« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

和三盆

●先週到着してたEdenPlastics通販のアウタスキンを開封。
Dempa071029_0_2Dempa071029_1Dempa071029_2
手持ちの神姫には微妙に似合わなさげなので素体に着せてドローテア頭くっつけました。CHOCOLATE SHOP公式の組み合わせで新味は薄いけど、まあかっこいいのでよし。

●久々にPCからmixi見たらえらい画面変わってて驚きました。何というカオス…前のシンプル画面のほうが良かったなぁ。

| | コメント (2)

購入漫画とか鴉完結とかPGRとか

ふげええ(挨拶
すでに更新がかなり不定期になってますがしばらくこの調子っぽいです(;´Д`)


●最近の購入漫画。

『ねくろまねすく』#1(←Amazon、以下2冊も)
デター(゚∀゚)その1。ゾンビになった主人公が自称天才美少女科学者+ゾンビ娘に拾われてアパート暮らしするコメディ。カタリナの自爆っぷりとか生活感あふれる部屋着姿とか、見た目に反して何かと抜けてるところがラブいです。あとヒロイン差し置いてグエンおば様のキャストオフが一番大ゴマ使ってたのに噴いた。

『神太刀女』#1
デター(゚∀゚)その2。守護霊つきの刀(というか守護霊が変身する刀)で斬り合う伝奇物。話のほうはアニメで言うと第一話前後編終了くらいで独自の展開はまだ見られないけど、この先の仕込みっぽい部分もチラつくので乙輪さんのマユ毛にハアハアしつつ続きに期待したく。

『新暗行御史』#17
ついに完結。過去編終わってからはかなり駆け足な印象で阿志泰も最終戦で急に弱くなった感じがするけど(まさか刀で斬られて死ぬレベルの存在だとは思わなかった(;´∀`))最後の勝ち方は文秀らしかった…というか文秀らしい勝ち方をさせられるように阿志泰を弱くしたのか。いずれにしても少年漫画的に気合いで倒すよりは良かったと思います。濃いサブキャラが多かった割に何人かはあまり活躍せず終わってしまったのが残念。


『KARAS』#6(最終巻)ゲット。
最後にふさわしい超熱シーンの連発で燃えまくり。濃いキャラ絵といい手描きと3Dのバランスの面白さといいケレン味てんこ盛りのアクションといいかっこいいテーマ曲といい好きすぎる。エンディングで燃えた勢いで今1巻見直してるけど、設定全部知った上で見ると廻向の台詞とか細かい伏線とかよくわかって面白いです(゚∀゚)=3 


●ゲームは通勤モンハンが気力低下で休止中で、帰宅後たまにPGRとかフォルツァで軽く走るくらい。PGR4の夜の新宿は晴天だと3に見劣りするけど嵐に設定すると急にリアルに見えるっすね。これで日本車がたくさん入ってればもっと楽しいんだけど。


車いすの老女、高速道路を爆走する(産経)
味っ子でも観たのだろうか(;´∀`)

| | コメント (2)

E4のランキングがカオスな件

●360『Every Extend Extra Extreme』
このゲーム、「S4」という自分の好きな曲を取り込んでプレイするモードがあるんですが。
BGMにした曲のMP3タグもスコアと一緒に集計されるらしくてリーダーボード見るのがえらい楽しい(゚∀゚)=3

Dempa071021
一応プレイヤー名は隠し。

かなり読み辛いけど1位の「太陽は昇る」(大神)から始まって10位までで ななついろドロップス・ハルヒ・リトバス・リッジレーサー・プロジェクトAがランクインというカオスっぷり。11位以降もアイマス・各種シューティング・アニソン・湯川専務・マツケン・初音ミクなどなど良ネタがボロボロと。林原の「おカネがいちばん」(メガCD版ルナ2のおまけディスクの歌)とか数年ぶりに見た(;´∀`) うちもタイムギャルのテーマソングでも発掘してくるかなぁ。

面白い機能だけど、S端子だと字が小さくてほとんど読めないのでその点だけご注意。(上のスクリーンショットはS端子の画面まんまです)

| | コメント (0)

E4ほか

週末。仕事はあるけど多少気を抜けるのはありがたブハアアアア(阿澄先生っぽい溜息

(※10/21:E4の説明がややこしかったので修正。)

●360ライブアーケード『Every Extend Extra Extreme』(800ビルゲイツ)
良くも悪くもオリジナル版のシステムを借用した別物ゲーム。E2やE3は

・「自爆して稼ぐ」<->「粘って稼ぎすぎると残機が足りなくなってボスで詰み」
・「クイッケン(ゲーム速度アップ)をある程度持ってないとボス戦で時間切れ詰み」<->「事故死の可能性が高くなり、事故死でクイッケン失った直後にボスが出現すればやはり詰み」

と常に詰みのリスクがついて回るのに対し、E4は残機無限、ボス戦無し、タイム増加アイテム常時出現という超ヌル仕様。ゲームオーバーになる要素は「連鎖を眺めててうっかりタイムアイテム取り忘れる」「残りタイムが少ない時にビートボーナス狙ってうっかり無敵時間過ぎて死亡→復帰前にタイムオーバー」「長時間プレイで心が折れる」くらいで、メインモードはゲームというより環境ソフトに近いです。
かわりに別モードとして時間制限つきスコアアタックや全く別物の全方位シューティングも入っててこちらはそこそこ燃え。でもこういうモード入れるくらいならまずE2かE3入れるべきだと思うけどなぁ…。

全体としてはE3よりも初代水口ゲーのRezに近い感じ(あれも自分が一切死なない「気楽にRez」モードとかあったし)。スキンも音楽も相変わらず良いしコントローラが振動でリズムを刻むのも気持ちいいのでRez系の没入ソフトとしてはなかなかいけてるかと。

ちなみにRezのトランスバイブレータは使えませんでした。隠しで対応してくれてるかと期待してたけど、純正コントローラ以外に信号送ってはいけないとか何か縛りがあるのかも。


●同時に『ルミネスLive!』が800ゲイツに値下げされたので国内版で再購入。
やっと配信きた『Heavenly Star』スキンもダウンロード。ただ、正直なところ旬を過ぎまくっててありがたみはかなり薄い感じ。曲は好きなんだけど。


●PSPモンハンはやっと集会所3・4全部埋めてノーマルラオ撃退。あとはレアアイテムの「雌火龍の逆鱗」が1枚あれば「国崩」弓が作れる…物欲センサーが発動しませんように。


●CD『AFTER BURNER 20th Anniversary Box』(セガダイレクト)
今度はアフターバーナーがBOX化。アウトランBOXと違って派生作品が『CLIMAX』しか収録されておらず、ディスク6枚中5枚はひたすらに「Maximum Power」「Final Take Off」「Red Out」「Super Stripe」「After Burner」「City202」をスナフキンのごとくエンドレスリフレイン。
IIIはともかくとしてG-LOCとかストライクファイターは入れて欲しかった。


MMS用アウタスキン(EdenPlastics)
イベント情報で気になってたのが通販開始。呼子鳥の黒がえらいかっこいいので拡張用パーツと一緒にポチ。
あと電ホビ限定カラーの鳥子とイラ姉が24日申し込み締切。 いそぐのじゃ いそぐのじゃ

| | コメント (4)

さらに新番組とか

『ガンダム00』2話目鑑賞。キャラが唐突に富野風セリフを使うのが気になる…やはり24世紀になってもガノタは滅びていなかったのか。特にキュリオスの人は乗ってるMSといい台詞まわしといいカミーユ派じゃないかと踏んでるのですが。

話は竹田カラー全開でかなり抵抗あり、でも戦闘シーンはデキ良いですね。ガンダムと敵MSで違ったカッコよさが出てるし弾着などの効果音がリアル寄りなのもたまらん。キャラもグラハムは良いガンダムキャラだと思いました。


『しおんの王』
まさか1話の前半で耐え切れず停止するとは思わなんだ(;´Д`)
止め絵は整ってるんだけど動きが微妙に気持ち悪いというか、動く前後で絵がつながってない的な不安感が。あと原作の硬派っぷりに反して時々エロゲアニメのようなサービスカットが入るのもどうかと思った。


『げんしけん2』
こちらは安心して見られる感じ。クッチーの滑らかな動きを見て今期も大丈夫だと思いました(笑) でも1話目からハラグーロはきつすぎる(;´∀`)


●予約設定中にMX深夜の『ミラーマン』(昔の特撮物)が目に留まったので録画、OPの「いまだ!キックをつかえ!目だ!」がタイムリーすぎて噴いた。何この外道セコンド。
これ観るの初めてだけどパトカーとか建物とか激しくノスタルジックで面白い。

| | コメント (2)

ゲムー雑記2

360『PGR4』
シークレット実績に、ゲームとは無関係な有名映画にちなんだ条件が。(ネタバレ問題なければ実績まとめを参照
実績名の「3CZV657」「シークレット エージェント」がそれぞれヒントになってるんだけど、特に前者はヒントの絶妙さといい解除条件のネタ度といい神実績じゃないかと。映画に関係あるかはわからないけどシークレット実績3も斬新で面白いっすね。

あと8月に「出火の危険があるのでアダプター使わないように」と通達されてたワイヤレスレーシングホイールの交換案内メールがようやく昨日来ました('A`) 自社レースゲー(PGR)の発売日まで音沙汰無しってのはどうにもこうにも。

モンハンがWiiに移籍した話
個人的にはPSP版が安泰ならどれで出てもOKだけどカプコン容赦無いなぁ。
一人が長時間画面を独占するゲームってWiiのイメージに合わない気がするし、画面分割マルチとかできると楽しそうなのですが。4人で剣リモコン振り回して「ごめwwwww当たったww」「てめぇwwww」とかリアルボディで。

| | コメント (5)

ゲムー雑記

(※10/13:文の怪しいとこ修正)

ぐむー、ここんとこ記事書いてる途中で力尽きてばかり('A`)

●360『PGR4』ゲット、早速ガレージに直行。
「Geometry Wars Waves」(←GameSpark、動画あり)は常に上下左右から一列編隊が湧いてくるのと敵が勲章アイテムを落とすのが目立った変更点。回避と勲章回収のためゲーム開始直後からフィールド上をガンガン動き回らないといけないので事故死率かなり高めな上に残機1ボム無しの一発勝負だけど短時間で燃えられて面白い。

PGR本編はフォルツァの後だと操作感がちょっと物足りなく感じるけど色々な街中走れるのはいいっすね。
#でも国内ステージがまた新宿だとか国産車少ないとかはやっぱり微妙に物足りないかも…

しかしゲームがどんどん積まれていく…orz
 PGR4 ... 軽く触っただけ
 HALO3 ... 軽く触っただけ
 Bio Shock ... 2ステージくらいまで
 Darkness ... 終盤で停止中、サブクエスト手付かず

●PSP『モンハンポータブル2』
「国崩」弓作るためにノーマル老山龍と戦いたいんだけど、ノーマル老山龍を出現させるためには集会所★3と4を全部クリアしないとダメなもよう。結構めんどい。

| | コメント (0)

新番組とか調合埋めとか

●新番組まとめて視聴。ネウロとカイジは録画失敗してた(つД`)

『BAMBOO BLADE』
原作のファンシーな絵からすると見た目少し違和感あるけどお笑いのテンポがかなりいい感じ。とりあえず倉田脚本なら安定して楽しめるだろうと期待です。フフ…小躍りしたい気分だよ…

『GR -GIANT ROBO-』
コミック連載中の「地球の燃え尽きる日」と関係あるのかと思ったら世界観も登場キャラも完全オリジナルなんすね。
しょっぱなのトルコ軍vsGR2でハート鷲掴み、GR1も小林誠版と違った異様な風体でかなり萌え。今のところ今期で一番先が気になります。

『ガンダム00』
初回はガンダムと多数のキャラ顔見せだけで終了。戦闘シーンはエフェクトうまくかかっててかなり燃え。
ラルクは嫌いじゃないけど今回の歌は歴代ガンダムのOPで一番印象弱い気が。

『ドラゴノーツ』
でっかいわねー

●PSP『モンハンポータブル2』
集会所★7に到達&トレジャーハンターを一通りプレイして調合リストコンプ完了。ごほうびの錬金書Gはありがたいようなありがたくないような…錬金調合ってろくなアイテムできないしなぁ。
トレジャーは本編の進行に関係ないので無視してたけど、20分でサックリ終わるしボスは軟らかいし出るアイテムも新鮮だしで結構面白いかも。

| | コメント (7)

さらに最終回とか8弾とか

誠「肉体(ボディ)…来たか…」ゴゴゴゴゴ

●アイマス最終回消化。
結局最後までほとんど盛り上がらず微妙…舞HiME系列の作品って視聴者の盛り上がりがメーター振り切らないよう操作してる感じがするんだけど意図的なのか天然なのか。
一方、ゲームで「プレイヤーの相方」として横並びだったキャラにそれぞれ違う役割が与えられて、かつ最後まで横並び(宇宙から新ボス降臨→モ衆・ト衆で共闘とか)にならなかったのは面白かった。千早さんはスポーンとかブプ-ッとかもうお気の毒としか言いようがないですが(;´∀`)
#その「役割の面白さ」という点では主人公役を振られてしまった春香が一番不遇だったかも。

●武装神姫ムルメルティア飛鳥ゼルノグラート(←あみあみ)
ムルメルティアの写真は組み替え状態(写真の両足がイラストの左右アーム)っぽいっすね。
ゼルノグラートが素体付きで4弾までのフルセット神姫と同価格になってるので実質的にはフルセット神姫が3体同時発売…むむむ。

| | コメント (2)

HALOとか最終回とか

●360『HALO3』
hibiki夫妻宅で4人対戦やってきました。家でやったキャンペーンはイマイチ代わり映えしない感じがしたけど(※最初の降下艇乗るとこまでしか見てません)マルチはやっぱり超楽しいですのう。仕事でテンパってなければ日中から参加したかった…


●グレンラガン最終回。
正直「このままラスボス倒して終わりじゃ物足りないなぁ…」とか思ってたのですが。

すんませんナメてましたm(__)m ラスボス倒すだけで何この鬼盛り上がり。

しかも今までのラガンのパワーアップってどんどんデカくなるだけでイマイチ印象薄いと思ってたらまさかそれも仕込みだったとは…いや、本当最後まで予想超えてました。


『ドルアーガの塔』TVアニメ化(asahi.com)
主題歌はステージBGMに男らしい歌詞をつけたものをぜひ。

| | コメント (3)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »