« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

メタスラ絵

●リサイクルですがスーパービーグル置いときます。つ旦
dempa041130_mslug.jpg
まだどこかの何かを確認できてないので本文の続きは夜帰宅してからにしますが、あらかじめ断っておくと『1>X>3>2>>>5>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>4』です(笑)

●11/30確認完了。
あこがれのメスト『アルカディア』誌にメタスラ絵のあるサイトとして紹介していただきました。流行の隙間&跡地ばかり進んでてもいい事あるもんですねぇ(泣)

基本はオタ雑記ばかりなのであの紹介のされ方は色々と申し訳なくてガクブルですよ。本当プッシュありがとうございます(つД`)

ときに自分で言うのもアレですが紹介ページの拙者の絵、すごく変…(;´Д`)
トータルでは気に入ってるんですがトリミングされてモノクロになると腕の程がバレバレに。ああん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『隠の王』、幻蔵・スピカ

●暗い夜道、道と平行に黒い立て看板が。道に沿って歩いてるとかなり識別困難で見事にホットスポットの中心をヒットされました。
でもあまりに中心すぎて事無きを得たという奇跡体験。男の子は覚えておくと命拾いするかも。

●本屋の新刊コーナーで『隠(なばり)の王』というのが気になってゲット。なんか続けて書いたらタイトルがホットスポットつながりのような気がしてきましたがそれはタマタマですよ(オチ
dempa041129_nabari.jpg
ひどい枕話は置いといて漫画のほうはクールラブな絵柄にツインテール完備、合間のコントも面白い現代忍者モノでかなり気に入りました。普段ガンガン系はノーチェックですけどこれは単行本で追っかけようかと。

●ツインテール→リナリーたんで思い出しましたが今週の『D.Gray-man』、ミランダさんがえらい素敵に。次の登場に期待。
あといきなり懐かしの星逃田が目に飛び込んできて久々に『こち亀』読みました。いや、幼少の頃単行本(確か17巻あたり)でこいつの活躍見てメチャメチャ笑ったものですよ。

●11/29の『幻蔵』『スピカ』が配信されないなぁと思ったら、今月は自分でデータと新ビューワをまとめてダウンロードするようになってました。来月からもこの方式なんでしょかね。
dempa041129_genzo.jpg
画面はこんな感じ。旧バージョンのビューワは見開きの等倍表示ができなくてかなりストレスたまったのですが、そのへんバッチリ改良されててページもドラッグでめくれるので凄く読みやすいです。
スズキユカ先生の連載(↑)も始まったのでチェキよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱&さらにひぐらし

●『I'll』の全巻(+ファンブック)収納ボックス届きました。イエー。
dempa041128_illbox.jpg
きれいに入ったのは嬉しいけど、箱の厚みのせいで今度は本棚に入らない罠(;´Д`)

●『ひぐらしのなく頃に』、綿流し編(シナリオ2)読了。
シナリオ1ではまだ「絵柄とシナリオの化学反応でたまたま生まれたヒット」という印象が残ってたんですが、シナリオ2の展開や背景設定の面白さにはかなりやられました。確かにここまで読んだら次に期待せずにいられなくなるのも道理かと。

●『ひぐらし』やりながらノートの WindowsXP を SP2 にアップデートしました。もう戻れない太陽の牙ダグラム。
SP2 にしたらあれが動かなくなったとかこれが止まるとかいった話をよく聞きますけど、拙者のノートは今の所不具合なしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑記11/27(ひぐらし、ちびくろ)

●実家から帰還、ガンダムは途中から視聴。
相変わらずアスランが主役というかシンが負けてるっすね(つД`) コロニー落としの時はただの驚き役でほとんど松尾・田沢状態でしたし。もしかしてわざと脇役キャラを狙ってるのかなぁ。

『ひぐらしのなく頃に』
綿流し編(シナリオ2)開始、街角のファミレスでときめきメモリアル。
前プレイが後半ちゃんと面白くなったしキャラの性格にもだいぶ馴染みが出てきたので日常のアレコレも前回より格段に楽しく読めてます。

●実家の新聞広告で『チビクロさんぽ』という絵本が目に止まりました。絶版になったサンボとは違う話なのかと思えばちゃんと「トラがバターに」とか書いてあるので検索してみたら、名前を微妙に変えたバージョンが5年以上前から出版されてたんですね。しかもこの本をめぐって学会でけっこうなバトルがあったもよう。全然知らんかった…(;´Д`)

そのやりとりは途中で嫌になってきて読むのやめちゃいましたが、後にちゃんとした原著も出版されたみたいで。グッジョブ、次はカルピスを頼む。
#実は話の細部は全然覚えてないのでまた読んでみたい気も>原著。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記11/26

●今日は実家に泊まります。いそぎの用事は右の掲示板へm(__)m

●スペリオールで短期連載だった『こころ』が終了。元本読んでなくてけっこうドキドキしながら読んでたのですがあまりの唐突な幕切れにびっくりですよ。救われないなぁ(つд`)
なかなかクる話ではあったのでそのうち元本も読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドローネクストワン

●もういっぺんひきました。
dempa041126_gensiken.jpg

『虫姫さま』、昨日と今日で数回プレイできました。(オリジナルとマニアック両方とも4面。)
今のところ高速弾で弾数少ないオリジナルのほうが好きかも。弾は速いんですけど、自分の当たり判定が例によって極小な上に敵弾がけっこう手加減気味(弾の塊が自分を避けるように左右に別れるとか。ガルーダの1面セセリたんみたいな感じ。)なのでヘタレな拙者でもお手軽に「俺TUEEE」感が味わえるという。未見の最終面や稼ぎプレイの場合はともかく、ここまでの難易度は昔のPCエンジンのシューティングくらいじゃないでしょか。
武装はS+フォーメーションが好み。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まんが奉り11/24

風よ!

雲よ!

太陽よ!

心あらば教えてくれ!

dempa041125_gensiken.jpg
拙者…フられちゃった?(´・ω・`)

●ともあれ『げんしけん』#5、『ラブやん』#4、『無限の住人』#17、『文車館来訪記』、『NHKにようこそ!』#2、さらに電撃大王ゲット。あまりに一度に出すぎてコメントする気も起きません(笑)

DVD発売日記念で『マッパ!!!!!!!!』(全裸)というスタントもCGも早回しもワイヤーアクションも無いエロビデオを思いついたのですがどこかで商品化されてないでしょか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雑記11/23(ひぐらし&井荻版BJ)

むう、二日酔いで体調最悪ですよー。

『ひぐらしのなく頃に』
瀕死の寝床でおなかにノートPC立てて読み続け、鬼隠し編(シナリオ1)終了。いったん話が進み始めた後はかなり面白かったです。確かにこれは評判になるのも納得ですよ。

『ブラック・ジャックALIVE 幽霊をオペした男』
井荻寿一キタ━━(゚∀゚)━━━ッ!!
dempa041123_bj.jpg
キャラがほのぼのしててたまらんです。話もお得意の心霊ネタで大安定。

●チャンピオンREDのBJ以外の作品をきちんと読んだところ、『制服ぬいだら♪』という漫画がえらくファンシーで面白かったです。単行本探してみるつもり。
dempa041123_seifuku.jpg
BJが拙者的にイマイチだった吉富昭仁も連載漫画のほうは渋くて好みな感じです。
あとは車田正美が『風魔の小次郎』連載してると思ったら作画は別人らしくてびっくり。この似せっぷりはまさか島村春奈じゃないだろうなぁ。

参考リンク:島村さんちのこどもたち(画像が見つからないので復刊投票のコメント)

●例の件の予想してみました。

 [本命]
 ドラえもん:林原めぐみ
 のび太:保志総一朗(泣き声で
 しずか:大谷育江
 スネ夫:檜山修之
 ジャイアン:若本規夫  

 [対抗]
 ドラえもん:子安武人
 のび太:阪口大介
 しずか:水樹奈々
 スネ夫:中井和哉
 ジャイアン:野沢那智
 (ドラミ:桃井はる子
  のび太ママ:久川綾)

どうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとシボン

会社の徹夜飲みの後にうつらうつらしながら山手線5周ほどしたせいで風邪ひきました。こんなくだらんポカで休日潰すとは不覚(つД`) とりあえず午後寝て夜には復活予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fate終了→ひぐらし開始

●『Fate』全EDクリア。ラスボス戦はまさに燃えゲームの最後にふさわしいシチュエーョンで拙者大興奮。
全編通してみると長さがシャレになりませんでしたが(タイム見たら3シナリオ普通にクリアするだけで50時間かかってた(;´Д`))、テキストの質量といい2D演出の上手さといい確かに凄いゲームでした。

●で、次なるノルマの『ひぐらしのなく頃に』開始。
ヒロインが変質者というのはなかなかに意欲的なアプローチですね(マテ
現在夏祭りが終わったとこですが、ゲーム開始からずっと遊んでるばかりで拙者そろそろ我慢の限界を迎えそうです(つД`) 本筋に関係なければ人死にが出るまでスキップしたいけど…このへんも何かの伏線なんでしょか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まだまだ消化中

●『Fate』最終シナリオ、結局午後ずっとプレイ中してたんですが日付変わっても全然終わらない罠。前2シナリオもこんなに長かったっけ…?

※11/20夜進捗度:神父スーパースプリント2004。

話のほうは聖杯戦争の核心に迫ってて重要度高いものの、今のところ前2シナリオほどの超熱な展開は無し。
しかし桜がこんな凶悪なヒロインだったとは(つД`) あまりのあまりさ加減に桜株が急上昇ですよ。

とにかく今週は何が何でも『Fate』と『ひぐらし』終わらせると決めているので、裏も表ももうしばらくお留守にしますノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fate消化デイ

●起きたら12時過ぎてた罠。今週ずっと夜中の3時4時まで頑張ってたので一気に反動が。

んで、Fate進捗度(11/20昼時点):奴がマーボー豆腐食ってる。

今からまたプレイ再開。天気いいしゲーセンに「虫姫さま」が入荷してるはずなので外に出たいとこですが、そのへんは洗濯終わった時のプレイ状況&空模様次第で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんが奉り11/19

吉冨昭仁版『ブラック・ジャック』
BJ入れかわり立ちかわり企画、今度はチャンピオンREDで読み切りですよ。このまま追いかけると秋田書店の雑誌全部買わされそうな予感が。

んで今回は吉富昭仁。
『EAT-MAN』は見てなくて作品読んだのは多分『失われたタリスマン』(←リンク先:ソーサリアン情報室様)以来なんですがずいぶんシャープな絵になりましたねぇ。
dempa041119_bj.jpg
話のほうは架空の生物&病状?が出てくる短編で、メッセージ要素も萌えも絵柄のミスマッチの楽しさも薄くて正直今までのうちでは一番面白みのないアレンジでした。同時掲載されてた連載作品を見たところこの淡々とした雰囲気が作者の味のようですが今回の企画にはちょっと合わなかった感が。

綾永らん『R.O.D』#3
久々の新刊。だいぶ前にウルトラジャンプ読むのをやめてしまったので今回単行本で一気読みなのですが最高でした(*´Д`*) キャラはどんどん可愛くなるわ話は楽しいわ。『伊賀ずきん』と並ぶ拙者的癒しアイテムになりそうですよ。ほんわか。

尹仁完・粱慶一『新暗行御史』#9
『新暗行御史 アメンオサ、その真実と使命』
単行本最新刊と公式ガイドが同時発売。公式ガイドは単行本より先の話のネタバレしてるので注意を。
本編のほうは相変わらず先が読めなくて面白いです。
来月公開の映画は期待半分不安半分。
最近はつまらない映画でもトレイラーは大抵背中ぞくぞくモノなんですが(このへん編集技術の怖さかも)、これのはそういった感覚が全然来ないんですよねぇ。むむむ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鳥の詩

 消える自動人形 僕達は見送った

 『蝿跳びで逃げた…orz』

 いつだって小癪(こしゃく)で あの日から

 『叩かず、いつまでも叩かずにいられなかったの』と

 悔しくて罪を晒す

 あの堀はまた(←オチ


個人叩きイクナイのでここまでに(笑)

参考リンク
『鳥の詩』 (animelyrics.com)
最近荒れてる件のまとめ (Quadrilateral space)
堀氏はガンホーのプロデューサーみたいな人。

●そういえばTV版Airのお試しDVD出てたんでしたっけ。映画の出崎はえらく気になるのですがTVはどんなでしょか。

●電撃HOBBYゲット。やったぜーとヘイズルの箱を開けたら…今回の企画って1/220スケールだったんですか。このサイズはまともに塗れる自信が(つД`)

●今日は壊れた目覚まし買うために定時あがり。いつもより時間使えるので『Fate』がんばりますー。


※11/19進捗度:タイガーに締め落とされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガーと呼ぶな

●明日(っていうか今日)から藤岡MS付き電撃HOBBYが発売開始(だったはず)。仕事机のヘイズルに毎週お友達が増えていくのですよ。

●記念絵で2晩使ってしまった上にへろへろ巡回してたらもう1時半過ぎてますが、予定どおり『Fate』の最終シナリオにとりかかるとします。前2シナリオのクリア時間からいくと毎晩やって土曜には終われるはず。
最後を飾るにふさわしい地上地下100階のダンジョン(セーブなし)とか出てきたら別ですが。

※11/18進捗度:おじいちゃんに変質者扱いされた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜もジャガーナイト

●記念絵。時間が凄い事になってるのでいつものマスプロ塗りで逃げます(つД`) 後日ちゃんと塗りたいところ。
dempa041117_nadia00.jpg
謎の脈絡でメタスラ4のナディアです。4はゲーム的には嫌いだけどキャラは好き。
元絵では陽気タイプですがライフル持たせたらこんな笑いしかさせられなくなってしまった罠。
#広江礼威の気持ちがわかったような気が(笑)

●お絵描き中TVつけてたらギャルゲーアニメが次々流れ始めました。
検索したらこれこれ(2本セット)ですか。萌えアニメ3本・死のジェットストリームアタック。
下級生2は踏み台として(マテ、WWとφはお約束のストーリーに萌え萌えな安定作画で普通に見られそうです。とくにWWはお兄ちゃんっ子(お兄ちゃんと呼ばれたい社会人)にはマスト番組。

で、3本終わったらまたしても千葉県在住ジャガーの甘いささやきが。千葉テレビローカルな話で申し訳ないですが、このCMもしかして四六時中流してるんでしょか(;´Д`)

●pkaichiどのに携帯からmixi見られるというのを聞いて試してみました。パケ代は気になるけど通勤電車でコメントつけられるのは便利かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン、茶、宿直

●洗濯機を開けたら中に巨大な肉まんが。
よく見ると白いフリースが他の洗濯物を包み込んで丸まっていました。
食欲の秋。こん平です(違

●80000ヒットありがとうございます(つД`) 今日明日にもまた記念の落描きを。

#今週は帰宅後の時間でお絵描き、Fate、ひぐらしを順に消化するつもりです。
(0~3時使っても全部は無理か(^^;っていうかここ書いてる間にすでに0時半な罠。)
ちょっとレスが鈍くなるかもしれないのでご了承下さい。

●Amazonにログインしたらフーッ、マイケル・ジャクソンのポーゥ、新譜をアーォ、オススメされてしまいましたフズバーッ。
マイケルも最新の「INVINCIBLE」あたりになるとちょっと馴染めなくなってきてるのですが、これは過去のレアトラック集という事でまさにストライクな感じですよ。曲目見るだけでもうっとりで、特にディスク5の最後を『マン・イン・ザ・ミラー』で締めてるあたりは背中がゾクゾクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガレッガDVD

●某能動的にゲームをする会のミーティング。ていうかファミレスでひたすらにダラダラと雑談しておりました。ダラダラ最高。

●「たのみこむ」限定でバトルガレッガの攻略DVDが発売されるとのことであわてて予約しました。

ガレッガについてはこちらの攻略テキスト(←リンク先:ビデオゲーム資料室様)見るのが一番理解早いかと。特異な攻略方法で有名な縦シューです。
dempa041114_garegga.jpg
↑サターン版マニュアル。「ゲームが終わっちまわない程度に自爆して難易度を下げるんだ!」とか平気で書いてある(;´Д`)

攻略DVDの仕様としては「解説テロップ付き(ON/OFF可能)」というのが意欲的で素晴らしいです。大期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ずきん&バルドフォース

某所で知って気になってたアイテムをゲットしてきました。
dempa041114_comics.jpg

玉置勉強『東京赤ずきん』#1(←Amazonリンク・書評もチェキ。)
目の隈見た時点で何か違うなと思ったのですが(笑)
中身は予想以上にハジケまくってて凄かったです。 エロ&殺伐猟奇っぷりがすでにネタの域に達してて面白すぎ。ある程度のエログロ耐性が要求されるもののかなりオススメです。

『バルドフォースエグゼ』(DC)
普通のSFギャルゲーかと思って完全スルーしてたゲームなんですが、公式でダウンロードできるOPムービー&プレイムービー見たらかなり燃えるロボットアクションのようなのでゲット。

で、今日は数回戦闘するあたりでやめるつもりでプレイ始めたら…2シナリオ一気にクリアしちゃいました(;´Д`) 気が付くと夜中の2時。やばい、これたまにブチ当たる「拙者的ツボゲー」ですよ。このまま続けたら武器コンプするまで他のゲームやれなくなってしまいそう…。ちょっと考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゼノアニ&マジレンジャー

来年頭から『ゼノサーガ THE ANIMATION』が始まるそうで。最初聞いた時はタイトルの語感だけでわくわくして仕方なかったのですが、まあキャラに結城信輝持ってきてるくらいなら間違ってもうちのメインネタになるような悲惨な事にはならんでしょう。期待とともに見守りたく思います。

●来年の戦隊物は『魔法戦隊マジレンジャー』だという噂が。マジですか!(←やはり言っとかんと(笑)
検索してたら「手品をモチーフにしてる」という記述がヒットして(「魔法」の書き間違いか、ダブルミーニング?)思わず下のような必殺技を妄想してしまいましたよ。

 1) レッド以外の4人が畳くらいの化粧板を持って怪人を押し包む。
 2) レッドが掛け声とともにジャンプして蓋をする。きれいな箱が完成。
 3) エキゾチックなBGMとともに5人で完成した箱をくるくる回す。
 4) 開けると怪人がいなくなってる。
 5) そのまま後日談に突入。怪人がどこに行ったかは教えてくれない。

マンネリ化してきたら、箱からミス天功が出てくるとか、箱を回した後に全員が剣でぶっ刺す(タネはなし。普通に死ぬ)とかいったバリエーションを混ぜるとウケが良いかと思います。

HALO2の対戦モードを触ってみたら、ルール設定の項目追加でBF1942もどきやカウンターストライクもどきのルールが作れるようになっててちょっと感動。前作ではカウンターストライクっぽいルールを作っても1ラウンドごとにエントリー画面に戻されてしまうのが難点だったのですが、今回は数ラウンドをロードなしで連戦できるのでより近くなった感じ。対人戦できるといいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マグナ&HALO2

『マグナカルタ』(PS2)
発売延期4ヶ月、ようやく発売。お目当ての設定集(写真中央)はハードカバーで豪華でした。
dempa041112_magna.jpg
ゲームのほうは、戦闘ルールが一作目とは思えないほどややこしい上に段階を踏まず最初のチュートリアルでいっぺんに教え込まれるので頭がパンクしそうになりました(笑)
しかも攻撃のたびに厳しめな3連続目押しを成功させないと全くダメージを与えられないとか、リアルタイム戦闘なのに1人ずつ選択しては移動させる必要がある(選択してないキャラは棒立ちで攻撃されるがまま)とか、妙に窮屈なシステムが人を選びそうな感じ。あと宝箱モーションやフィールド移動などテンポが全般にゆっくり目なので、最初から腰を据えてプレイする気でやらないとかなりイライラさせられそうです。

ただ、技術的には予想よりだいぶいいデキですし、あとキャラがエロい(マテ
最初に仲間になる女魔法使いのモデルなんかもうリネージュ級のエロさですよ(*´Д`*)

#リネージュといえばこれ、まったりした進行といいルール理解&知識が重要な戦闘システムといいMMORPGに通じるプレイ感が…。

本格的にプレイ始めるのはまだ先になりそうですが、個人的には悪くないと思いました。エロいし。


●『HALO2』(X箱)
でもってメインディッシュはこちら。とりあえずキャンペーン開始してまだ最初の宇宙船の中ですがグラフィックは大幅にグレードアップしてますね。
ポリゴン芝居はHDR(参考記事はこちら)表現使いまくりで、たまの処理落ちが無ければムービーだと言われても信じてしまいそうですよ。コブナント(敵エイリアン)の光沢とか顔の頂点アニメーションとか見るだけで惚れ惚れ。
真面目にライティングしたのが裏目に出たのか暗いエリアがとことん暗くて敵が見づらいのと、1に比べてちょとだけ照準が合わせ辛い(照準カーソルの移動がぎこちない?)のが少し気にはなります。

1も数ヶ月かけてクリアしたことだし今回もまたじっくり進めていきたいと思いますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『R.O.D』サントラ海外盤

●仕事が通常ペース(0時帰宅)に戻ったのに休暇中と同じように巡回&やりとりしてるせいで今週は就寝時間がかなり凄い事になってます(汗) やるべき事&やりたい事も山ほどあるので適度に時間を配分しないと。

●Amazonから最後の1枚が到着、やはり『R.O.D -the TV- 1』のかわりにガングレイブのサントラが配送されてました。明日返品予定。
dempa041110_cd.jpg

●でもって届いたCD。
純正CDを期待していたのですが、なんか怪しい感じがするのでそのへん軽くレポートしておきます。
あくまで勝手な憶測が入ってる事をご了承下さい。単にうちのPCのドライブとの相性が悪い可能性もあります。

1) 『R.O.D. the TV』国内盤(Bディスク)
  「レーベルゲートCD2」でジャケットには「compact disc」表示がなく、
 PCで再生しようとすると専用ソフトのインストーラが起動。
 ポータブルCDプレイヤーで再生しようとすると激しくシークを繰り返し、
 最初にディスクを認識するまでにかなり時間がかかる。
 iTunesで読もうとすると「空のCDが挿入されました」というメッセージが
 出て全く認識しない。

2) 『R.O.D. the TV 2』海外盤
 ジャケットに「compact disc」表示があり、PC・ポータブルCDプレイヤー・
 iTunes のいずれでもすぐに認識される。ポータブルでの再生は
 とりあえず普通のCDと変わらない感じ。
 ただ、PCでの再生・iTunesのいずれもいくつかの曲でドライブが
 エラーを起こして再生できず、それらはiPODへの取り込みもできない。
 症状的には1トラック目が再生開始直後にスキップされる、
 iTunesへの取り込みが最終トラック終盤に致命的エラーで
 中断されるなど。

ちなみに元祖「R.O.D」サントラは国内・国外とも「compact disc」表示ですが、後発の海外盤のほうのみ上記の症状でインポートできませんでした。

1トラック目が読めないというのは自然とCCCDのフェイクTOS(ディスク先頭に異常なインデックスを入れる手法)を連想させますし、現状同じ症状が確認できているディスク4枚(ラグナのドラマCD2&3、ROD海外盤、RODTV2海外盤)がすべてSMEがらみの最近出たCDというのはやはり怪しい気が。
C2エラーの出ないコピーガードCDというのもあるようですし(←リンク先:これってAUDIO-CDなの?様)、SMEがレッドブックすれすれのコピーガード技術(?)をこっそり導入開始してる可能性も…。
もしそうなら買う前に見分けがつかないのでCCCDよりタチが悪いですよ(つД`)

●一応波形も比較。WAVEデータ化した曲の一部を波形エデイットソフトで見ただけなので検証として有効なのかもちょっと怪しいですが、ピンポイントで同じ箇所をいくつか見比べた限りでは波形に違いはありませんでした。耳で聴いてもはっきり確信できる音質の違いは感じられません。
dempa041109_rodcd.jpg
ただ元々CCCDの音質が悪いという根拠として「エラー訂正でシークが頻発するのが音に悪影響する」というのもあるようですし、この海外盤CDが単に国内盤CCCDの音をそのまま使ってるだけという可能性もあるので、一概に「CDとCCCDの音質の差はない」とは言い切れないかと思います。

※11/12追記:ワダツミさんの環境ではリッピングに問題なかったようなので、現状言えるのは拙者のドライブ(HL-DT-ST RW/DVD GCC-4320B)がSMEの最近のCDと相性が悪いという事だけです。

CCCD参考リンク:muplus.net : CCCD Channel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラック・ジャックALIVE『命の連鎖』

●ヤングチャンピオン3人目の作家はたがみよしひさですよ。
dempa041109_bj.jpg
今連載中の『軽井沢シンドロームSPROUT』なんか見てるとキャラがSDになったりシリアスになったりでえらく落ち着かない印象があったのですが、このBJでは全編通して5頭身くらいに統一されてて凄く見やすい上になかなか萌えるバランスです。なんか拙者の中でたがみ株が上昇してきましたよ。

中身のほうはたがみキャラになってるだけでまんま原作のブラック・ジャックの雰囲気&話運び。途中で何度か「前に読んだような?」と思う場面がありましたけど、これってオリジナルです…よねぇ?
アレンジとしての面白みはないものの、原作の雰囲気を再現する手本のような手堅い内容だったと思います。

●Amazonから『R.O.D -the TV-』のサントラCD海外盤2が到着。ちなみに1は発送ミスでガングレイブのCDが入ってた罠(;´Д`) 明日同時注文のサントラ(元祖『R.O.D』の海外盤サントラ)が届くので、それを見て足りないCDが確定したら送り返す予定です。

さっそくCCCDでないか確認したところ、ばっちり通常CDでした。ただしiTunesに喰わせようとしたらトラックの終わり際でドライブエラーが。先日のラグナのドラマCDと同じ症状の上に両方SMEのレコードなのですが果たして新しいプロテクト手段なのか単に拙者のドライブがいかれてきてるのかは不明です。
#同時に試した『くじアン』のドラマCDは問題なくiPODに入ったのでやっぱりプロテクトかメディアの相性?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

綾辻行人『暗黒館の殺人』

●ようやっと上下巻読了しました。
しかし…ぐぅ、ちょっとした理由で直接感想を書けないのですよー。
という訳で激しく悩んだ結果、条件選択つきの伏字感想という変則攻撃でお送りします。

☆「暗黒館を読み終えてる方」はこの下を反転して読んで下さい。
(ここから)
これ、大トリックが拙者の好きな某ゲームまんまなのですよ(つД`)
あちらを最初にやった時は鳥肌モノでしたがこちらはちょっと…。

(ここまで)

☆「まだだけど暗黒館を一生読む気が無い方」はこの下を反転して下さい。
(ここから)
これ、大トリックが『Ever17』というサスペンスギャルゲーまんまなのですよ(つД`)
暗黒館読むくらいなら先にこちらをプレイする事を激しくオススメします。
ちょうどPS2廉価版が2000円で出たので暗黒館を上下巻買うより安いですし。

(ここまで)

※11/10追記:後で内容を反芻してみると「まんま」はちょっと違うかも。全体としてはアレのシナリオの片側視点だけ取ってきて伏線を大増量したような感じです。

☆「暗黒館を読む予定の方」はごめんなさい(笑)

しかもこちらは展開がダラダラしすぎて中盤からほとんど思考停止してたので、解決編で伏線の数々をあげられても「はあ、そですか。よござんした。」みたいな。

☆さらにこの下は『暗黒館』読んだ上で綾辻行人『殺人鬼』を読んだ方だけどうぞ。
(ここから)
叙述トリックとしての性質はこれと変わりませんしねぇ。
(ここまで)

ただ、シリーズ中でかなり重要な話ではありますし、ゴシックホラー物だと思えば雰囲気は嫌いじゃないです。とりあえずシリーズのファンは読んでおいてもいいかもしれません。でも長さと値段がやっぱり…。

☆まあせっかくだし反転して下さい(えー
(ここから)
ちびちびやってるグラディウスVが後半面で勝てる気がしなくなってきたので気分転換用に『III&IV』の廉価版買ってきてプレイ開始したら今度は序盤で勝てる気がしない罠。
『III』が難し過ぎて評判悪かったので未プレイの『IV』は難易度下がってるに違いないと踏んでたのですが、3面の水晶+泡でもう発狂しそうな感じですよ。これって死んでも復活できるのかなぁ…。

(ここまで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

斑目がとんじゃうΣ

●午前0時『げんしけん』録画でビデオの電源が入った途端、スイッチ切り忘れてたスピーカーから大音量で千葉県在住ジャガーの甘いささやき声が。死ぬかとおもたよ。

映画『笑の大学』観てきました。
舞台は昭和初期で、ほぼ全編が一室でのお笑い作家(稲垣吾郎)とカタブツ検閲官(役所広司)の問答で進むというなかなか変わった映画です。まんま演劇だなぁと思ったら元々これって舞台劇だったんですね。

序盤は面接会場のいじめみたいな雰囲気でだいぶ重苦しいですが、話が進むうちに検閲官の態度にヒビが入ってくる様が激しく面白かったです。特に中盤の大ブレイクが最高。
最後もなかなか感動的ながら、ちょっとだけ首をひねる場面も。
(ネタバレなので地色で書きます。観た人だけ反転して下さい。)
終盤に役所さんが「私はこの一週間、笑いを絶やした事はなかった」と言って勤務外に大笑いしてた姿が次々映るんですけど、このせいで「検閲官のガードが崩れていく面白さ」で笑ってたのに水を差されてしまった感が…。
(ここまで)

まあ笑えるところはかなり激しく笑えますし、何より他の観客が一緒に笑ってくれると楽しさ倍増なので(このへんまさに演劇)観るなら是非映画館で観ることをオススメします。

●一週間ぶりポリゴン実験。現状は何か作ろうと思った時にさくっと作れるような環境を揃えてるだけでシューティングゲーム開発中という訳ではないです。
dempa041108_polyban.jpg
ポリゴンの色が変な件はとりあえず後回し(一時グーローシェーディングにしてごまかし)、視点を自由回転できるようになったのでカメラテストの操作系作成中。さすがクォータニオン、Z軸回してもびくともしないぜ。
このモード内で複数のポイントを登録できるようにしてスプラインでつなげばデモカメラが作れると思うんですが、座標はともかく姿勢の補間ってどうやるんだろ。またネットで調べんと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ブラック・ジャックALIVE 『心眼』

●10/26に出てたヤングチャンピオン探索の旅に出ておりました。ちょうど休暇の上に誕生日メールで舞い上がってたせいですっかり忘れてた罠(つД`)
もう10日たってるのでさすがに無理かなぁと思いましたが、小さ目な書店や酒屋を中心に各所をまわったところ巣鴨で1冊発見。普段から地雷撤去にいそしんでるせいか地雷探知レベルが上がってきてる感が(笑)
まあともあれ遅ればせながら記事にできました。

オッス、おらピノコ。
dempa041107_bj1.jpg
期待以上の濃さでグッド。この話のピノコはスカートたくし上げに全裸とサービス満点なのですが、心臓の弱い方にはおすすめできないので画像は自粛させていただきます。

その他の皆さんも期待以上でした。というか、まさかここまで律儀に手塚キャラ描いてくるとは予想外。
dempa041107_bj2.jpg
左からBJ、ランプ、ヒゲオヤジ、シャーロック(写楽)。BJは変なシーン選んじゃいましたが、不健康ビジュアル系的なかっこ良さがあってアングルによってはかなりのイケメンになってます。

ストーリーのほうは両腕を失った芸術家(写楽)の話。原作で読んだ覚えがないので多分オリジナルエピソードかと思うのですが、序盤の伏線とかピノコの義体に絡めた台詞の上手さとかすごく良くまとまってて面白かったです。ラーメン屋でビッグコミックの面白い漫画見つけた時みたいなドキワク感がありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ブラック・ジャック ~黒い医師』(2)

●月イチ連載のヤマケン版BJ、キリコにオリジナルの萌え助手がΣ(゜□゜;)
dempa041106_bj.jpg
ピノコも負けじと萌え電波を放射。いや、まさかピノコにハアハアする時代がくるとは思ってもみませんでしたよ。

話は原作にあったBJ&キリコ対決話のリメイクで、またもや死んでるカオシックキャラとか萌え助手のパンチラ格闘シーンとかストーリー外の楽しみは多いものの(笑)、前回に引き続き最後の一番重要なシーンがニュアンス変更でなんともあっさり風味になってしまってるのが残念です。

ちなみに田口版BJが載るヤングチャンピオンは9日(火)発売ですよー。
※11/6追記:すいません、予定表だと次はたがみよしひさです。田口版の号はもう発売中(;´Д`)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『Quest of D』(2)

●あまりせっかちはいかんという事で「外伝シナリオ1」プレイ、ボス部屋っぽい所で死亡。やばいと思ったらガードとか考えず全方位攻撃使うのが正解かも。

●綾辻行人『暗黒館の殺人』上巻やっと読了。
いまのところ過去に読んだ推理モノの数々を思い起こさせるフレーズや出来事ばかりでドキドキ感に欠けるというのが正直なとこです。下巻の巻き返しに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケツイDVD無期延期&『Quest of D』

●今週末ごろから予約注文をとる予定だった『ケツイ』攻略DVDの発売が無期延期になってしまいました(ニュースの11/04参照)。DVD収録に参加した神プレイヤーの人が某誌に全国トップ申請をして載ってしまったのが理由だそうです。
『大往生』DVDの時は「収録に参加したプレイヤーはハイスコア申請は一切おこなわない(アーケードのプレイヤーとプレイ環境的に公平でないため)」旨を雑誌でもアナウンスしてたのですが、今回そのへんの念押しが甘かったようで。注文開始を今か今かと待ち望んでいたので激しく残念ですよ(つД`)

ときに、中止でなく無期延期という事は「このスコアを実力で塗り替える勇者が現れれば再収録も…」というアリカの意思表示だと素敵解釈。

デムパの看板娘達は勇者の出現をお待ちしています(えー


●連日満席で激しく手を出し辛かったアーケードARPG『Quest of D』やってみました。

キャラを作成してまずはチュートリアル面。各種操作を1部屋ごとに教えてくれてあまりの丁寧さに「こんなにダラダラプレイできていいの?」と思ってたら、「壁のヒントを全部読め!」の部屋で文字盤の読み方がわからず餓死しました(笑)

※このゲームは画面がタッチパネルになっていて、指で直接画面上の文字盤に触るのが正解。

チュートリアル終了後またプレイ待ち列に並び、試験ダンジョン&1つ目の本番ダンジョン(ドワーフの洞窟)を各1コインクリア。このへんで激しくハマってきてこりゃ面白い&ヤバイなぁと思ったら次のダンジョンで難度が急激に上昇。コンティニューで無理矢理クリアしたものの一気に10コイン近くぶっとびました(;´Д`)
前転とかガードとかイマイチ使いこなせてないんですが、そのへんの基礎をきちんと身に付けないと厳しいのかなぁ…。
このまま先に進むとお金のとび方がシャレにならないので、コツを掴んだと思うまでは1コイン縛りでちびちび遊ぼうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩明均『ヒストリエ』ほか

●休みですがまた休暇ボケ状態に戻るとアレなので、横目で大統領選挙観ながらお勉強。
大統領といえばフロムの『メタルウルフカオス』副大統領の裏切りで反逆者にされた大統領が単身パワードスーツで米軍に突撃するという素晴らしいゲーム)、選挙までに発売してくれてたら盛り上がり最高だったのですが…って昨日まで「サントラ選挙戦」なんてやってたとはΣ スタッフ楽しそうだなぁ。

●岩明均『ヒストリエ』#1、#2
会社の人が貸してくれました。前の『ヘウレーカ』が拙者的にものすごく印象薄かったのでアフタヌーンでは真面目に読んでなかったんですが、2巻一気に読んだらなかなか波乱万丈で面白いです(でも展開はかなり遅い(^^;)。本誌でもちゃんと読んでみよう。

セガサミーのプライベートショーで『旋光の輪舞』のニューバージョンが出展されてたですとΣ
しまった、行きたければOKと言われてたのに、休暇明けたばかりだし真面目に働くかと自らスルーしてしまいましたよ…_| ̄|○

『チアリーダー忍者』などで一部に大人気の映画配給会社アルバトロスのココログが始まりました。前から公式のコラムがけっこう面白かったので期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マガジン・エルフィックス

●どのへんがぽっかぽかなのか小一時間問い詰めたい会社の自販機。
dempa041102_cold.jpg

●今日は仕事だけでネタが無いので同人ゲー雑誌『マガジン・エルフィックス』の事でも。先日の飲みの時に創刊号が目に止まり、ここはひとつ昨今の同人ゲー事情をヲチしてみるかとばかりに買ってみました。

拙者的に故・(っていうか最近復刊したんだっけ)『PC JAPAN』の『秋の夜長のフリーゲーム100本』みたいなのを期待してたら中身は激しくエロかった罠。つか、エロい裏表紙を付録で隠して売るのはどうかと思った>ゲマ屋。
確かにこのへんは同人ショップでのジャンル比率を考えれば予想できて当然でしたが、さらに商業ゲーレベルの絵がひしめいてるため、ぱっと見では良くも悪くも既存のエロい商業ゲーム誌と区別がつきません。

この本ならではの特色としては、多数の版権ネタゲームが『ステ●ヴィアのエロいやつ』とか『スク●ンのエロいやつ』のような伏せ字で紹介されてるとこでしょか。きれいな装丁と中身のアングラ感のギャップがすげぇ…(;´Д`)

後半は同人ショップ紹介、『Fate』のノベルゲーエンジン関連のインタビュー、『ひぐらしのなく頃に』作者インタビュー、同人入門、各地のイベント会場案内、名古屋の美味い店紹介、『東方』作者の小説といった感じで読者層的には外してないかと思います。
あと拙者的には「神楽つな」という作家さんの連載4コマがえらく面白かったです…ってこのホムペ凄いなΣ

次号からは買わなさげな予感ですが、とりあえず勉強になりましたよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCCD愚痴特集

ワダツミさんのとこで『R.O.D』サントラの海外盤が紹介されてました。海外盤はCCCDではないとの事で注文&TVサントラも予約完了。でもカートに入れただけの状態でBF1942やってたせいで即発送分はなくなってしまった罠( つд`)

●CCCDといえば先週出た『ステラデウス』サントラもCCCDで二の足踏んでます。発売元のSMEはレーベルゲートCDをやめると発表してますが、ちょうど『10月から段階的に終了』の微妙な時期に出てしまったのが残念。

●さらにそういえば以前ラグナのドラマCD(ページ下端)をiPODに入れとくかとiTunesにかけたら読み出しできなかった罠。
ver.2で数トラック読めなかったのがver.3では全トラックになったのでおそらく段階的にコピーガードを導入してるんだと思いますけど、それにしてはジャケットに『compact disc』ロゴが入ってるのが謎。

※CCCDやレーベルゲートCDはCD企画外なのでジャケットに『compact disc』ロゴが無い。ちなみに不具合出てもユーザー責任。

最終的にWindowsMediaPlayer経由で1トラック除いてmp3化できたもののやっぱり手順が面倒…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチすきやき&性格分析

吉野家の『牛鉄鍋膳』食べました。
安いだけあって具はちょっと小さくてジャンク気味ですけど380円でプチすきやき気分が味わえるのはなかなかお得。

●先日の謎試験(そちらは受かりましてよオホホ)と同時に受けた適正検査の結果が返ってきました。
こういうのは受験者のやる気を削がないよう分析結果はかなり好意的な書き方をし(つつさりげなく短所を注意し)てくれるのが通例ですが、今回は

あなたはもの静かな中にも優しさを秘めています☆

というロマンあふるる評価が…(*´Д`*) いや、☆は脚色ですが。
明日から花でも育てたくなってきましたよ。

●忘れないうちにメモ。武装錬金とデスノートの最新巻は木曜発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記10/31

●所用で午前中のうちに実家まで往復し、あとは休暇最終日という事でリハビリかねてプログラムいじりの続きやってました。
カメラまわりの参考用にブックマークしてた先達ページを見ようとしたらすでに消滅してた罠。そういえば休み前の時点でページ閉鎖されててキャッシュにブックマークしたんでした。しまった、その場で保存しとくべきだった(;´Д`)

●弟が実は浦沢直樹『PLUTO』持ってたので借りて読破。おお、面白いー。
『MONSTER』も『20世紀少年』も長く続くうちに作者にはぐらかされてるような気がして読むのやめてしまったのですがこれはかなり展開早くていいですね。このまま3~5巻くらい(原作の進行度と対応させると3巻くらい?)でコンパクトに終われば大傑作になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »