« ブランディッシュ表クリア | トップページ | 新番組雑記 »

最近漫画

長期休暇は延期したけど月曜だけ休み取りました。でも(まだざっと目を通しだだけだった)新版ウォッチメンを読みつつHDDレコーダーの中身をDVDに逃がしてたらあっさり夜に/(^o^)\


●最近単行本。

『アスクレピオス』#2, #3(完)
本編の話は連載時のままだけど3巻に本編の裏エピソードの描き下ろしあり。本編ネタバレになるので詳細は避けますが最終回でひっかかってた部分が納得できました。併録の読みきり2本(片方はアスクレピオスのプロト版)も面白かった。

『キミタカの当破!』#2(完)
打ち切り終了、気に入った漫画が次々2~3巻で終わってしまうおかげでうちの本棚に珠玉の中編コーナーができあがっていく…(;´∀`) まあ本誌で読めなくなるのは残念だけど短時間で全話読破の満足感が得られるのでこれはこれで。
しかしあらためて読んでも超熱く、何故ライバルのラインナップ中でこれが切られたのか不思議でなりませぬ。


●月末~月初雑誌。

『アフタヌーン』5月号
「菱川さんと猫」:萩尾望都の、原作つき新連載。化け猫が何をしたかったのかがイマイチ謎だけど(化けた後に菱川さんの印象が変わったような描写は無いし、眼鏡っ娘に霊感がなければ菱川さんが春まで普通に働いてるだけで終わってたはず)、それでもいい話として読めてしまうあたりは大御所の貫禄ですかね。
「ACONY」:単行本でバックグラウンド掴んだら急に読むのが楽しみに。
「ぢごぷり」:唐突に過去編、金髪お嬢やケモ耳少女が出てきて急に華やかに。今回「第0話」なのとそろそろ単行本が出る事から想像すると、これから過去編に突入する訳ではなく単行本のオマケページを本誌に掲載してるような形なのかも。

『コミックアライブ』5月号
「神太刀女」:先月の延長戦。琢磨とはがねにそれぞれ人間と刀を破壊させたのがポイントなんだろうけどここからどういう方向に話を進めるんだろう。
「ディーふらぐ!」:マゾメガネ初登場の回で気になってからチラチラ読んでたのですが今月いきなり笑いのツボにヒット。胸ってすげー

『まりあほりっく遠藤海成DX』(アライブ増刊)
表紙の「描き下ろし100P超!」を見ていやいや本誌落としまくってるし全プレの小冊子ですら1年以上待ったのに何のご冗談と思ったら本当に「まりほり」だけで80Pオーバーの描き下ろしコミックがΣ 驚愕するとともに本誌落としまくってる理由が逆に納得できました('A`) 春からは通常ペースに戻ると期待してていいのかなぁ。

『コミックバーズ』5月号
連載入れ替えがいっこうに落ち着かないんですが(来月も最終回&新連載あり)一体どういう雑誌にする気なんだろうか('A`)
「外つ神」:斉藤岬の新連載。日本式の退魔モノで同誌の「カテゴリ:フリークス」とのバッティングはいらぬ心配でした。「DRUG-ON」打ち切った意義はともかく、とりあえず斉藤絵の新キャラ見られるのは単純に嬉しい。
「ねくろまねすく」:アミ復活、着替えまで女装なのがさすがこの漫画のキャラと言わざるをえない(;´∀`) でもかっこいい。

『少年ライバル』5月号
毎月同じこと書いてますが「エンマ」が相変わらずひねられてて面白い。あと「アイマスブレイク」で貴音&響登場。ゲームよりも黒井社長の洗脳が進んでる感じで美希も寝返りフラグ立っててなかなか気持ち的に辛いものが(つ∀`)


●じっくり読んで初めて気がついたけど新版ウォッチメンの247ページに誤植が。(2コマ目の「黒の船」の文が1コマ目と同じ「飢えと渇きに~」になってる。旧版では「デビッズタウンの大通りを駆け抜ける、刺青だらけの悪漢ども。その残虐さを思い、たまらずうめき声をあげた」)
これって重版では直ってるんですかね。

|

« ブランディッシュ表クリア | トップページ | 新番組雑記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブランディッシュ表クリア | トップページ | 新番組雑記 »