« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

またもゲーム雑記

●海外XBLA『ウォレスとグルミット』#1体験版クリア。
ポリゴンキャラを操作して限られた空間の中をフラグ立ててまわる昔懐かしいアドベンチャーゲームで、正直ちょっとダルいしクレイアニメのキャラもポリゴンにしてしまうとロマン半減。(クレイアニメの表面のガサガサ動く感じを法線マップいじるなりして表現したら結構面白いと思うのですがが)

でも動きはちゃんと原作を再現してるし(ウォレスの手を肩のあたりでプルプルさせながら歩くモーションとか最高すぎる(笑))、体験版ラストのプロモムービーでいつものテーマソングがかかるとフラフラとポチりたくなる衝動が(;´∀`) 北米ゲイツあまり残ってないので悩む。

●PS3『デモンズソウル』
ようやっと1-2のボス倒してレベル差が埋まったので会社の人とマルチ決行。
元々「知らない人と気楽にマルチできるよう最低限のコミュニケーション手段しか入れてない」ゲームだそうで(ジェスチャーのみ可・チャットは無し)それだとフレとプレイする場合に不便なんじゃないかと思ったけど、やってみたら戦闘の合間にPS3本体メニューを呼び出してメッセージでやり取りする方法でも特に支障なしでした。

ただ、知人とマルチする手順が結構ややこしかった。
このゲームって1回死ぬと「ソウル体(HP半減の呪い状態みたいなもの)」になって貴重品アイテムを使うかどこかのボス倒すまで生身に戻れないんですが、協力プレイは生身キャラがソウル体キャラを自分のフィールドに招待する形でおこなうので、例えばボス戦などきつい所を手伝ってもらいたい場合は

 1) アイテム使うなり自殺するなりして「助けられるほうが生身・手を貸すほうが
   ソウル体」という状態を揃える

 2) 攻略したいマップ上の待ち合わせ場所を決め、各自でそこに行く

 3) ソウル体側が専用アイテムで「召喚して下さい」サインを出す

 4) 生身側のフィールドの地面にフレンドのサインが出たら召喚、
   出なければ違うサーバにいる可能性があるので一旦ゲーム抜けて 2) に戻る

といった感じ。
でも、野良よりセッティングに手間がかかるおかげで知人同士ログインしていても「共闘は気が向いたら」くらいの空気でプレイできるのでこれはこれで気楽で良いかも。

●PSP『ブリーチ ヒート・ザ・ソウル6』
チャンピオンシップAランク埋め完了。マユリの実験体集めでラストが織姫なので甘く見てたら、自分で体力回復するわ椿鬼はガード不能っぽいわ近寄ると空手突きが炸裂するわこちらがパワーアップするとちゃんと間合い取るわで5回くらい返り討ちにあってびびった(;´∀`)

| | コメント (2)

ゲーム雑記

PSP『初音ミク』店舗特典公開(4Gamer)
いくらなんでも種類多すぎないっすか(;´∀`)
うちは尼予約してたので大したものはついてなさそう。

XNA製ゲーム『Elysian Tail: Dust』のクオリティが凄い事になっていると話題に(GameSpark)
うおおなんかすごいヌルヌルと

『Ghostwire』DSi向けに発表(GameSpark)
携帯アプリ版のトレーラー見たらホラーゲー的に超楽しそう。


●『アイドルマスターDS』(ファミ通フラゲ)
また新しいプロダクションとアイドル登場、961アイドルは765プロに合流との噂。

ネオ秋月「さあ、俺の相手はどいつだ?」
亜美「よし、ここはワシの出番じゃ-っ!」
真美「何ぬかすワシが先じゃ-っ!」
響「ここはオレに任せてもらおうか」
亜美真美「お、お前は響-------ッ!!」
やよい「フッ、元プロジェクト・フェアリー我那覇響…奴の餌付け攻撃の恐ろしさは
     かつて戦ったこのオレがよく知っている」
響「最初から全力で行くぞ!くらえ、沙亜多亜暗蛇戯威!」
ネオ秋月「?フフ、どんなご馳走かと思えば辛党の俺に揚げ菓子とは笑止千万」
響「勘違いするな、これは貴様へのエサではない…いぬ美!食っていいぞ!」
いぬ美「ばうー」ボリボリボリ
ネオ秋月「ぎゃわあああ~~~っ!」
響「You are not my much.(メじゃないぜ!)」

みたいなのをゾマリ5人にフルボッコにされながら連想しました。万歳藍染様万歳。

●PSP『ブリーチ ヒート・ザ・ソウル6』
チャンピオンシップAランクをジリジリと進めてたらSランクでてきた(;´∀`) 調べたらどうやらSSSまであるらしい。

しかしこれやってると30巻付近で手放した原作をまた読みたくなってくるから困る。あとクリア優先時に一護+茜雫タッグ使いまくってたら愛着出てきたのでレンタルででも劇場版1作目観てみようと思った。

| | コメント (0)

月末漫画

『危機之介御免 ギヤマンの書』#1
マガジンZから電撃黒マ王へ移籍しての新シリーズ。旧シリーズのような1~3話ごとに完結する形式ではなく完全な続き物になって、現代ネタ(チャット・コミケ・引きこもりなど)を時代劇設定で再現する面白世界観もあまり前面に出さなくなってるけど相変わらず読んでて楽しいー。新キャラの玄白と糸さんも良キャラすぎる。

コミックアライブ7月号

『RE:BIRTH』(新連載):林達永(「黒神」「鬼姫VS」の原作者)+李秀顯(「鬼姫VS」作画)の新作。
少年が何者かに仕組まれたバトルロイヤルゲームに巻き込まれて一旦殺されて生き返ってさあ戦えというまんま「黒神」バリエーションなのですが、主人公を守るヤンデレ姉がこの話のキモらしく次回へのヒキも気になる感じだったので期待。

『神太刀女』:ミステリアス兄貴かこいい。サブキャラがちゃんと本筋に絡むようになったり戦い進んで頭数が減ったりでだんだん話的に締まってきてる感が。あと今回の、味方が優位な状況で敵が起死回生の攻撃をかけてくるというのは最近あまり見ないパターンで面白かった。

アフタヌーン7月号

四季大賞の『NO MAN IS AN ISLAND』が熱かった。これは次回作以降も大期待。

『シドニアの騎士』:面白かったはずなのに尿管しか覚えてない不思議。

『百舌谷さん逆上する』:竜田兄弟が最高すぎる(笑) あと机のフィギュアがアルターのシャロンしかわからんので今度ゴッドに鑑定してもらおうと思った。

『無限の住人』:尸良フォーエバー。良い最期だった…。

| | コメント (0)

ゲームとか動画実験

●PS3『デモンズソウル』
初心者向けキャラだと思って最初に騎士を選択してたところ、実は貴族で始めたほうが今後も数段楽らしいのでやり直し。魔法のおかげでほとんどガチ接近戦せずに進めるので超楽(*´∀`)=3 まあ多分そのうち魔法が通じない相手とか出てくると思いますが、その時は騎士の経験が生きるに違いない。

●PSP『ブリーチ ヒート・ザ・ソウル6』
ストーリーモードの隠しステージ全部出してクリア率100%達成。チャドvsガンテンバインでA出すのが超きつかった。「俺は自分の中の攻撃の力を見つけることができた…」とか言って何で超必殺技が当て身なのこの人('A`)
チャンピオンシップはAランクで連続敗退中。決勝付近になると敵が急に強くなるのが納得いかないけど、Bランクまではほとんどハメ同然で勝ててシステム的に何が何に強いのかさっぱりわからなかったのでようやく格ゲーっぽく色々試せるようになった感じ。


●せっかくPC新しくしたので以前スペック的に断念した動画キャプチャやってみました。ブツは以前メッシュ表示やOggVorbis再生のテスト用に作ったシューティング風ハリボテ。

アプリテスト動画(WMVファイル985KB、音出るので注意)

目ぼしいソフトをいくつか試した感じアマレココで録画してから希望のフォーマットに変換するのが一番良さげ。とりあえずWindowsムービーメーカーでWMV化したけど、Windows以外で再生できるかわからない&縦長のデータでも4:3に変換されて横長になってしまうのが微妙。
画質自体も同じ1MB(ココログで一度にアップロードできる最大サイズ)でも調整次第でこれより全然きれいになるはずなのでニコ動のキャプ教室動画とか見てもそっと勉強したく。

| | コメント (0)

週末雑記

●PS3『デモンズソウル』
会社の人に誘われて開始してみるも最初の中ボス倒してレベルアップが解禁されるまで半日かかり、週末は知人マルチに辿りつくことなく燃え尽きました(つ∀`) これは予想以上のマゾさ。
とりあえず油断すると即死ねる緊張感や暗くてストイックな雰囲気がかなりツボなのでチマチマと頑張っていきたく。

『コジプロ、ティザーサイトのカウントダウンが終了も…新たなカウントダウンが出現』(PS3 FAN)
…もうファン的にゴールしていいっすか(#^ω^)ビキビキ


●最近単行本。

『わたしの大切なともだち』#1
長年友情にヒビの入ってた友達が記憶喪失で野性キャラ化、という導入の学園モノで、再び仲良くなったはいいけどいつ記憶が戻るかビクビクしたりそんな自分を嫌悪したりといった主役の心情がいい感じ。橘ちゃん(野性化後)かわいいよ橘ちゃん。

あと同じwebコミックハイの『アンニョン!』の2巻(完)が来月発売らしく光速で予約した。

ジョージ秋山捨てがたき選集『海人ゴンズイ』(←リンク先:BLACK徒然草さま)
昔週刊ジャンプでやってた漫画。前半のエロスバイオレンスもインパクトあるけど、それ以上に中盤の唐突な「島の子供達との交流話」への路線変更が印象的でした。その変更もたった1コマでライバル含めた前半のサブキャラ全員退場とかあんまりすぎる(笑) 後半は正直グダグダでもう1本収録の読み切りもラストで「あれ、これで終わり?」みたいな感じだったけど、いずれも海洋生物のウンチクがいい味出してると思いました。

あと巻末のジョージ秋山へのインタビューで「ここはこれこれこういう事情や狙いがあったんじゃないでしょうか?」→「いや、ぶっちゃけ適当に話考えたので覚えてないし。もう終わっていい?」の応酬に噴いた。

『Under the Rose』#6
後半マーガレットさん絡みの大展開で面白かった。あと巻末の『マーガレットさん』が前巻で完結して今回は『アグネスさん』(パーティに来てた身重の夫人)『グレンさん』(と言いつつ主役は双子ロリ)の二本立て。アグネス夫妻おもろい。

『未来日記』#8
雪輝マジ外道(;´∀`) 今まで由乃に任せっぱなしだった汚れ仕事を自分でやる覚悟ができたという点では前よりマシなのかもですがが。

| | コメント (4)

雑記

『デッドスペース アイザック7インチアクションフィギュア』(あみあみ)
光速で予約した。しかしこの覇気のない立ちポーズは(;´∀`) アイザックは戦闘員じゃなくて整備のおっちゃんなので設定に合ってるといえば合ってるのですが。


●新PCへのアプリ&データ移行完了。旧PCが飛んでも安心になったのであらためて調子がおかしい原因を調べたい所存。

箱の積みゲーが増えてる(加えてデモンズソウル始めるかもしれない(;´∀`))ため今最新のPCゲーを買う気は起こらないけど、以前マシンスペック足りないけどソフトだけ買ってた同人ゲーの『Exception』が超快適に動くことは確認。やたー
PCゲーといえば以前やりたいと書いた『Cryostatis』(リンク先:PCゲーム道場さま)は記事見直したらnVidiaのPhysX使えるカード積んでないと到底快適にプレイできないっぽい(´・ω・`) そのうち値段こなれるのを待ってビデオカード変えるしかないか。

| | コメント (0)

鰤ゲ雑記

風邪っぽいので定時であがってグッタリまったり中。

●PSP『ブリーチ ヒート・ザ・ソウル6』
チマチマ進めてキャラ全員揃えましたよ。
Dempa090519
マユリの下3人は映画キャラの草冠宗次郎・茜雫(せんな)・ダークルキア。

ストーリーモードは話が途中でぶっちぎれてるわ(織姫のモノローグをバックに帰刃前のウルキオラに突っ込んでいくとこでおしまい(つ∀`))時々理不尽なハンデ戦闘があるわでイマイチ楽しめなかったけど、アーケードモードは好きなキャラで5分くらいでサクッとクリアできるし(クリア報酬や観賞モードのアンロックあり)、チャンピオンシップモードは逆に「空座町最強決定リーグ戦」「仮面の軍勢秘密の特訓」といった使用キャラ制限つきの大会が50ほどあって今オープンしてる部分だけでもネタ試合がかなり含まれてるので先が楽しみ。

対人戦で楽しめるゲームかはわからないけど一人プレイは昔のソウルキャリバーの家庭用モードみたいな感覚でしばらく楽しめそうですよ。

ただ、織姫と乱菊の専用タッグ技まで用意しておきながら胸が全く揺れないのは残念と言わざるを得ません。こんなに硬いのなら…こんなに揺れぬのなら…胸などいらぬ!(カカッと稲光をバックに悲痛な顔で)
このゲームは『Fateアンリミテッドコード』と同じエイティング製だけど、まさかPSP版アンリミは桜やライダーが残念なことになってたりしないだろうなぁ(;´∀`)


『KOJIMA PRODUCTION "NEXT"』
18日に大発表かと思ったらカウントダウンが始まってズコー
自分的BETは

 ◎「SOLID SNAKE」というタイトルでMSX版MG1,2のリメイク
 ○MGS4の完全版、サブタイトルが「S」から始まる
 △雷電が主役のMGS5

あたりで。ところでACiD3マダー


『HUNTER BLADE 獵刀』(youtube)
今日会社で教えてもらったチャイナ製モンハン。似てる似てない以前に完成まで誰も止めなかったのが凄い(笑)

| | コメント (0)

週末記とか最近単行本

まる
Dempa090517

●土曜にkouゴッド・ブラザーr・keiどの・緑都どのとエウレカとグレンラガンの映画ハシゴして飲んできましたですよ。

エウレカはTV版を序盤しか観てなくて(漫画は全巻読んでた)TV版絡みの映像ネタはわからなかったけど、キャラ設定も状況設定も豪快に変わってて面白かったです。
ただ、レントンとエウレカの怒涛のイチャイチャ攻勢に脳をやられて後半の理屈がほとんど理解できなかったので(それでも「ラブ最強!」で無理矢理納得させられるパワーがあったけど(笑))機会みてもう一度見直したい感じ。

グレンラガンは総集編+追加カットくらいのつもりで行ったら後半の戦闘の流れがかなり変わってて燃えまくりでした。ラストのフィニッシュブローもTV版からこう変えたか!という感じでかっこ良かった(*´∀`)=3 いずれBD出たら超買いたい。
しかし昨夜TV録画のラスト3話見直したけど、TVはTVで尺長くても全然ダレなくて面白いっすね。そのうち1話から見直してみたく。

●土曜といえば、ケイブ祭りを凄い勢いで忘れてた(;´∀`)
まあ今回微妙に欲しかったデススマのドラマCDは一度買い始めたら今後も初回版を求めて激戦する羽目になるので(初回版全巻コンプの特典があるらしい)これで良かったような気がしなくもない。

●最近単行本。

『はじめてのあく』#1
過去作の『こわしや我聞』で超ストライクだったコメディ部分のノリが全編で楽しめる素敵漫画。
我聞の時もだったけど、主人公カップルを肴にして遊ぶ周囲の人たちをメチャメチャ楽しそうに描く作家ですねー。特に姉貴のホッコリ顔とか東雲ちゃんのアグレッシブな食いつきっぷりがたまらず。

『リスランタンプティフルール』(全1巻)
コミックエールでやってた少女漫画。お嬢様女子校で名誉ある花の世話当番の面々がキャッキャウフフしたり喧嘩したりといった感じで出てくる悩みとかも含めて大体『マリみて』なのですが、時々超弩級のときめきを誘う個性的な絵がたまらんです(*´∀`)
ときにコミックバーズのほうの『ぼくたちの王国』はいつ再開するんだろう…。あっちは話的にもかなり好きなのですがが。

| | コメント (0)

PC移行中

●新PC到着。セール品で実勢よりかなり安かった i7 + RadeonHD4870 + 6GB + 1TB + Vista のメーカーPC にしたけど同人原稿の環境が Vista で動かないので結局 OEM 版の XP Home 買ってきてクリーンインストールしました(つ∀`) まあこれでも同じ構成のショップPCより安くあがってるので良しとしたく。

しかしメーカーPCってノートしか買ったことなかったけど、まさかデスクトップもリカバリディスク式(製品版のOSやドライバではなく工場出荷時の状態に戻すディスクだけ付いてくる → 購入時のハード構成とOSは触らない事が前提)とは(´・ω・`) 今回の XP 化もヒヤヒヤ物だったし(リカバリディスク内にあるドライバ類がたまたま XP でも動いてくれたおかげで助かった) 今後 Windows7 用のドライバが手に入る保証も無いし、もし次にまるごと買い換える事があったら今度は購入状態のまま使うかどうかも考慮して選ぶことにしますよ。

XP 化が思いのほか面倒で日曜中に環境移行できなかったので今夜からも頑張る(`・ω・´)

| | コメント (2)

ゲーム雑記

●PSP『ブリーチ ヒート・ザ・ソウル6』

 >>70種類以上のプレイアブルキャラが登場!
 なん…だと…?

と人数に釣られてゲトしたけど、どうもこのシリーズで使えるのはリアル超人ばかりで「たつきちゃんでウルキオラ撲殺余裕でした」みたいな楽しげなゲームじゃなかったもよう(´・ω・`) 70人もいればイロモノも全員入ってると思ったんだけどなぁ…原作のキャラ数おそるべし。とりあえずは説明書のキャスト欄に名前があったペッシェとドンドチャッカ見るのを目指したく。(順当に考えるとネルの必殺技で召喚される扱い?)


●PSP『アイマスSP』
春香シナリオクリアでパーフェクトサン全員終了。後日談の響で和んだー。

 真: いい感じにAランククリア
 やよい: 54週以下実績+Sランク+オーディション全制覇
 春香: リミットギリギリまで粘って評価100点達成

と順当にステップアップしてきたけどフリーモードや箱版ではどの程度通用するもんですかね。


●XBLA『スペースインベーダーエクストリーム』
コンティニューしまくって2回クリア、弾当たらneeeヽ(`Д´)ノ スコアに差がつくようにしてるのかDS版1より難易度高めで自機の攻撃性能もイマイチ(微妙に弾速が遅い?)、とにかくプレイが安定しませんよ。自分的にはBGMの好みも含めてDS版のほうが楽しいかも。
5/15追記:XBLA版はPSP版の移植だったみたいです。移植でゲームバランス変わってるかは不明。

あと今回背景はムービーじゃなくてビジュアライザ(サウンドデータを元にして計算でうにょんうにょんした画像を流すやつ)なのですが、スタッフロール見たら背景担当がラマソフトで瞬時に納得した(*´∀`)

| | コメント (0)

最近漫画誌

『コミックエール!』vol.12
今号で休刊、手元に創刊号から最終号まで揃ってしまった…(つ∀`)

創刊時は「男の子向け少女まんが誌」というコピーと誌面のギャップに首をひねってて日記にもそう書いたけど、後で知ったところによるとエールより先に「コミックハイ!」が同じキャッチコピーで相当フリーダムな誌面を展開してたようでそのへんは知識不足でしたm(__)m ただ最終的にあちらとは違う方向に変化して、キャッチコピーに近い「創作少女系漫画と萌え系漫画をいい感じにまとめて読める本」になったのは個人的にアタリでした。特に「すいーとりぼん!」などは普段買う範囲の雑誌にはまず載らないタイプだったので補足できた奇跡に感謝せずにいられない。

最終号は「あまだれ!」「御伽楼館」が完結、「さんぶんのいち。」「純真ミラクル100%」はきららフォワードで続行、「凛」は9月に単行本で書き下ろし完結。

自分的には「いすずさんフルスロットル」の移動先の雑誌を読むつもりだったけど、いすずさんについては告知は無しで《今後の情報はまた改めてお知らせします!》ですとヽ(`Д´)ノ 出版社違うけど8月発売の「月のイナバ」単行本と同時期に告知するのがありそうなパターンかなぁ…ともあれ告知期待です。


『ゲッサン!』創刊号
まだ「○○のために買う!」という感じではないけど、「冒頭を読んでちゃんと最後まで読む気になった作品」率が最近読んだ漫画誌の中でダントツ高かったのでしばらく買い続けたく。個人的には「アサギロ(新撰組のやつ)」「忍びの国」「リンドバーグ」が気になります。

あと「アオイホノオ」のネタがやばすぎたり(さすがにあだち充と仲良いんだろうなぁ(;´∀`))「あずまんが大王」が数年ぶりでも見事にあずまんがだったり。旧連載ではにゃもが好きだったのですが今月は大阪がポイント高すぎる。そしてながいけんの新作は次回見ないとコメントのしようが無い(笑)


『good!アフタヌーン』vol.4
「ハルシオン・ランチ」:現在一番目当て。話のカオスっぷりに加えてチマチマとゲームや漫画の小ネタを混ぜ込んでくるので沙村絵とのギャップがえらい事に(;´∀`) メタブラ携帯の背景噴いた。
「鉄風」:自分勝手だけど口は正直者な主役が相変わらずいい味。これも単行本出たら買いそう。

あと次号予告で夏目義徳ktkrと思ってたらその数日後に出たゲッサン創刊号で内容がモロにかぶってそうな漫画(「よしとおさま!」)が始まった罠(;´∀`) まだ押しかけイケメン物(?)という以外どの程度近いかわかりませんが果たして。

| | コメント (3)

ファイアボールDVD・PC死にそう

DVD「ファイアボール」発売決定!(公式ブログ)
各ネット通販が順番に受付開始しては無くなってる状況、これ書いてる時点ではセブンアンドワイに来てるもよう。
(あみあみ・ハピネット・HMVは予約終了、Amazonも一度受け付けてたらしいけどまたくる?)
とりあえずポチれたけどショートしない事を祈りたく…((((;゜Д゜)))


●PCのCドライブ容量がいつの間にか1%をきっててスワップ地獄発生。さらに本体から異音が…!
今夜はもう調査時間切れなのでとりあえずiTunesなどのCドライブにあるアプリを一時アンインストールして一晩しのぐことに(;´∀`)

そしてとうとう移行用の新PCをポチ。早く…きて…!(島本須美

| | コメント (5)

週末雑記

keiどの劇場版超電王観てきました。佐藤健が出てないのは残念だけどお笑いもアクションも盛り上がって面白かったー。
(ここからネタバレ反転)今回ラスボス兄弟の弟役が柳沢慎吾なのですが、かっこいい死に様でどうしても持ちネタの一人刑事ドラマを連想してしまい笑う場面なのか泣く場面なのかリアクションに困りましたわ(;´∀`) 「あばよ…!」 あとウラジローさんの芝居達者ぶりに驚愕を禁じ得ない。(ここまで)

●ドラマCD『P.S.すりーさん』
メーカー通販で買ったらオリジナルのファミコンディスク用ラベルがついてきた(*´∀`) あとジャケット中には木村明広と☆よしみるの描き下ろしイラストが…なんという老骨ホイホイ。
Dempa090510←左は今日衝動買いしたDVD。アドベンチャー!

本編の内容はだいたい原作4コマがベース、どりきゃすさんの過去シーンなどボイスがつくと涙を禁じえません。おまけトラックも仮想格闘ゲームボイス集や積みゲー懺悔コーナーなどいいネタ仕込まれてて面白かった。

気になってたせがさんの声(かないみか)は予想ほどハジケた喋りじゃなくて最初微妙だったけど、しばらく聴いてたらシリアスなのかネタなのかよくわからんキャラクター性に合ってる気がしてきましたよ。あと「おにぎり うめぇー!」の何も考えてなさげ具合は流石すぎる(笑)

●PSP『アイマスSP』
春香さんシナリオで現在Bランク、前回は終了評価で好感度だけドン底だったので今回は営業に偏ったプレイしてます。春香さんシナリオはスタート時点でのガナッハとの関係が真・やよいシナリオと違っててある意味一番アイドル物らしいですね。さすが主人公的キャラ。

「ターンテーブル型コントーラー初公開」(GameSpark)
うむー、クラッキンDJっぽいのを期待してたのですがターンテーブルの上にボタンか…これはどう操作するんだろう。

| | コメント (0)

連休漫画ほか

ユニコーンガンダム作ってneee

『少年ライバル』6月号

・「モンスターハンター・オラージュ」:最終回。4巻かけて追ってきた割にはミオガルナ弱かったなぁ…

・「FLAGS」:新連載。ライバルで続々増えるストリート系少年バトル漫画群の中にあって頭ひとつ突き抜けた厨ニ感に目をひかれました(*´∀`) 話的には天下一武道会モノらしく、敵チームに和月ヒーローや超電磁空手みたいなのがバンバン出てくるだけでも楽しめるとは思うけど個人的には斜め上の超展開で笑える方向を期待したく。
Dempa090508
↑登場した次ページでいきなり死亡フラグをアピールするニシキさん。来月あたり死んでくれないだろうか。

・「エンマ」:ようやく明確な敵が登場、けどそのためか今月の骨抜き仕事のほうは比較的ヒネリの少ない展開。とりあえずエンマはあと10秒くらい骨抜くの待ってやれよとか思った(;´∀`)

『夏目友人帳』#1~#7
知人に借りて読了、おもしろいー。これはアニメもちゃんとチェックしておくべきだったか。
本編も良いけど個人的には特に4巻から始まった「特別編」のシリーズが気に入りました。子狐かわいいよ子狐。


●亜光速でPSPアイマスやよい編クリア。真の時よりさらに( ;∀;)イイハナシダナー

| | コメント (4)

数日雑記

●日曜にアイマスイベント覗いてきました。現地カタログチェックに手間取ったけどmixi他つながりの方々に挨拶できて良い本も見つかってとりあえずミッション達成。午後に販売されたトレカも12セット購入+トレードでコンプできましたよ(写真右)。トレードしてくれた方々に感謝ー
Dempa090504
イベント終了後は一緒にまわってたブラザーr&緑都どのと、さいづかさん&そのお友達方とのプチ食事飲みに参加。外国ビールうまかたー 夕方から先約の別件飲みがあって途中抜けした後で気がついたけど、閉会間際に会場でなすかさんと交換した以外は全くSP名刺交換やってなかった(つ∀`)失敗した。

夕方からはhibiki夫妻主催の飲みに参加。スタート前からビール入ってたところにビール+ワインx?が加わって危うく全裸になるか大変なものを残していくところでしたが魚うまかたー
でもって翌日弟が帰省してきたので食事してそのまま実家泊まってさきほど帰還したとこ。

●イベントの勢いでアイマスSPのストーリーモード1周クリア。( ;∀;)イイハナシダナー
さらに勢いでカクテルポーリードレスとか買ってしまったのですがガナッハに似合いすぎて困る。

続けてやよいで2周目開始。一度クリアしてコツ掴むとかなりサクサク進められますねー。ていうか2度押せるようになって初めて気付いたけどオーディションてタイミング良くボタン押すと点数上がったのか…1周目は全編超連打でやってましたわ(;´∀`)
元々自分は一度クリアしてから2周目を華麗にプレイするのが大好物の人だし名刺見たら実績厨の血が騒いできたのでもそっと頑張っていきたく。

●メッセサンオーで店舗特製の360販促冊子配布してたのをゲト(↑写真左)。
表紙から「PS3より360がオススメ」と言い切って、中身もマルチタイトルの比較を遠慮なくやってるなかなか危険な内容。 PSソフトも扱ってる店舗でこんなの出して大丈夫なのか(;´∀`)

| | コメント (0)

最近漫画

『バットマン:ロング・ハロウィーン』#2
エピソード完結。犯人の意外性についてはそれほど期待してなかったのですが見事に予想外で面白かった! ただ最終的にスッキリ解明されない部分や訳注のヒントを考えてもわからない部分があるので解説サイトとか探してみたい感じ。

※5/2追記:↑(PlanetComics.jp)でGW明けに解説記事が載るようです。楽しみ。

『エンマ』#3
荊軻:これは良い最終回 → キク:キクかわいいよキク → キリヤ:舞台設定と泣ける展開がたまらんといった感じで見所多かった巻。連載時にオチで意表つかれた荊軻が特に気に入ってます。そういえば2巻予告にあった「現代日本」編は今回無かったなぁ。

『SPEED HEAVEN』#1
Dempa090430
公道レース漫画。本当にイニDっぽいかはともかく全ページから激しくヤンマガ系のオーラが立ちのぼってくるのは認めざるをえません。ていうか著者プロフィール見たら実際ヤンマガ出身だった。

偶然手に入れた呪いの中古車で公道バトルするという設定は湾岸ミッドナイトに近いけど、こちらの車は運転下手な主人公を霊的アシストでスーパードライバーに仕立て上げてくれるナイスカー。まあ中古車情報誌(IMPORTカーセンサー)に中古車で事故る漫画載せたらチャレンジャーすぎですが(;´∀`) (そういえば呪いの中古車に一目でわかるエンブレムがついてるのも深読みすると中古車市場への配慮?)
ある意味直球なストーリーと自分に正直すぎる主人公の組み合わせで気分良く読めました。

『コミックバーズ』6月号
FLIPFLOPsの読み切り掲載。妖怪麻雀漫画+少々ミステリー風味で面白かったー。
あと『アンダーザローズ』6巻が5/23発売とか。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »