« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

見抜いた&モンティパイソン

L4Uを購入当日にクリア→カタログの衣装も全購入→次の配信まで待ちきれなくなる→ふとマケプレを見ると微エロ感あふるる乙女達が!→ポチる→爽快感と戦略性を併せ持ち、あたかも本物のデブリを振り回してるかのような室伏感を体感できるアメイジングでファンタスティックなキャラクターシューティングの世界に心奪われる→XBLA始まって以来最大のヒット作に

というのが今週のMSの戦略のような気がしてきましたよ。ゲイツ、恐ろしい子…!


モンティ・パイソンのDVD-BOX到着、2回目まで観賞。
今のところ中身はツボに入ったコント・ツボに入らなかったコント・ステージ高すぎて訳わからんかったコント(付属の冊子にどのへんが笑えるポイントか書かれてるけど、それ読んでも文化が違うのでピンとこない(;´∀`))と様々。
日本で放映されてない部分は英語字幕のままで、その点踏まえると国内放映版が日本人にも理解しやすいネタをうまく抜粋して構成してたのがわかります。
有名ネタはさすがの面白さで、殺人ジョークとかヴィクイトリア女王はいずれも一部分だけ吹き替えだったけど見事にツボった(゚∀゚)=3

| | コメント (6)

箱ゲー雑記

●360国内版『バイオショック』難易度ハード+復活OFFで終了、DLC実績がきたらクリア直前データで即解除できるか試してみるつもり。

やっぱり雰囲気読みレベルの英語じゃストーリー掴めても実感が伴ってなかったらしく、後半の一大イベントの燃え具合は海外版でやった時より全然上でした。
クリア後に海外版立ち上げてみたら一度日本語で聴いたおかげで敵やアナウンスの台詞が結構聞き取れるように(゚∀゚)=3 このままプレイし続ければ英語の成績がアップして背は伸び視力も回復しムキムキのモテモテのフサフサになれるかもしれず。(※国内版も360本体の設定を英語にすると英語音声になるみたいっす)

●360版『トリガーハート エグゼリカ』27日配信。
ここまで延期しておいてアイマスと同じ週に出すとは(;´∀`) まあ今回はアイマスもお手軽ゲーっぽいので片方積みっぱなしになる心配はないかもですが。

| | コメント (0)

バイオショック国内版ほか

●360『バイオショック』
むはー、吹き替えたまらん(゚∀゚)=3 そこらをうろつくフリークスの会話や場内アナウンスまで日本語ボイスになってて、文字情報の雰囲気読みだけが頼りだった海外版とはプレイ中に得られる情報量も感情の伝わり具合も段違いですよ。

DLC実績の「難易度ハードを復活OFF設定でクリア」がまだ配信されてないけど、配信後に即解除できるかもしれないのでとりあえずその縛りでプレイ中。さすがに3プレイ目(ただし海外版2周目は中盤で保留中)ともなると序盤はサクサク進行でダディも色々卑怯な手で体力削れるようになってきた。
#ただ、さっきyoutubeでダディ瞬殺動画見て愕然…目からウロコの戦法だけどダディ戦の絶望感が失われるのは心情的に微妙かも。


●予約してたDS『世界樹の迷宮II』ゲット。ちなみに前作未プレイです。
まだユグドラ(ハード2周目)終わってないけどやはり旬のうちにプレイ開始するべきか。


『ぐわんげ/エスプレイド』サントラ到着。
ぐわんげは初めてまともに聴いたけど、アップテンポな和風テクノ(メロディは抑え目)とスローな哀愁曲が上手く配置されてて全ステージ通しての流れがかなり良。(1面から渋すぎる…) 音色や演奏もエスプレイドよりだいぶグレードアップしてる感が。

エスプレイドの曲は昔はそれほど好きでなかったのが今は懐かしさが心地いい感じ。
続編のエスプガルーダの曲ってこれとは全く接点無いかと思ってたけど、あらためて両方聴くとなんとなくフレーズに共通するものが。


●もう少しで治りそうなのですがいまだ咳ゴホゴホ。下手に食事制限できないしジムにも行けないので体重がさらにジワジワ増えてて超鬱('A`)
後日受注生産はあるけどできるなら日曜にワンフェス突貫してセイバーこなたを捕獲したい…(*´д`*) トキさんちょっと心霊台突いてくれませんかね。→あべし

| | コメント (3)

バイオショックは幼女を収穫する沈没ゲーム

いや、「Little Sister」(ミュータント)を捕獲すると「Harvest(※殺してエネルギーを奪う)」「Rescue」という選択肢が出るんで。

●360海外版『BIOSHOCK』
今週国内版が出るし今更海外版を進めても意味無いかと思ってたら実績が別扱いだと判明したので週末からプレイ再開してます。ていうか夜頑張りすぎてネット巡回やら更新やらが激しくおろそかに…(;´∀`)

ゲームタイプとしては「間接的な攻撃手段が豊富なFPS」ですかね。全般に火器が頼りない&デフォルトだと死亡時にノーペナルティで(倒した敵や取ったアイテムもそのまま)セーブ地点に復活できるため一周目はつい殴り特攻ばかりになってしまい激しく微妙だったけど、実績狙いのために難易度ハード&死亡復活OFF設定で二周目始めてようやくツボがわかってきました。一周目でザコ部隊&砲台&セキュリティポッドにボロボロにされた部屋を連続ハッキングでスパッと抜けた時は脳汁が(゚∀゚)=3

気になるのは武器選択まわりの操作性。一部武器のリロードがやたら遅いとか武器変更した直後にスキル攻撃すると武器が変更前に戻ってるとか妙なクセがあって、そのへん意識してないとコンビネーションで訳わからなくなったり。(突進してくるダディにカメラ連射してるとかアリがち('A`)) あとハッキングでいちいちミニゲームやらされるのもちょい面倒。

でも状況設定や美術面は超たまらんしストーリーもかなり凝ってて面白いです。(ただしゲーム中の展開が凝ってるのではなく、各所で拾えるメッセージアイテムを真面目に読むことで真相がわかってくるという感じ。)
公式のムービーでライアンの吹き替え(石塚運昇)聴いたらもう国内版もプレイせざるを得ない。


●BD勝利で落ち着きそうと書いた当日に見事に落ち着いたけどPS3はやっぱりもう少し待つことに。買うならDVDアプコンは絶対表示したいのでまずはHDMI端子つきのPCモニターをチェックする所存ですよ。
#まあSIREN3の発売日が来たらモニター無かろうが即買いますが(゚∀゚)=3


●すっかり忘れてたモンティパイソンDVD-BOXの発売日が過ぎてたのであわててAmazonポチ。ただ発送は1~2週間待ち。
モンティパイソンは英語音声のビデオでスパムとシリーウォークと演奏中に人が爆発するのを観たくらいで後は文字知識しか無いので吹き替えが楽しみ(゚∀゚)=3

| | コメント (3)

ゲーム小雑記

『ぐわんげ・エスプレイド』サントラ(CAVE通販)
すっかり忘れてて絶望したら帰宅後でも余裕でポチれて拍子抜け、19日も正午から販売とのこと。

●DS『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』(ファミ通)
ユグドラスタッフの新作ktkr。リヴィエラをまだまともにプレイしてないのでシリーズ通した傾向はよくわからないけどユグドラほど初見殺しでなければいいなぁ。

●次世代ディスクがBD勝利で落ち着きそう&DVDアップコンバートの評判が良いのでそろそろPS3買ってもいいかなと思ったところ、過去記事調べたらアプコン映像はHDMI端子付きのディスプレイにしか出力できないらしくてションボリ。うちのテレビは当面買い替え予定無いなぁ…。

| | コメント (0)

AOUいてきた

AOUショー覗いてきました。現地にいたのは2時間くらいで、「まもるくん」と「トラブル・ウィッチーズ」は出展してたらしいけど発見できず。

ストリートファイターIV
今回の主役。見た目どおりストIIのポリゴン版でゲーム自体に目新しさは全く無いけど、ストII時代のBENGUS絵などで感じられた「紙の中に存在する立体」がそのまま実際の3Dオブジェクトとして動いてるのが見た目のインパクト+懐かしさ補正でかなり熱いです。背景もストIIのものを色使い込みでポリゴン再現してるのに萌えた。
今後ダッシュやスパIIのキャラを順次増やしていくのは間違いないと思うけど、個人的にはそれ以上に同じフォーマットでヴァンパイアのリメイクを見てみたく。

怒首領蜂大復活
丁度CAVEサウンドチームのオンステージ中にぶつかったらしく、順番待ちの間ドドンパチ音頭(「みんな大好き怒首領蜂が大復活♪」とかそんな歌詞の)を大ボリュームで延々聴かされ続けて俺の怒りが有頂天に。曲担当してないゲームにまで珍妙な歌つけるのは勘弁して欲しいっす…('A`) 

以下、中身についてちょろっと。

・自機は大往生と同じABタイプから選択、次にBボタンの使い道を「通常ボム」と「ショットの強さ切り替え(強化中は移動速度が低下する)」の2種類から選択。後者を選ぶとボムは一切使用不可。

・ハイパーアイテムは無く、ハイパーは敵を撃ってハイパーゲージを一杯にしてからDボタンで発動する。発動中は敵弾をショットで消せるようになる。

・今回エレメントドール(↑の公式に画像あり。絵師はブギーポップの人)は味方ではないらしく、各ステージのボスとしてキャラと同モチーフの巨大ロボが出てくる。

・敵の攻撃は大往生の弾幕にGダラやボダソのブレイクレーザーを足した感じで、中型以上の敵や地上物が各所で太いレーザーを撃ったりさらに振り回してきたり。
弾避けに加えて迫るレーザーにこちらの長押しレーザーを当ててやり過ごすといった対処が必要だけど、Gダラ他と違ってレーザー撃ち放題なので今回行けた範囲(3面前半)に限れば行き当たりばったりでも抜けられました。

イルベロ
マイルストーンおなじみのラジルギ系縦シュー。

・成長システムはアイテム取るとショットやシールドのレベルが個別に上がっていくカラス方式。武器はアイテムで切り替えられる。

・今回はソードが無く、かわりにBボタンで自機から「ドール」を切り離して設置できる。ドラゴンブレイズみたいに使うものだと思うけど設置しても中型機ひとつ撃ち切れない…レベル稼ぎが必要?

・ステージの各所にワープゾーンがあり、入ると固定画面のチャレンジングステージ(出現する敵を逃がさず全滅させる)をやらされる。パーフェクトを取ると謎のキーアイテムがもらえる。

面白いかつまらないかはおろか、難しいのか易しいのかもよくわからない本当掴みどころのないゲームでした(;´∀`) チャレンジングステージをたくさんクリアするなりレベルを稼ぐなりすると新しいフィーチャーが出現するのかもですが。

| | コメント (5)

桶狭間戦記・コイル主題歌

●宮下英樹『センゴク外伝 桶狭間戦記』#1(←公式試し読み)
2話目の「猪口才な」の決めポーズにやられて単行本購入確定してたのですが何故か単行本では台詞が変わってる(´・ω・`) でも激しく面白いっす。センゴク本編は既に15巻も出てて手を出し辛いけど読んでみたい…。

●電脳コイルのノベル版と主題歌シングル到着。
ノベルは週末読むとしてとりあえず主題歌だけiPODに入れたのですが。OPの『プリズム』が映像抜きで歌詞きちんと聴くと破壊力倍増というか心洗われすぎて眼球がショボショボになるまで汁を放出したあげく睡眠不足がスッキリ解消されそうな名曲ぶり( ;∀;) バックでピロリラ鳴ってる電子音が哀愁誘っていいっすね。ピルピル。

●ユグドラのMVP+2縛りは白黒分岐面の終盤で詰まってやり直しがメンドくなり断念(;´∀`)
ここまで速攻のために移動力と初期攻撃力の大きいカードを多用してたせいでカードバランスがおかしな事に。レヴォリューションがダントツで3000超えとか何ぞこれorz

| | コメント (0)

ゆぐゆぐハード

●PSP『ユグドラ・ユニオン』
二周目ハード開始。戦闘速度BOOST素晴らしすぎる…慣れると今までのHIGHですら遅く感じて1倍速なんてもうスローすぎて楽勝で見切れるzウボアー(クリティカル

難易度ハードはレベルアップしてもステージ欠場しても体力が一切回復しないGBA版仕様になってるものの、敵の強さ自体はそう変わった感じがしないので今回はできるだけMVP+2(決められたターン以内にステージクリアすると+2の成長ボーナスがつく)狙うことにしました。 GBA版で狙ってたら発狂モノのマゾさだけどPSP版はステージ途中セーブとBOOSTのおかげで1手ごとの試行錯誤がそれほど苦にならないのがナイス。

| | コメント (0)

ゆぐゆぐ&電脳コイルおわた

●引き続きゴホゴホ。マスクつきでウロウロするのもアレなので日曜のコミティアとサンクリはパスして、戦い済んだソルジャー達と食事呑みだけしてきました。コイル話で気分が盛り上がったので帰宅後にノベル版と主題歌シングルをポチ(゚∀゚)=3

●PSP版ユグドラ一周目(A~Cエンド)終了。
GBA版一周してコツ掴んでたので思いのほか楽に終わりました。(GBA版の初回は本当血を吐くようなマゾさだったけど('A`))
今回は「一周目(白薔薇ルート)で入手できるアイテムは全部図鑑に登録する」縛りで終盤まで順調に埋めてたはずが、よりによって序盤に空きビン作っておくの忘れてて惜しくも任務失敗\(^o^)/
クリアしたら戦闘速度「BOOST」(4倍速?)が追加されてさらに快適になったので今度は難易度HARD&黒薔薇ルートで二周目をやっていきたく。

『電脳コイル』の録画消化完了。
前半のまったり具合も良かったですが(ヒゲの回が好きすぎる(笑))後半入ってからはサスペンスの連続で止め時が見つからず一気に最終回まで観てました(*´∀`) なんという神作品。

EGG MUSIC にアルシスソフト作品登場。
ナイトアームズ来た!個人的にX68Kゲームの音楽に番付するとしたら筆頭がこれですよ。(グラナダがタイで並んで、以下ボスコニアン・ソルフィース・ジェノサイド1といった感じ。) PCM使ってないのでX68Kゲーとしてはドラムが少し地味目ですが曲の芸風が好きすぎる。

| | コメント (0)

デスノートとかデス教徒とか沐浴

いまだにゲホゴホ、咳に血も混ざってきたので早上がりして医者の薬もらってきました。ギャース。

●帰ってTVつけたら映画『デスノート』後編始まったのでゆぐゆぐしつつ視聴。
後半の展開のアレンジ(高田の使い方とかラストの決まり手とか)が面白かった。冷静になればツッコミ所はあるものの、原作の第二部~ラストの要素も取り込みつつうまくまとめて収拾つけたのは大金星かと。

●360『アサシンクリード』
キングダムの旗99本、ダマスカスの旗99本、エルサレムの旗99本。(集める旗がブロックごとに分かれてるアッカのみコンプ)
本編プレイ中にうっかり取ってしまった旗をメモってなかったのが失敗だけど、ここまできれいに1本ずつ欠けてると実は100本目なんて存在しないのではと思わずにいられない(;´∀`)

●PSP『ユグドラ・ユニオン』
デスノ観ながら4章クリアして待望の沐浴ステージに到達。

    ∩
( ゚∀゚)彡 沐浴!沐浴!
⊂彡


……

いくじなし!SONYのいくじなし!

薄布まとっての入浴で北米版にあったバストアップ絵も無し。絶望した!

| | コメント (0)

さらにゲーム雑記

●PSP『DJMAX PORTABLE』インターナショナル版
チャチャッと「River Flow」(youtube)出そうとしたのですが。

wikiで出現条件確認したら13500コンボ(※韓国版の「Dreadnought」の条件)で、しかもDMP1のコンボ解禁って1つ条件満たすたびに0からやり直しなので 500+750+1000+1500+(中略)+13500=228750、安定してクリアできる低レベル曲が1曲400コンボとして約570曲…

 ちょΣ ノーミスでも軽く20時間以上!?

なんという誤算(;´∀`) DMP2にリンクさせれば「River Flow」自体はすぐ遊べる(ただしリンクモードではムービーが表示されない)ので、解禁諦めても買ったのが無駄になる訳ではないですが。


360『Rez HD』
条件がめんどい実績(通しプレイ6周クリア・スコアアタック30回クリア)以外は解除完了。
ゲーム内容はPS2版まんまでシューティングゲームとしては正直あまり面白くないけど、高解像度&高音質化でこのゲームの本分である雰囲気ゲーとしての存在価値がかなりグレードアップしてるので個人的には超ナイス移植かと。PS2パッドに較べてアナログの狙いがつけやすいのも良いです。
コンフィグで画面にグレア効果&音声に強めのリバーブを設定すると次世代感大幅アップでますます素敵。

| | コメント (0)

ゲームほか雑記

●360『アサシンクリード』
キングダム1周して集まった旗99本。健康人生終了\(^o^)/

●PSP『DJMAX PORTABLE』
通販で再入荷した1のインターナショナル版ゲット。発掘在庫か再販かは不明だけど、去年生産終了&ネトゲー終了告知(DJMAXは来月末で国内サービス終了)が出てからはプレ値転売しか見かけなくなってたので猛助かった。

 ファミコンプラザ(2/3時点でインターナショナル版は売り切れ)
 カオス館(リンク先ページ下のほう)

インターナショナル版の変更点はこちら(DMP wiki)。トータル曲数は減ってるものの消えた2曲はそれほど好みではないし追加された1曲は「Luv Flow」の絵師と「Brandnew Days(DMP2)」のアーティストの組み合わせなので押さえておきたかった(*´Д`)
ただ、いくつかの曲の歌詞にピー音修正が入ってる点だけはプレイしててどうにも気になるのでどっちか片方だけ持つとしたらやっぱり韓国版かも。

ちなみに韓国版とインターナショナル版はセーブデータ別扱い、あとDMP2にインターナショナル版をリンクさせた場合「Dreadnought」を選択すると「River Flow」が始まります。DMP2側ではスコアもプレイ回数も「Dreadnought」をプレイしたものとして扱われるみたい。(一方、「FeverGJ」にあたる曲は無いのでインターナショナル版でDMP2のアルバム全部埋めるのは多分無理)

●咳が治まらず今週末も大人しく録画消化。
といっても新番組ではなくて去年録りっぱなしだった『AFRO SAMURAI』全話と『電脳コイル』を6話まで。
アフロはファンタジックな残虐チャンバラシーンがてんこ盛りで面白かったけど、ストーリーが無いに等しい割に5話もあるので何度も観る気にはなれないかも。同じアメコミ調のアニマトリックス「ワールド・レコード」なんかは再生時間がお手頃でリピート視聴に超最高だったのですが。
電脳コイルはまだ世界観がよくわからないけど和みありハラドキありでこの先も楽しめそう。

| | コメント (0)

そして俺達は光になった

ぐむー、風邪治らんです('A`)
俺、キングダムの旗を100本集めたら元気になって外に出かけるんだ…

●今日ネット工事やってもらって回線が光になりました。これで箱の対戦ゲーもチリバツっすかね(゜∀゜)=3

●最近の購入漫画。

篠房六郎『ナツノクモ』#8(完)
打ち切り最終巻。知りたかった事は終盤のコイルや動物園の過去話でそれなりに埋められたけど、まだうまく説明つけられない点が残ってるし今まで馴染んできたキャラも名残惜しすぎ。どこかで続きやって欲しい…

皆川亮二『PEACEMAKER』#1
新作ガンマン道中記。のほほんタイプだけどバカ強い主人公とか見た目怖いけど愛嬌のある敵キャラとか、いつものパターンだけどやっぱり面白いです。ヒロイン幼女のプチヤンデレというかヘビ女っぷりというかそのへんもまた素敵。

『仮面のメイドガイ』#6
ツララさんのあんなセクハラこんなセクハラ大変おいしゅうございました(-人-)
しかし相変わらず文字密度が異常…1冊読むだけで通常の萌え漫画3冊分くらいの体力が奪われていく。

『コミックアライブ』3月号
先月のまりほりのドラマCD申し込むのすっかり忘れてて絶望した。さらに今月連載休み('A`)

「神太刀女」:独自部分(絵的なところではなくストーリーとか設定の)がまだ見えてない割に展開がマイペースなのが気になってるけど、期待できそうな新キャラ(ライバル?)登場でこれから盛り上がってきそうな予感が(゜∀゜)=3

「プリズムアーク」:初期はエロス&コメディ中心の展開とラフ仕上げな絵が食い合わせ悪く感じてたけど、開戦してからはかっこいい戦闘コマがバンバンつながるようになってかなり燃えてきました。戦争万歳。

「木田さんといっしょ」(読み切り):2コマに1ネタくらいの鬼ペースで進むギャグ物。ストーリーに無関係なネタだらけで1本の漫画にした意味があるのかは謎ながら雰囲気は好み。4コマ希望。

『コミックバーズ』3月号
コミックエールで気に入ってる「リスランタン~」の人がシリーズ読み切り開始。表情色っぽくてたまらん(*´Д`)

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »