« プチゲ雑記 | トップページ | アランとかブレイズとか »

インザナクリアとかスーパーマンバットマン最終回とか

●PSP『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』
覇王様ファイナルバトル。
Dempa100524_0 Dempa100524_1
ラスボス逃げてー

そしてめでたくユグドラ編終了。ユグドラとマリアの間で何かあるか期待したけど、召喚されたユグドラは帝国を倒す前のユグドラだしマリア側もユグドラに見覚えが無さそうだしで肩透かしに。扱い的には「他のゲームから来たゲスト」以上のものではなかったです。まあ「寄らなくても斬りますけど?」をはじめ面白発言が飛び出したのでファン的には楽しめましたが。

ちなみにクリア直前の人員整理は、熟考の末「1周目は赤シナリオ専用キャラを全員生贄にして赤青共通キャラを強化 → 2周目は共通キャラを盾にして再加入してくる赤キャラのVitを温存する」という結論に達してそんな感じに。もう『ブレイズ・ユニオン』が出てしまうし本格的に2周目やれるかどうかはわからないけど。


●漫画『スーパーマン:ザ・ラストエピソード』/『バットマン:ザ・ラストエピソード』
いずれも表題作は作品リスタート(それまでの話を一旦リセットし、時代に合わせた内容で1話からやり直す)時に旧エピソードの最終回として書かれたもの。

スーパーマンのほうは80年代のアラン・ムーア作品で、突如狡猾になった悪人達とスーパーマンの最後の戦い。クラークの友人達を巻き込んだ北極要塞での篭城戦とか過去に共闘した未来世界のヒーロー達が別れを告げに現れたりとか色々盛り上がったけど、付属の解説冊子を見るとやはり当時それまでリアルタイムで見てきた読者が得たであろう興奮には程遠いんだろうなぁと。でもスーパーマンファンがスーパーマンファンに向けて作った盛りだくさんの最終回として名作なのは同意。

バットマン最終回は去年の作品で、脚本は「サンドマン」「コララインとボタンの魔女」のニール・ゲイマン。こちらはバットマンの密葬に訪れた知人やヴィラン達が遺体を前に自分の見たバットマンの最期についてバラバラな証言をするというミステリアス話。かなりの変化球だけど、これは前文によるとムーアの路線をただ避けたのではなくスーパーマンとバットマンのキャラクター性の違いも考慮しての事だとか。
ラストにはある意味納得な超展開が待っててそれだけでも変り種最終回として面白いけど、友人達(主にキャットウーマンとアルフレッド)が語るバットマンの最期がそれぞれ趣向を持ってて楽しめました。特にアルフレッドのは欝になるな(;´∀`)


●風邪治ったGW明けからチマチマと趣味プログラム再開中。諸事情で今度はOpenGL+freeglut+SDLに鞍替え。
Dempa100524_3
ウィンドウ開いて単純図形を出してジョイパッドとキーボード入力に対応してoggの音楽鳴らすとこまではスパッとできたけど、その先ちょっと凝った事しようとするたびに英語ドキュメントの調べ物と実験でモリモリ家時間が食われていく(つ∀`) というか手持ちのGeForce3で動かすために古めの技術を掘り出さないといけない(FBOのかわりにPBuffer使うとか)のが一番難儀なのですが。

逆に出来合いの箱や球をベタ表示するだけの3Dゲーム作るならかなりハードル低い環境だと思います。特にSDL_mixerは自分でライブラリ組み込むと結構面倒なoggをあっさり再生できて感動した。

|

« プチゲ雑記 | トップページ | アランとかブレイズとか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチゲ雑記 | トップページ | アランとかブレイズとか »