« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

原稿おわた

VOCALOID本の参加原稿提出完了。超風邪っぽいのでサンダーフォースは明日の楽しみにしたく。
Dempa081031

ソウルエッジ+ソウルキャリバーI・IIサントラBOX(←Amazon)
11/6発売予定。このシリーズのサントラはキャリバーII・IIIだけ持ってるけど、個人的に印象に残ってる曲ってほとんどエッジと初代キャリバーに偏ってる上いずれもサントラにプレミアがついてしまってたのでかなり嬉しい。

HALO三部作サントラBOX(←海外Amazon)
海外で12/2発売予定。HALO1~3のサントラをセットにして『HALO WARS』の5.1chお試しトラックとムービーが入ったDVDをつけたものらしくボックスアートもかなり魅力的。あとはDVDのリージョンが気になるところ。

PS2『ゼロの使い魔』3作目(11/6発売)
発売一週間前にしてようやくファンタジーフォース2ndのプレイムービー公開。
以前予想してた「chibi-tech氏+メガドラ風サウンド」ではなくファミコンとPCエンジンのハイブリッドっぽい音だけど、曲調からいくとchibi-tech氏はちゃんと続投してそうな雰囲気が。

| | コメント (2)

絆地獄とか

原稿のほうが大詰めで夜中フルに使いたいのでしばらく落ちるかもです。
サンダーフォースとDJMAX-CE(結局通常版ゲト)もプレイは月末までお預け予定。

●DS『ケツイ デスレーベル』
ガッツリ通勤プレイ、VERY HARD(全ボス連戦)で初期残機8でギリギリドゥーム見れたとこ。つか「まだ上にもう1つ難易度があるしベリハはエヴァッカニアまでで勘弁してくれるかも…」と淡い期待を持ってたけど甘かった\(^o^)/ とりあえず明日からトレーニングモードで苦手なボス練習しま。

しかしこれケツイトレーナーとしても弾幕シュートレーナーとしても良くできてるっすね。特徴的な攻撃は(少なくともアケ版で倒せた4面中ボスまでは)オリジナルと同じ避け方が通用するし、ボムが点稼ぎに使える上毎ステージ最大数まで回復するDS版独自の「ボム使用は正義」仕様がDS画面ではどうしても避けにくい攻撃のフォローと「ボム抱え死に」の矯正を兼ねてるあたりが特に上手いと思った。

あとEVACレポート(箱ゲーで言うところの実績システム)面白すぎ。ネタ実績含めて秘密の条件が100個以上用意されてて実績解除の楽しさがわかる人にはかなりオススメです。
#ネタ実績「悲痛な叫び」の条件とか秀逸すぎる(笑)

●DS『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』
ケツイで中断してるけど現在NORMAL青22面。青ルート新キャラのエルマペルケたんがフミカネチックな顔立ちでズキュンときた。

| | コメント (0)

逃避雑記

●原稿中突然色塗りたくなって逃避ペタペタ。
Dempa081026_1_2
…呂布?

●さらについ合間に網とか尼をチェックしてしまう逃避。
マトリックスのBD-BOXの情報チェックしたら、海外で発売済みの同BOX(海外Amazon、以下同)がリージョンフリー&日本語音声入り・アニマトリックスも収録されててその上送料込みでも1万円未満(アニマトリックスが収録されてない国内版BOXを尼割引で買うより安い)とのことで、この機会に海外アカウント作って注文してみました。到着まで半月かかるけど上記が全部本当なら国内版買う理由はほぼ無いっすね…。あとトミイ先生の参加してるアメコミのハードカバーが出てたので一緒にポチ。

●今期アニメがどれも見所あってなかなか切れない件。とりあえず『とらドラ!』の楽しさと『かんなぎ』のエロスは異常。

あと1話目でさんざん文句言ってた『ラオウ外伝』までもが毎回変に面白い罠。お茶噴きまくりの4話目でほぼ確信したけど、このアニメって北斗本編の雰囲気を出そうとして失敗してるんじゃなく理不尽を大真面目に実行する「男塾」路線の可笑しさを狙ってるんじゃないかと思った。第1話に男塾1話と同じ直進ネタを持ってきたのもそのへんの意思表示だったのかも。

●ゲームは我慢中、DS『ケツイ』も購入したけど未プレイです。携帯機は通勤時間使えるので週明けから開始したく。

| | コメント (0)

最近漫画とかカブクワロボとか

●最近の購入単行本。

『GANTZ』#24
ぬらりひょん編継続中。岡の100点武器の数々(強化ガンツスーツなど)は面白かったけどそろそろ敵の強さのインフレが限界にきてる感が(;´・ω・`)

『神のみぞ知るセカイ』#2
今回のお題はアイドルと図書委員。攻略対象の面々は相変わらずギャルゲでメインヒロイン張れるくらいのラブ度なのですがその影でエルシィがジワジワと株をあげているのが油断ならないというか机で泣き溶けてる絵でズキュンときた(*゚∀゚)=3

『ハヤテのごとく!』#17
ついに「アーたん」の謎が明らかに。というか以前もイベント的なタイムスリップとか宇宙人とかの話はあったけど、以前から伏線張ってたこの話まで非現実系の話だとは予想してなかった。結末が気になるー

『タビと道づれ』#4
リリカル部分もミステリー部分も絶好調で面白いー。ミステリー部分については書けませんがとりあえずニシムラさんのポエムで俺のスカウターが爆発した。
そしてまたしても次巻が超気になるヒキで終了。きたないさすがきたない

『大人の手がまだ触れない』(18禁)(←リンク先:XOろぐ)
海野先生の新刊。どの話もテーマ&ストーリーを前面に押し出しつつ、けしからん場面も義務的どころか必要以上にけしからん感じに描いてるところにシビれてあこがれざるを得ない。各話の後にあるコメントページ(話のコンセプトや小ネタの解説)も面白いです。話的には「ロボットのゆりかご」のオチが一番好みでした。


カブ子クワ子解体してヘラクレス組んでみた。
Dempa081022_3 Dempa081022_4
『1ドルで楽しむべ!』

Dempa081022_0_3
Dempa081022_1_2 Dempa081022_2_3
最後の2枚は組み替えで余ったパーツをくっつけたプチ豪華版。
基本的にカブ子とクワ子の装甲パーツをバラして神姫穴でつないだだけで合体変形というよりはブロックの寄せ集め的な感じが強いけど、全身かなり好き勝手動くし単品のロボフィギュアとしての造型はかなりかっこいいと思った。

●1ドルといえば先日栄えある購入BD二弾として『ロボコップ ディレクターズカット』買ったのですが。
どのへんがディレクターズカットなのかwktkして観たらオムニ社員が撃ち殺されるシーンとマーフィーが撃ち殺されるシーンだけ豪華になってた。バーホーベン監督最高('A`)
あとこれ買った後に「2枚買うと1枚もらえるキャンペーン」の記事見てションボリ…でも今からでもダイハード2・3買って1をもらうとか魅力的かも。

| | コメント (2)

絶命異次元とかみくみく2号とか

●アジア360『Dead Space』(gamespark)ゲト。
1章クリア時点ではゲーム的には普通のおつかいTPS(視点はバイオ4タイプ)だけど、ホラーゲーらしい照明やSF的演出(メニュー画面や仲間との通信映像が別画面じゃなく自キャラの斜め前の空間にバーチャルディスプレイとして開くとか)など見せ方がかなり凝ってて楽しい。微妙に弐瓶勉っぽいセンスの自キャラスーツもかなり燃え。

●DS『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』
やっとアイテム全回収で青14面ボス撃破。ここにきてようやくハイスキルと「L.I」「C.I」パラメータの重要性がわかった…(;´∀`)

●二次出荷予約してたグッスマ初音ミクが降臨。ラヴィ(゚∀゚)=3
figmaミクもだけどツヤ消し肌とツヤツヤ衣装の組み合わせは実にけしからんと思いました。
Dempa081019_0 Dempa081019_1
つか今VOCALOID企画本用の原稿やってるのですが何この進捗チェックに本人が乗り込んできたかのような素敵シチュエーション。

| | コメント (0)

ゲーム雑記

●某マップで新型PSP-3000+S端子ケーブルをレジに持っていったところ「ゲーム画面はS出力できませんがよろしいでしょうか?」と言われてあわてて購入中止、でも後でネットで調べてみたらやっぱり出力できるらしい罠('A`)
で、週末また買いに行くべきか考えてたところDJMAX新作(Clazziquai Editionのほう)のサントラ付限定版が新型PSP同梱パックだと知って様子見決定。結果的には店の人が間違えてくれて助かった(;´∀`)

●DS『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』
二周目NORMAL青ルートの14面(第三ボス戦)でハマリ中。ボス倒すだけなら楽勝だけどアイテム全回収を狙うとかなりシビアな詰め将棋+面倒な弾避けを要求されてリトライ連発…。

ときに二周目は一周目で聞いてる余裕なかったポーズトーク(ステージ中に味方騎士や村人にカーソル合わせてポーズすると他のキャラについて一言語ってくれる)をチェックしてるんですがこれがかなり面白い。
このゲームって本筋のストーリー自体はかなり薄いし味方騎士も基本的にただのコマだけど、ポーズトークが集まるにつれて生前の人間関係や意外なつながり(一周目終盤で仲間になったキャラの幼馴染が序盤の村にいるとか)がわかってきてジワジワと愛着が…できるなら全キャラの関係を把握するとこまでいきたいなぁ。

『Command & Conquer: Red Alert 3』最新トレイラー(gamespark)
日本軍といえば巨大ロボと超人女子高生ですよねー

| | コメント (2)

週末とか最近アニメとか

●週末は母校の漫画サークルの大飲み会にOB参加。久々の顔ぶれや直接知らない代の人と話せて楽しかたー。

●新番組消化。

『ガンダム00』:旧キャラもガンダムも出し惜しみ無しで好感。1期かなり楽しめたのもあって一番期待。

『キャシャーンsins』:あらすじも絵の変更も放映前は微妙かなと思ってたけど実際に動いてるの観たらかなりいける感じ、特にブライキングボスを狂言回しに使ってるのが面白いと思った。シリーズ構成が小林靖子(電王の人)ということで先の展開も楽しみ。

『喰霊 零』:原作未読。絵柄の好みと1話ラストのインパクトで期待。

『ONE OUTS』:この枠でこの雰囲気+萩原ボイスということはアカギを期待してOKっすよね。面白いけどこの枠は時間変更で追えなくなる可能性高し。(2話はTVつけてたおかげで後半別録りでなんとか助かった(;´∀`))

『魍魎の匣』:いや関口はもっと不健康そうな陰気具合で木場は銭形並みのゴツさであっちゃんは庶民的な顔で、的な脳内イメージとの差はどうしても出るけど充分許容範囲というか加菜子マジ美人。問題はこれも時間変更についていけるかどうか。

『とある魔術の禁書目録』:インデックスかわいいよインデックス。

『とらドラ!』:1話時点では大河に腹立ちまくりで見ては消しコースかと思ったら2話の即デレで微妙にときめいてきらめいた。あと藤ねえを若く可愛くしたみたいなサブヒロインがハジケまくりでツボ…おや何だろう背後から竹刀の音が。

| | コメント (0)

いんざな一周とか最近ゲー

DS『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』
EASYで一周クリア。ユグドラのマゾさを考慮してEASYにしてたけど本当に最後までまったり難度でシステムの妙を堪能できなかったので、ユニット引き継いで青シナリオ(一周目のエンディングを受けて出てくる裏キャンペーン。マリアをはじめ味方の顔ぶれが大幅入れ替え)をNORMALで開始。
EASYでは各ステージの制限時間が一律26ターンだったのが5~9ターンになってたりVit(ユニット寿命。ゼロになると消滅)の減りが5倍になってたりでユグドラのシリーズらしい縛り具合になってきた(*´∀`)

現在8面までで早速ヨハンとミシェルをVit0.2まで使い倒して生贄用に貯蔵中。この2人をはじめ赤青シナリオの両方で仲間にできるユニットって全体的に初期Vit低めなのを見ても明らかに生贄要員なので方針的には悩まなくて済むけど、そういうのに限って特に見た目のいいキャラだったりするのが困る(;´∀`) 俺、いつかHARDクリアしたらクリームヒルトたんを育て上げるんだ…。

海外PSP版『ユグドラ・ユニオン』
いつの間にか出てた。すわ沐浴確認と思ったら国内版のセーブデータ使えなくてションボリ(´・ω・`) イチからやると結構時間かかるのでまたいずれに。とりあえず英語音声かこいい。

●家ゲーは360『インフィニットアンディスカバリー』がストーリー後半・システムに「月の雨」が追加されたとこまで進んでますがそろそろプチ原稿にとりかかるのでしばらく止まりそうな予感。

●ゲームショー新ネタチェック。個人的に新たに気になったのは『龍が如く3』と『プリンス・オブ・ペルシャ』ですねー。龍は『2』が積みっぱなしなので早めにやっておかねば。

参考リンク:『龍が如く3』TGSトレイラー(youtube)
 2:45あたりからの凄い勢いで携帯打ちまくる桐生さんに惚れた。

| | コメント (2)

SIC電王

●S.I.C『電王ソードフォーム&モモタロスイマジン』
写真を吟味したところ関節が先日のMRバットマン仕様に近そうだったので決断ポチた。
Dempa081009_0 Dempa081009_1
バットマンより多少関節の保持力が弱めだけどそのへんは個体差かも。とりあえずよく動くしかっこいいし大満足。

Dempa081009_2
プラットフォーム。バックルの向き間違えたのは秘密。

『サンダーフォースVI』新PV
うむー、これ系のTAMAYO曲って画面の雰囲気に合ってなんぼでPVのBGMとしてベタ流しにするようなものじゃないと思うのですが。あとストーリーが凄まじく不安になってきた。
過去作で見たようなシーンが多いのは相変わらずだけど艦隊戦(元ネタはIVの3面?)のカメラがグリグリ動いてるのはかなり燃え。

| | コメント (0)

P.S.すりーさん

ちょう風邪っぽい。

『P.S.すりーさん』ゲト。
Web漫画に書き下ろしを追加した単行本。広告見た時は風刺っぽいお笑い物かと思ったのですが泣ける話とハートフルな話だらけで良い方向に裏切られた。つかゲーマー視点で読むと涙が止まりませぬ。
俺…今夜はPS3を起動するよ!そしてDVDを再生するよ!

ちなみに漫画を読むと苦境の「すりーさん」に情がわくのですがキャラ的には「はこまるさん」派です。コンサートで肉片だと思われたい。

| | コメント (2)

我が家の下乳さま

下乳さまが降臨なされたので上乳さまとツーショット。
Dempa081005
同時発売の軽白子は買ってないけど、某板に貼られた背面画像みたらバックパックがかなりかっこよさげで気になってきた。

●今期アニメの1話ざっと予約完了。続投分も合わせて今週だけで20本以上録画とかこのふざけた時代へようこそ。

とりあえずラオウ外伝から観たけどラオウの覇気のない声でひとしきり悶絶した後一人ボケツッコミ(「聴くが良い、我が琴の音を… …… 琴など弾けぬわッ!」)でお茶噴いた。これ本当に正史なのか('A`)

| | コメント (2)

MRバットマンとか雷電の弾の件とか

MRバットマン開封。現物で見るとスーツの表面処理が超かっこいいー
各所にきちんとした関節部品(ヒジ・ヒザは二重関節、肩口は二軸可動、頭・手足首・肋骨下は多分ボール関節)が仕込まれてて自然なポーズが取れるのもポイント高し。最近のSICもこんな感じなのかなぁ。
Dempa081002 Dempa081002_2
バットポッドもかっこいいけどこのまま走ると後輪がマント巻き込んで大惨事になりそうな予感が(;´∀`)
ちなみにタイヤの底が丸いので平地でうまく釣り合い取るかディスプレイスタンド使わないと自立不可。


●360『雷電IV』
前回の「任意左右スクロールで敵弾の弾道が変化して見える」件。

まずニコ動にちょうどいい高画質動画があったのでリンク。0:50頃に右上に出る3台の戦車のうち一番上の車両が撃った弾は実際はまっすぐ真下に飛んでるんですが、自分の動きに合わせて右にふくらんで戻ってくるように見えないですかね。

で、症状を確認したところでシークレットファイルの解説を再度見てみたけどやはり微妙に納得できない感が。
解説文やシチュエーション例は戦車の発射した弾が「3D座標上で戦車のいる高度を水平に飛んでいる」のを前提にしてるとしか思えないんですが(前回の「仕様に問題あるんでは」発言はそこを指してた)、画面見た限りでは弾は画面に出ると同時に2D縦シューの弾と同じ扱いになって3D空間からは切り離されてるっぽいし解説でも「弾は2D処理」と書かれてるしむむむ。

まあ3Dと2Dで考え方は変わるものの(前者は「地上物と空中物の遠近感の差」、後者は「地上物と弾の座標系の違い」)任意横スクロールによって弾と戦車の位置関係が変化することで錯覚が起きるという解説は間違いないと思います。

以下、弾が2Dだった場合限定の話。

地上物と空中物の遠近感が関係ない場合「何故2Dの雷電と3Dの雷電IVで後者にだけ錯覚が起きるのか」という疑問が残りますが、それについては「IVは視点自体に軽いパースがついてるため、地上のパース線と弾の軌道の間にツェルナー錯視(wikipedia)が起きている」という説をひとつ。

ポイントは↑wikipedia解説にある「羽(交差線)の角度が鈍角であるほど、錯視は顕著になる」のくだり(※確か45度以下限定だったはず)で、雷電の場合たぶんこんな感じ。(パースは実際の画面よりオーバーにしてます)
Dempa081004_raiden
雷電IIまでは垂直見下ろし視点なので左右に動いても弾と地面の絵の角度は変化しません。また、雷電III(やレイフォースやシルフィード)はパースがついてるので錯視自体は起きてると思いますが、任意横スクロールが無くずっと左図のままなので「弾が急に曲がって見える」ような錯視量の変化は起きないんじゃないかと。

| | コメント (3)

雷電IVとか月末雑誌

●360『雷電IV』購入。
INH特典のシークレットファイルは敵紹介とメカ原画集が中心の内容で攻略上の有用度は低め。ただ、付属サントラのアレンジャーコメントやCDジャケット用画像も一緒に収録されてるので押さえて損はないかと。(というかアレンジャーのコメントは店舗特典じゃなく説明書かせめて雷電ブログに載せるべきでは…)

あとスタッフコラムで『任意左右スクロールで敵弾の弾道が変化して見える現象』について動画つきで詳しく解説されてました。まだゲームをやってなくてピンとこないので(解説読んだだけだと錯覚ではなく普通に仕様の問題に見える)、実際の現象を確認してから再度読んでみたく。


●月末雑誌ダイジェスト。

アフタヌーン
『百舌谷さん逆上する』:タマ姉の本能ダダ流しの生きざまがまぶしすぎる(*´∀`)

コミックアライブ
新連載『Oz』:電脳世界(見た目は現実まんまで普通に社会生活の場として使われてるという設定)を舞台にしたアクション物、話がサスペンス重視な方向に進めばツボにはまりそうな予感。

『神太刀女』:乙輪さんvs羽々斬丸。羽々斬カコイイ(゚∀゚)=3 しかし来月休載でその次の号の直前に単行本発売ってタイミングがえらい微妙な気が…

『プリズムアーク』:ラストページの引きで超燃えた。ここで○○が味方につくとは…!

不定期連載『こあくまメレンゲ』:順調にページ増加中、前回からよつば+ましまろ的な方向にシフトしてきてるけどこれはこれで。ドス黒い妹の再登場にも期待。

『まりあほりっく』:シリアス気味の本編+コント話でまさかの合計48P。アニメ化するとはいえやる気復活しすぎ(;´∀`)
Dempa081002_0
茉莉花さんのモンハン観。もうやめて、アイルーのHPはゼロよ!(うちのアイルーも)

コミックバーズ
『ねくろまねすく』:過去編過去編で盛り上がり中、というかラストからして今月で過去編は一旦終わりですかね。ノラの話の続きが気になる…

読切『争い』:シュール系のお笑い漫画でおそろしくツボった。何号か前に載った赤頭巾の漫画も面白かったしこの方(沼田雄一朗)超期待。

| | コメント (2)

恋姫DVDとか(訂正つき)

『恋姫無双』DVD1巻通常版ゲト。
TV放映版から風呂の湯気をなくしたノーマル版、さらに劇中のSDシーンを普通のキャラに描き直したDVD版、自粛版(SDあり・湯気あり・一部エロいシーン変更)の3バージョン収録。ただし自粛版はメニューで選択できなくて、「タイトル3」をリッピングして焼いたら見られたけど正式な観賞方法は今のところわからず。
あとDVDのフォルダに描き下ろしのラフ絵画像と壁紙(TVで次回予告後のエンドカードに使われた絵)が入ってました。ラフ絵の水着ハムかわいいよ水着ハム。

※10/3追記:「TV愛知版」→「自粛版」に訂正しました。愛知版のエロスシーン変更は入ってるけど湯気の量は愛知版ほどひどくなかった。

『Halo 3 Italian Spiderman』(youtube)
イタリアンスパイダーマンのPVをHALO3で再現したもの。上半身のグラインド動作での演技とかよくできてるなぁ。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »