなく飛びつきましたよ。

で、今読んでるとこですが、やっぱり荒木氏って計算された短編こそが本分だとひしひし感じます。正直最近の長編連載(JOJO4部以降)は読んでるうちにかなりダレてくるのですが、短編は新旧問わず必ず楽しめるんですよねぇ。
とりあえずこの2冊はまだ売ってたら自分で買おうと思います。いい本だ…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ポリゴン番長(3)

ここ一週間ばかり、二次職目指して夜中にポチポチとDirectXいじったりそのうち『恋風』が始まってあまりの生っぽさに頭抱えたり(でも一応横目で見とく(笑))してる訳ですが。
参考になりそうなソースを探してたらこんなページが見つかりまして。(多分有名サイトですが、拙者ウインドウズ用のプログラムはやってなかったのでノーチェックでした。)

おお、なんかこちらの基本プログラムを見たら、これから拙者が自分で作る予定だった下回りが一通り揃ってしまってますよ。凝った事しない2Dゲームならここのパーツで充分対応できるんじゃないでしょか。
まる写しでは勉強にならないので、しばらくソースを見たり触ったりして理解したい所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カプコンファイティングジャム

イングリッド復活キター!サミーvsカプコンで復活かと思ってたらまさか新規タイトルが発表されるとは驚きですよ。
dempa040514_ingrid.jpg
正直イングリッド以外存在価値が全く不明なタイトルなのですが(公開キャラのほとんどが過去作品で嫌になる程登場した奴ばかりだし)、今後のキャラ追加に期待したいとこです。

あ、そうそう拙者的には2Dになったついでにバベル言葉も直して欲しい感じですよ。「天上天下」の伸縮する女もですけど「~なのじゃ」ってのはイマイチほとばしる心に水を差されるというか。デビロットは許す。
動画のあるニュースサイト(海外)
【逆転】イングリッドたんを語るスレ2【復活】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボダソサントラ2

『BORDER DOWN Sound Tracks vol.2』届きました。

DC版リミックスモードの曲、リミックスの後半面セレクト曲とED曲の別テイク、「BORDER LINE」ロングバージョン、「SNOW FOX」オリジナルバージョン(前のサントラではアーケードの音にホーンソロが追加されてた)の全14曲。

リミックスモードの曲はアーケードモードよりさらに独自路線で、アーケード曲に慣れた拙者でもこれがゲームに合ってるかというと首を傾げて3回転ぐらいしそうな感じ。Yack.氏かゲーム本編のファン以外には正直オススメできません。

ライナーはサービス満点で、キャライラストや最終面までのストーリー解説、前のサントラ含めた曲解説まで完全収録。特に表紙めくった所の見開きは感涙。このゲームって印象が地味な割に話の流れはメチャメチャかっこいいんですよねぇ。
X箱あたりで演出強化バージョンを出してくれると嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄人録画失敗

やっちまいました(;´д⊂)
これで拙者の今季アニメはよりにもよって「ラグナ」「GANTZ」の2本に絞られました。
あ、でもショックで今日は絢爛舞踏の録画思い出したΣ(゜□゜;)

今後のためにもHDDレコーダーとか欲しいとこですが、周囲が容量やら編集やらでてんてこ舞いしてるのを見るとできれば『RD-X4』+拡張キットくらいの性能でかつ値段がこなれるのを…って何年先の話ですか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Understand, The Concept of Love

アーケードのスケボーゲーム「Ollie King」サントラゲットしました。ていうか発売日の朝一にでかいCD屋行って現品1枚限りって何だΣ(゜□゜;) まあ、拙者も前にJSRFのサントラ聴いてなかったら絶対スルーしてたのであまり入荷しないのもわかりますが。

ざっと聴いた感じアルバム全体のインパクトはJSRFに及ばないものの燃えまくりです。ゲームでゲームっぽくない音楽が流れると拙者の場合「うーん、普通のミュージシャンみたいだねぇ」という反応と「おおー!普通のミュージシャンみたいだ!」という反応に分かれるのですが、この長沼氏の音は圧倒的に後者。
今なら「ラジオDC」サイトで数曲試聴できるので興味がある方はぜひに。

拙者的に今回一番のアタリ曲はラジオの13分付近から流れる「Let It Go」なのですが、これで使われてるラップの音ネタがもう過去に幾度も耳にしながら出所がわからないヤツでして(I'veの「季節の雫」とか、スクウェア「アインハンダー」のボス戦で使われてるフレーズ)聴いててメチャメチャもどかしいです。ああ畜生。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ラグナ6話目

アサシン兄貴の相変わらず微妙な顔からスタート。

今週は偶数回、エロストークの日です。ユーファがよそ見してると勘違いしそうな台詞を連発しまくりで画面から目が離せません。
そして金髪騎士キター!!しかも子安!!帰れ!!
いや、子安は好きですがここまであちこち顔出されるとつい(;´д⊂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pre-CLANNAD

激しく目のやり場に困る本が拙者の眼前に。キャー。
dempa040512_crannad.jpg
ゲーム発売前に出てたらしいムックなのですが、例のえらく気に入った主題歌のショートバージョンとオリジナルアレンジ(こちらもショートバージョン)がmp3でついてくると知ってコソーリゲットしてきました。
現在凄い勢いでリピート再生中、リピートしすぎてほとんどミニマルテクノと言っても過言ではありません。(←過言。)

DEARNAさんから『主題歌フルバージョンが初回CDに入ってる』とコメントいただいたのでそちらもゲットしたい所存ですが、何気にゲーム自体の評判を調べたら「既読スキップ使ってクリアまで50時間」とかいう情報が…(((゜□゜;)))
いや、プレイ無理。絶対無理。

#「Remember11」は60時間近くやりましたがあれは別腹。クリアまでなら20時間ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20K記念絵

今日は手が進まない日でかなり苦しいですがなんとかそれっぽくアップ。GANTZリアルタイムで見れてしまいましたよ。
dempa040511_rinn.jpg
まだ最終シナリオが残ってる「Fate」の凛でございます。
このゲーム、戦闘のジャンプ的盛り上がりっぷりが素晴らしいですね。エロいところも士郎くんの益荒男(ますらお)ぶりが素晴らしいです。つか貴様、頭が真っ白になりそうだとか絶対嘘だろ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サイレンマニアックス

ちょっと帰宅遅くなってしまいましたがまずはこちらから。

2003年度拙者ご贔屓ゲー『SIREN』解析本が出てました故に速攻ゲットしました。

『羽生蛇村異聞』(公式サイトで連載されてた外伝小説)全話+書き下ろし1話が収録されていて、この書き下ろし分の記述とスタッフQ&Aで、サイレンスレ(こちらがまとめサイト)でも意見が分かれてた牧野の結末がほぼ明かされてました。Q&Aにはネットで解明されてたネタも多いですけど、説にスタッフのお墨付きが得られたという事で意義は充分あるかと。
ちょっと残念だったのは、ファミ通に掲載された「屍人台詞集」が入ってなかった事。あれって攻略本出てからの記事だったのでどの本にも入ってないんですよねぇ(;´д`)

なぜか巻末には伊藤潤二描き下ろしホラー漫画が24ページ(笑) 屍人がヘドロ状態で絵的には怖くないですが、サイレン音の描写はさすがだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2萬当多謝

CG集参加のおかげだと思うのですが昨夜で20000hit行ってたようです。
ありがとうございます(;´д⊂)
帰宅して時間があればまた記念落書きなどアップしたく思います。ああでも戦利品も吟味したい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かみかご(2)

帰ってきましたー。
本日の拙者の赤裸々なメモリーがここに。

1) 開場してかみかご&眼鏡を一通り巡回
2) ワダツミさんの所の列が落ち着いたのを見て挨拶(今サイト見たら、挨拶した時隣にいた方がエルフたん漫画の海里さんだったらしくΣ(゜□゜;)しまったー)
3) 一旦出て昨日壊れたiPODリモコンを秋葉原でゲット
4) 会場に戻り、遅れ到着の月咬氏と合流
5) 期せずして眼鏡側に来てた吉田屋氏&アカバット氏に遭遇。
6) しかもスタッフにも遠い後輩がいる事が判明(笑)
7) 気を取り直してコスプレコンテスト、紙技大会、じゃんけん大会、アフターイベントと楽しむ。紙技大会では吉田屋氏が優勝手前まで行ってびっくり。
8) イベント終了後、月咬氏&吉田屋氏とマッタリ打ち上げして解散。実家寄って帰宅。

そして戦利品。ハッピー牛乳は喫茶みやげです。
dempa040509_kamikago.jpg
むう、拙者夏冬レヴォはたいてい昼からゆるゆる覗いて3,4冊ゲトーで終わりなのですが、これがジャンル力(ジャンルちからと読む)という奴でしょか。ともあれ参加の皆様お疲れさまでしたノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かみかご

繰り出せ浜松町。俺たちハマっ子。家(イエー)、塀(ヘーイ)、家紋(カモーン)。
という訳でかみかご会場に来てますよ。
200405091136000.jpg
ジャンル限定イベントに来るのは数年ぶりですが、夏冬みたいな殺気もなく(笑)いい雰囲気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビ分裂

かみかご開催記念という感じで『ROD the TV』から、なぜか灯子単品。ていうか千穂を描く時間がとれませんでした。
dempa040508_tohko.jpg
DVD3巻ジャケ裏の写真群と記憶を頼りに描いたので十中八九制服の形ミスってますがご勘弁を。
写真見比べて初めて気が付いたんですが、6話から8話で夏服から冬服に変わってたんですねぇ。細かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webスピカ(2)

PCに不具合が出ても迷惑かからない状況になったので、先日保留してたGENZOをインストールして『Webスピカ』見てみました。
動作は全然問題ないし常駐も切れますが、Webから逐次ページをダウンロードしてくるためにセキュリティを開けるのが少し不安な気はします。スパイウェアとか入ってないだろうなぁ。
dempa040508_genzo.jpg
画面はこんな感じ。全画面アプリじゃないし操作権を奪うこともないので適当なキャプチャーソフトを使えば保存して後でゆっくり読むことも一応できます。

やっぱり気になるのは視認性ですね。ズームアウト時(↑)は字は読めるものの絵の細部がイマイチ(ディスプレイサイズ&解像度の問題というよりは縮小でぼけてる)、ズームインなら画質は文句ないもののページが全部見渡せないという。特に船戸明里みたいな絵が細かい作家の漫画だと紙媒体との差が厳しい感じが。

ただ、元々『スピカ』自体さんざん探して結局一度もお目にかかれなかった雑誌なので(笑)、こうして読めるだけでも(しかも無料)ありがたいのは確かですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリゴン番長(2)

未解決のまま放置はみっともないので夜中にリターンマッチ。
ネット上の先達のソースと比較して、面のプライオリティがおかしい件は解決しました。
(デバイス初期化関数にZバッファの設定を渡してなかった)
dempa040507_poly.jpg
カクカク生ポリゴンやワイヤーフレームってロマンですねぇ。↑はテストで色つけてしまいましたが生ポリは無彩色が一番ハアハアだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙のご加護

あ、告知出てるーという訳で同人参加情報です。
月末にあがった絵(+もう一枚)は、こちらのイベント用でした。

kamikago-yomikobnr.gif
5・9都立産業貿易センター浜松町館2Fで開催、「とらのあな」などでパンフ発売中です。

拙者大好き『ROD』のイベントなのですが、このページを知られるとまずい人にはちあわせるかもしれんという事で、毎度お世話になってる『放蕩オペラハウス』様のCG集への参加となりました。ていうか告知のジャケットすごすぎ…(((゜□゜;)))

ちなみにパンフは購入済み(笑)
dempa040506_gokago.jpg
当日仕事なければコソーリ潜入して安全確認したい所です。(次回あれば自力参加もしたいですし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンホー頑張ってます?

アサシン兄貴のせいですっかり書くの忘れてましたが、今週のラグナ一番の見所はバフォ様から一人で逃げようとするモモーイをガチで押さえつけるユーファでしたよ。GANTZ級に生々しい人間関係の明日はどっちだ。

で、本題1。
『ガンホー、個人情報保護の「TRUST e」認定を取得』(SBG)
おおー、ISOみたいなもんですかねぇそりゃ凄いと思い「TRUST e」のサイトなど見てみたら、「参加方法(事業者向け)」のしょっぱなで

『TRUSTeライセンシーになることは、難しいことではありません。』

簡単なんですかΣ(゜□゜;)

ざっくり趣旨を見た感じではこの認定って「個人情報の扱いに不備があり、かつユーザーのクレームに誠意ある対応をしない事」を取り締まるものであって、「個人情報が漏れなくて安心ですよ」というものではないみたいで。
まあ、企業姿勢の表明として見れば評価できると思います。ていうか今後も個人情報漏れまくりの予感なので(笑)意外と役に立つかもしれません。

次、連休前に見落としてたニュース。
『ガンホー,「A3」でちょっと妖しいオフラインイベントを開催』(forGamer.net)
なんか「A3」のクローズドβに参加してる人だけが参加する仮面パーティーだとか。
みんな揃ってパピ!ヨン!ですよ。ああ、参加者のレポート聞きたいなぁ。

>>・「A3 THE MASK CLUB」で見たことを口外してはならない

_| ̄|○<ソンナコトイワズニ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石丸SOFT1

東京限定ですが、石丸電気SOFT1(秋葉原の真中へんにある3階建ての店)の品揃えに変化が。

先日までコンピ盤以外ほぼ完全撤去されてたテクノ・ダンス・ヒップホップのコーナーに各アーティストのアルバムが並ぶようになって、ゲーム音楽も廃盤だったはずのものがぽつぽつ挿入されてました。どこかの倉庫でも掘り返したのかも。
とりあえず「ブレイジングスター」「スプライツ」は拙者がいただきましたが、まだ「エクスチェンジャー」「餓狼スペシャル」「超兄貴」(初代)などなど残ってたのでその筋の方は一度覗いてみては。
#しかしまさか超兄貴が再入荷するとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグナ5話目

今週は「GANTZ」とセットでビデオ視聴中。
奇数という事で今回エロ小話は無しですか。犬にでも食わせろ

…と思ったら冒頭でちょっと挑発トークが。ああ今週も楽しいなぁ。

しかしアサシン兄貴、マスク取るとメチャメチャ微妙な顔だった罠。
このアニメって全般に昔っぽい香りが漂うので作画の乱れも拙者的には「味」でスルーできるのですが、この兄貴の顔はちょっと面白すぎ。おまけに寡黙な性格がすでに笑いの域に達してるところが素晴らしいですよ。

ユーファの「兄さんは生きているの!?」で一同がアサシン兄貴の告白を固唾を飲んで見守る中、

…(10秒経過)

……(20秒経過)

………(35秒経過)

来週につづく。

あんた、漢すぎ…_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリゴン番長

雨が降ってたので縦シュー目指してウインドウズのプログラムに挑戦。
dempa040505_poly.jpg
なんか角度によってZソートが変。適当な3Dモデルがなかったので『メタセコイア』の無料版落としてきてモデルをでっちあげたのですが、おかげでアプリ側が悪いのかモデルの保存設定が悪いのかさっぱりですよ。今日はギブアップしてオトナの時間だ(マテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fate2周終了

今日はこどもの日、そして今はオトナの時間
という事で突発的に『Fate』2周目を終わらせました。

勝利までの過程が1周目から大幅に変わってるのにびっくり。各サーヴァントにパラメータやスキルが設定してあるせいもあって、なんかシミュレーションゲームの同マップリプレイを2パターン見たような気分ですよ。面白い。

1周目でわからなかった秘密が明かされて盛り上がりも1周目以上だったし、この分だと(一番何もなさそうな)3周目も期待していいんでしょうかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Remember11 (13)

いつの間にか『設定解説ファンブック』が出てました。
わりと詳細なタイムテーブルが掲載されてるのは嬉しいものの、本編で残った謎については新情報ナシという事で購入は見送り。エンターブレインからもう一冊本が出る予定なのでそちらに期待したいと思います。

で、謎に関しては進展なしなのですが、エンディング時点で死亡確率99%だった某キャラがはっきり『死亡』と記載されてまして。
本当なら存在自体がネタバレ(キャラ紹介にいない人)なので絵に描くのははばかられるのですが、無縁仏にするのもあまりにかわいそうなのでネタバレ追悼絵
R11プレイ予定の方は見ないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『GTA3:Vice City』CD注文

最近PS2の「GTAIII」をちまちま進めてます。なかなかまったり殺伐して楽しいです。

このゲームで車に載ると様々なジャンルのカーラジオが聴けるのですが、聴いてるうちにいたく気に入って昔の実在のヒット曲なのかと検索してみたものの全く不明。昔風に作ったオリジナル曲なんでしょうかねぇ。もし原曲をご存知の方がいたら(特に80年代ポップス系の曲)教えて下さいm(__)m

で、IIIはそんな感じですが続編「Vice City」は実在の80年代曲を大量使用していて海外ではサントラも出てるようなのでチェキしてみました。
「Vice City, Vol 1: V-Rock」(ラジオ局ごとにvol.7まで。今月出るPS2版の特典CD(ランダムで1枚)と同一)
「VICE CITY BOX SET(US)」(上記アルバム1~7のコンプリートセット)
「GREATEST HITS」(ベスト盤)

「BOX SET(US)」で揃えるのが一番お買い得なもののバッチリ品切れなので、最終的にはこちらを注文。
「VICE CITY BOX SET(UK)」

業者?が直接取り寄せるようで少々不安がありますが結果は後日報告したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CLANNAD主題歌

午後に実家→散髪→靴屋とまわったついでに秋葉原に寄ってきました。
何か漫画でも出てるかねぇとメロンブックス入ったらお友達と一緒の月咬どのに遭遇。最悪の場所だ( ;´д`)

その後ゲーム屋入ったら激しく素敵ポップな歌が流れてて、どうやら『CLANNAD』の主題歌だったもよう。瞬間的に「この歌のCDついてくるなら絶対買い」と思ったのですが、「アレンジ音楽CD」という記述がひっかかり今日は保留。帰って調べたらやっぱり歌は入ってないようですね。むむむ、CDの発売が待ちきれませぬ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ボク、ニンギョウジャナイヨ!(((;゜д゜)))

実家でお茶飲んできたついでに某院の証拠写真を撮ってきました。
dempa040502_pino.jpg
なんか診察室入ったらおじいさんが優しい笑顔で「人間って、すぐ壊れちゃうんだ…」とか言いそうでメチャメチャ怖いです。

まあ変に裏読みしなければメルヘンチックかつ腕の立ちそうなネーミングではあるので今度やっちゃったら試しにお世話になるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CASSHERN

たった一つの命をすてて
生まれ変わった不死身の体
義理に厚くて涙にゃ弱い
わたしゃも少し背が欲しい

そんなキャシャーンを観てきました。(どこで

で、感想。

_| ̄|○<な、長ぇ…
今回は0.55円盤皇女くらい。

とりあえずストーリーは面白かったです。全体の流れはブツ切りなのですが、終盤のタネ明かしやラストなど印象的な変化だけピンポイントでつなぐとかなりいけてる話だったんじゃないかと。

不満は全体的に演出面で、画面に映ってる物が何か理解する前に次々カットが切り替わったり、重要そうな台詞の上でBGMが主張しまくってたりと、『監督がその場で注目させたい物』と『こちらが見たい物』が常にずれてる感じを受けました。そのへんのノイズに気を散らされて実は前述のストーリーも細かいとこは把握できてません。
#うちの弟なんかは逆にベタ褒めしてたので、生理的なリズムの合う合わないで評価が大きく分かれるようです。

反面、戦闘シーンはかなり燃えました。予告のアクションだけでも相当でしたが、それに加え「さらに凄いけどバカすぎて予告では使えなかった」とおぼしきシーンがボンボン出てきます。深夜番組にバカ高校生が投稿した実写版ドラゴンボールみたいな感じで、多分家で初めて見せられたら間違いなく大笑いしてましたよ。ジェット噴射最高ー。

今回は初めて観たのでストーリーとか台詞に気がいってしまいましたが、次に観る時はそのへん一切気にせずダラーッと音楽と映像を楽しむと思いますし、多分それがこの映画を一番面白く見る方法だと思います。
とりあえず観て損はしなかったですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »