« 雷電IVとか月末雑誌 | トップページ | 我が家の下乳さま »

MRバットマンとか雷電の弾の件とか

MRバットマン開封。現物で見るとスーツの表面処理が超かっこいいー
各所にきちんとした関節部品(ヒジ・ヒザは二重関節、肩口は二軸可動、頭・手足首・肋骨下は多分ボール関節)が仕込まれてて自然なポーズが取れるのもポイント高し。最近のSICもこんな感じなのかなぁ。
Dempa081002 Dempa081002_2
バットポッドもかっこいいけどこのまま走ると後輪がマント巻き込んで大惨事になりそうな予感が(;´∀`)
ちなみにタイヤの底が丸いので平地でうまく釣り合い取るかディスプレイスタンド使わないと自立不可。


●360『雷電IV』
前回の「任意左右スクロールで敵弾の弾道が変化して見える」件。

まずニコ動にちょうどいい高画質動画があったのでリンク。0:50頃に右上に出る3台の戦車のうち一番上の車両が撃った弾は実際はまっすぐ真下に飛んでるんですが、自分の動きに合わせて右にふくらんで戻ってくるように見えないですかね。

で、症状を確認したところでシークレットファイルの解説を再度見てみたけどやはり微妙に納得できない感が。
解説文やシチュエーション例は戦車の発射した弾が「3D座標上で戦車のいる高度を水平に飛んでいる」のを前提にしてるとしか思えないんですが(前回の「仕様に問題あるんでは」発言はそこを指してた)、画面見た限りでは弾は画面に出ると同時に2D縦シューの弾と同じ扱いになって3D空間からは切り離されてるっぽいし解説でも「弾は2D処理」と書かれてるしむむむ。

まあ3Dと2Dで考え方は変わるものの(前者は「地上物と空中物の遠近感の差」、後者は「地上物と弾の座標系の違い」)任意横スクロールによって弾と戦車の位置関係が変化することで錯覚が起きるという解説は間違いないと思います。

以下、弾が2Dだった場合限定の話。

地上物と空中物の遠近感が関係ない場合「何故2Dの雷電と3Dの雷電IVで後者にだけ錯覚が起きるのか」という疑問が残りますが、それについては「IVは視点自体に軽いパースがついてるため、地上のパース線と弾の軌道の間にツェルナー錯視(wikipedia)が起きている」という説をひとつ。

ポイントは↑wikipedia解説にある「羽(交差線)の角度が鈍角であるほど、錯視は顕著になる」のくだり(※確か45度以下限定だったはず)で、雷電の場合たぶんこんな感じ。(パースは実際の画面よりオーバーにしてます)
Dempa081004_raiden
雷電IIまでは垂直見下ろし視点なので左右に動いても弾と地面の絵の角度は変化しません。また、雷電III(やレイフォースやシルフィード)はパースがついてるので錯視自体は起きてると思いますが、任意横スクロールが無くずっと左図のままなので「弾が急に曲がって見える」ような錯視量の変化は起きないんじゃないかと。

|

« 雷電IVとか月末雑誌 | トップページ | 我が家の下乳さま »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

「任意左右スクロールで敵弾の弾道が変化して見える」とは、凄い所を見ていますね。
遊んでいるときはそんなに気になりませんでしたが、動画を見ると確かに曲がって見えますね。

地上物だけパースがついているので当然かもしれませんが、
この動画を見た感じだと、空中物と地面とのスクロールスピードの差の問題に思えますがど~でしょう?。
2Dゲームでもたまに見かけますが、地面のスクロールが空中よりも遅いのに敵が弾を撃った瞬間に
空中物扱いになるため左右のスクロールと同期が合わず、ずれて見えるアレな感じがします。
この状態で背景だけパースがついているので、弾の起動が変に見えるのかなぁ?。
素人考えなので、的外れな事を言っているかも知れませんが…。

しかし、一度この手の事が気になると、ゲーム中ず~っと考えてしまいそうで怖いデスね。
未だに4面が越えられないのに…(笑)。

投稿: 1BA | 2008.10.05 02:14

初代雷電の頃から、自機移動とスクロール?がズレるのはみょーに苦手で
雷電シリーズをちょこっとやってはすぐに投げてた理由だったりしますよ

CAVEの処理だと気にならないんですけど
平面的だからこういった処理してるのかな?

雷電の画面端近くで自機が止まって、
空中物(+弾)と地面が視覚的にズレて、
それでいてスクロールに押し戻されるような感覚がー
内部処理的には正しい位置で移動してるんだろうけどニガテです

投稿: 安堂ひろゆき | 2008.10.05 05:24

>1BAさん
記事書いた時点では弾は空中物になってる訳ではない(空中物になったならカメラの左右移動に合わせて弾が左右にグリグリ蛇行するはず)ので遠近感は関係ないと思ってたのですが、言われてみると弾の速度自体に遠近感が反映されてないというのも違和感の原因になるかもしれませんねー。同じ2D扱いでも地上物の弾だけ全体的に遅めにすると少し違った感じになるのかも。

#あ、シークレットファイルに「遠くの弾ほど速く見える」と書かれてて普通逆だろうと思ったけどもしかしてこの事だったのかも…だとすれば遠近感の説明から入ったのもなんかわかる気が。

雷電IVは同じく4面止まりです。「ここでお帰り下さい」と言わんばかりの3ボスがきつすぎる(つ∀`)
でも音楽燃えるし3面あたりから激闘感あってかなり楽しいですねー。


>安堂さん
今CAVEシューの動画見てみましたが、あっちは地面の左右スクロールに合わせて全ての弾が左右移動してたんですね。弾がスクリーン座標上で蛇行することになるのでそっちのほうが避けにくいかと思ったけど実際は逆だったのか…勉強になります(゚∀゚)=3

でもこれは空中物の弾を地面の高さに飛ばすのと同義なので3Dには使えないなぁ…CAVEシューが今後3D化する時にどうするのか(orあくまで2Dにこだわるか)気になります。

投稿: さぼり@管理人 | 2008.10.05 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷電IVとか月末雑誌 | トップページ | 我が家の下乳さま »