« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近漫画

アフタヌーン8月号
『ぢごぷり』:最終回。沖浦家との悶着が実質クライマックスになって全体的にはまとまったけど、育児の苦労漫画としては長期連載でいかに巨大な情念の塊を生み出すかが勝負だと思ってたので(実際単行本で読むと負のエネルギーが一気に襲ってきて連載時より面白いんですわ)ここで終了は残念。でも最後に下手にポジティブ化しなかったのはGJだと思いました。

『アストライアの天秤 砕動風鬼』:裁判員裁判を扱った漫画。前シリーズ(「もどり」)は脚本酷いと思ったけど今シリーズはかなり熱いですのう

『百舌谷さん逆上する』:祖父から衝撃の事実が伝えられたらしい。祖父とのやり取りとかキツネのイメージとか色々と意味深で面白いけど今の時点では理解できず。

『ラブやん』:1コマの小ネタのためにキャラの名前変えんなww


コミックアライブ8月号
『神太刀女』:”羽々斬丸、死なず。” 前の”さらば羽々斬丸”といい海落ちたぐらいで大げさなと思ってたら、海水で錆びるのが命取り(刀が本体なので)という事だったようでやっと納得。羽々斬の復活にヒゲと兄貴が絡んでくるのは予想外の良展開( ゚∀゚)

『僕は友達が少ない』:友達ができました(二次元の)・舎弟ができましたの2本立て。安心の面白さww 顔芸の威力によるところも大きいので原作(ラノベ)まで手を出すか悩むけど試しに1巻だけ買ってみますかのう

『のんのんびより』:先生がダメっ子すぐる…('A`)

『シュタインズゲート』:バイト戦士父親に会いに行くの巻。

『リバース』:夏日にテイカー化フラグが。

『まりあほりっく』:かなこさんの顔芸が目も当てられないレベルにw


『シュタインズ・ゲート』#1
単行本で一気に読むと駆け足っぷりが際立って思いのほか辛いものが(;´Д`) 本誌で読むと1話ごとに一ヶ月待たされてペースも端折り具合も丁度良く感じるんですが。
(ちなみに自分の場合本誌で4話まで進んだ時点で面白そうだと思ってゲーム買ってきました。今思うと指圧師のメールとか細かいとこ忘れてて助かったw)
ゲームではほとんど声の演技に頼ってた感情表現を絵の演技で見られるのは漫画ならではで良いと思います。

『シャイニング・フォース フェザー』#2
完結。原作のシナリオライターが書いたアナザー版という事で、展開はパラレルながら本編のキャラ補完的な要素もあって良いコミカライズでした。ただ、多数のメインキャラを律儀に全員出したかわりにストーリー上はいなくても問題なさそうな人がちらほら(;´∀`)

| | コメント (0)

どう見ても正史です

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
Aルートクリア。前作(ユグドラ・ユニオン)につながる正史ルートという事で結末もある程度の欝展開も予想はついてたけど、実際ゲームとしてプレイすると予想以上に涙腺に来ますのう゚・(ノД`)・゚・。特にラスト2面のガーロットは操作していて辛すぎる…しかもこの後Cルートで仮にハッピーエンドが待ってたとしても正史的にはノーカンなんだよなぁ。ともあれ今回のシナリオは本当いいデキですわ。
現在のアイテム収集率は82%。

●ROBOT魂のケルディムガンダムサーガげと。
無印ケルディム同様直線・平面メインのデザインのためエクシアや00よりプラ玩具っぽさが目立つけど、無印で泥人形みたいだった頭部パーツがプラモレベルの男前になってるのはGJ( ゚∀゚)=3 これでセブンソードみたいに無印の装備パーツもついてたらのう。
Dempa100626_0 Dempa100626_1

| | コメント (0)

ぅゎょぅ ι゛ょっょぃ

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
二周目も結局Bルートに入ってしまったので噂の隠しボス幼女戦へ行ってみたところ死闘すぎてリトライ地獄で泣きそうになった(つ∀`) 前作の全裸様と違って勝利条件はすぐわかったけどこれって某カードをカンストさせてて1ターンキルを成功させないと完全に詰みじゃないのか。(もしくはドーピングでTEC6キャラを用意できれば一騎討ち必勝やアイテムブレイクが効く?)

ともあれ二周目めでたくクリアして図鑑コンプ率は75%に。次はA(正史)ルート狙おうかと。

『カウンタック』#20
先月買い忘れてたのに気付いてゲト。ドラッグレース開始前の、ジョニーの説明を空山がひたすら復唱する流れでニトロ噴いた。
------------
「総排気量は502キュービックインチでーす!!」「!! 502キュービックインチ!!?」
「8.2ℓのことデース!!「は…8.2ℓのエンジン!!!」
「そのエンジンにさらにNOSを組み合わせていマス!!」「ノス!?」
「加速装置のことデース!!」「加速装置!!」
「あれは1969年型のフォード・マスタングです!!」「マスタング!!」
「おそらく"ブロワー"を組み合わせたかなり過激なドラッグエンジンです!!」「ブロワー!!?」

(次の週)
「"バーンナウト"です!!」「バーンナウト!!」
「"リアクションタイム"勝負です!!!」「リアクションタイム!!?」
「0.400秒のバトルのことでーす!!」「0.400秒!?」
「フライングしたら"敗北"とナリマス!」「フライングしたら…敗北!!」
------------
リアクションのたびに空山がアップになるのがリズミカルすぎてやばいw

| | コメント (3)

週末雑記

次週末の某昔タイトル飲み会は別件の幹事とバッティングしてしまい欠席予定orz もう一週間連絡が早ければ調整できたのですが無念すぐる。

●最近単行本とか。
『カウントラブル』#1
自称天使が主人公の恋の手助けをするという正常なラブやんみたいなラブコメ。自称天使の適当な仕事っぷりや主人公との喧嘩漫才が和む(*´∀`)

『神のみぞ知るセカイ』#9
攻略中ヒロインとの精神入れ替わりイベントでござるの巻。不測の事態で中止になった当初の攻略が色々と酷いww あと過去エピソードのヒロインが後の話で生きてくるのは燃えますのう。

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
5章に進めて図鑑コンプ率やっと70%。水中のアイテム回収するために1周目で全然使わなかったスレイプ入れたら結構使えるなぁと。今回ルート選択の都合でブリザード(人魚の得意カード)取ってないけど次周では使わせてみたく。あと剣士系は何も考えずアイギナ無双させてたのが最近バイフーの対弓の便利さに開眼。

●CD『DJMAX TECHNIKA 2 Signature Collection』
韓国で今月出たサントラ。現物は未プレイだけど、1の時みたいに大体の曲は次のPSP版DJMAX(多分Portable3)に入ると思われるので先行的にゲト。

ざっと見た感じ旧作からの続投アーティストは韓国勢がElectric Boutique・NieN・Planetboom・Lin-G、日本勢は細江慎治・makou・bermei。今のところ一番気に入ってるのはbermei新曲かなぁ。

あと旧作からは「OUT LAW」「Supersonic」の新リミックスとNBレンジャーシリーズ(無印→Returns→Power)のノンストップリミックスがありました。結構やかましめで好みが分かれそうだけどこれまでのDJMAXのリミックス系に較べて思い切ったアレンジしてて面白いです。

| | コメント (1)

ゲ雑記

嫌な種類の忙しさが続いて俺のストレスがマッハ。

●DS『ロックマンゼロコレクション』
先週買い逃がしてションボリしてたら地元にGEOの新店舗がオープンして開店ラインナップに入ってたので確保。
GBAのロックマンゼロ1~4の詰め合わせ(+α)だけど同じDSでGBA版をプレイした場合と較べて音質がかなり良いです。音色やSEをサンプリングレート上げて再録とかしてるんだろうか。

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
3章にとどまって手っ取り早く入手できるアイテムだけ収集中、現在図鑑コンプ率63%。今回一部ステージのクリア順が選べるかわりその選択によって仲間加入やアイテム獲得の二択がいくつも起きるのが厄介だけど、ステージ難度が程よいので順番変えてやり直すのも苦ではない感じ。

●360『Alan Wake』(同じく音注意)
先週末に難易度ナイトメア一気クリア、あとはコーヒーポット回収だけ。
難易度ノーマルと違いライトを一瞬当てて足止めしたり爆発オブジェクトを積極的に使ったりといったテクニックが必須で、そのへん掴んだら戦闘はだいぶ面白くなりました。でも緊急回避は相変わらず半分運任せ。

| | コメント (0)

最近雑誌アニメ

●月前半の雑誌。

少年ライバル7月号
・『霊媒先生』:ねこ隊長かわええ
・『アイマスブレイク』:芸能界伝統の照明落下イベントきた

別冊マガジン7月号
・『進撃の巨人』:主人公一行はウォールマリアに向かうっぽい。2度目の超大型出現時の外の景色は地平線に山が見えてたけどローゼとマリアの距離ってどんなだ
・『じょしらく』:将軍様似すぎやばい

ゲッサン7月号
・『第三世界の長井』:またぬくもり噴いたw でもいまだに目標地点があるのか無いのかわからん
・『アサギロ』:インパクト強すぎる近藤に対して土方は普通に伊達男ですのう


●今期アニメ萌え限定。

・『けいおん!!』:なんか毎回同じ掛け合い聞かされてるような。輝け律ちゃんとか修学旅行とかいった特徴的なネタの回は覚えてるけど半分以上の話数は既に自力で思い出せないレベル(;´∀`) でも癒し環境アニメとしてのポジションは揺るぎないのも確か

・『Angel Beats!』:録画失敗するたびに敵が味方になってたりキャラが増えたりしてて、肝心なとこを全部見逃してるっぽい…先週も誰か成仏したらしいけど時間ずれてたorz
初期は3DCGの無駄使いで変なチープ感があったけど今はだいぶ落ち着いてるしコントも楽しく結末も気になる感じ。それでも一点、「相手がどんな理屈でいかに可哀そうなのか」といった感情の盛り上がりどころを主人公が言葉で解説してしまうのだけはどうも苦手

・『会長はメイド様!』
個人的にいまだ今期一番。どこにでも現れ何でもパーフェクトにこなし同級生全員にさん付けで敬われるイケメンをギャグと捉えられればですがw 本当爆発しないかなイケメン

・『真・恋姫無双』
新キャラ大量投入でキャストロールがえらい事にw でも張三姉妹をメインで引っ張り続けて薄味だった二期からはだいぶ持ち直してる感が

・『WORKING!!』
お気楽4コマのつもりで観てたら急激に甘酸っぱさ爆発して俺ポルナレフ(;´∀`) 店長と、テンパってガチガチしてる時の八千代がお気に。

| | コメント (0)

ブレイズ一周おわた

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(←音注意)
風邪ひいたり熱でぶっ倒れたりで遅ればせながらですが一周目クリア、結果はbルート(隠しボス未見)。
お先真っ暗な正史(aルートらしい)には行かずに済んだけど犠牲はそれなりに大きかったというか、正史から外れたなと思ったらユグドラに登場するキャラが立て続けに死んでいって世界線の無慈悲っぷりを痛感しました(つ∀`) あとこのルートだと帝国の圧政の問題は解決してないのか。

でもってクリア後にオープンしたアイテム図鑑を見たところ収集率は49%…だと…。中盤の選択ミッションや終盤のルート分岐があるとはいえボスアイテムは全部剥ぎ取ったし落ちてるアイテムも極力気をつけてたので60%くらいはいけてるつもりだったのですがが。
まあ一度クリアして戦闘速度BOOSTが追加されたし今回は一周の長さも適度なのでa,cルート目指しつつ図鑑を埋めていきたく。

| | コメント (1)

劇場版ブレイクブレイド

akrskブラザーに澪ゆずてもらたよ(^q^)ノ
Dempa100606_0
土曜はこれの受け渡しがてら緑都どの宅に押しかけて胸熱立体物を観賞したりフカさんも合流して晩飯食ったり。うひゃほう

●劇場版ブレイクブレイド1章が今週でもう終わりらしいので急遽突貫。
展開は原作漫画に忠実で、クオリティも劇場ならではとまではいかないもののTV枠よりは手間かかってそう。特に冒頭のクレオvsクリシュナ兵は巨大な鉄塊が戦ってる感じが良く出てたと思います。敵味方のプレスガンで装甲がバキンバキン削れるあたりは燃えた。

一方、尺が無くなった所で機械的にスパッと切ったような微妙な終わり方はかなり不満。6章までのトータルでバランス取れればいいやという事かもしれないけどせめて終盤に盛り上がり所を持ってきてそれなりの満足感は与えて欲しかったとこで。(5話の途中じゃなく5話ラストまで入ればだいぶ違ってたと思うんだけどなぁ…)

2章以降も観るかは未定だけど、原作どおりに進むなら追加装甲付きデルフィングの突撃シーン(4~6章のどこか?)は一度はアニメで観ておきたいので少なくとも章ごとの進行状況はチェックするつもり。

| | コメント (0)

ゲーム進行状況とか

同じタイトルを引き続きプレイ中。ちなみに現状の積みスタックは家ゲーがセンコロDUO→スプセル(協力シナリオ)→エンドオブエタニティ、携帯ゲーがPSPインザナ2周目以降といった感じですが果たして崩しきれるのか。

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(←音注意)
4章突入してネシアの試練クリアしたとこ。もうなんかバランス絶妙だわ3章はミッション選択式だわ話もキャラの会話もいい感じだわおっぱいテカテカしてるわで楽しすぐる。jaja氏本人が関わってないという事で前作のシステムを流用した低予算タイトルくらいの期待度だったのですがまさかここまで良いデキだとは…! ゲームの進め方で終盤ストーリーが完全に3分岐する(将来覇王様に虐殺されるルートはそのうち1つだけ)らしいので超ワクテカ。

しかし前作の敵が次々仲間になるのは楽しいけどこれクリアした後はユグドラやるのが精神的に辛くなりそうだな('A`)

●360『Alan Wake』(←これまた音注意)
平日に家ゲーできなかったので難易度ナイトメアはまだこれからだけど、ナイトメアクリアと収集系以外の実績は昨晩で一気埋め完了。

自分で体験する海外TVドラマとしてはかなり面白く、クリア後に限定版付属の副読本やマケプレの実写動画をあさるのも楽しいしDLCの追加シナリオも超期待ながら戦闘だけはいまだに面白さがわからず。
2chスレとか見た感じではどうも緊急回避を確実に決められるようになるかが評価の分かれ目っぽいけど、LBとレバーを色々タイミング変えて入力しても出たり出なかったりで全くアテにできん(つ∀`) 敵が背後に現れてからでも余裕という人もいるあたりからしてテレビの遅延が問題とも考えられるなぁ…どうにかコツがわからないものか。

| | コメント (0)

最近単行本

●とか。

『O/A』#1
うりふたつな声を持つ人気アイドル(猫かぶり)と売れない芸人(下ネタ魔人)がラジオ番組で新境地を目指す芸能界モノ。ノリはライトだけど、運命の荒波に翻弄されるアイドル(ここまで定型文)とその心の支えになっていく芸人の関係とかラジオの生放送を使った二人一役のシチュエーションとか話的にかなり来るものが( ゚∀゚)=3 続きが楽しみ。

『貧ショージング・ストーリーズ』(18禁)
少し前に出た海野先生最新刊。表紙デザインのとおり色々なSFネタが題材の短編集で、読んでるとこれはSF?みたいなのもあるのですが表紙下の解説(いつも以上に文章ぎっちり)読むとああなるほどみたいな。
話的には最初の「銀色の恋人」、キャラ的には「御先祖様万歳」の代紋TAKE2ライクな絶倫の人が気に入りました。

『ナナとカオル』#4
今回のメインはスパンキング。理解の難しい題材だけど、叩く側叩かれる側の思考や先達(SMショップ店員)のアドバイスといった理解の助けになる情報がきっちり書かれてるので読んでて納得できるというか勉強になった。
あと内輪ですいませんが巻末のアシスタント対決に見た顔がww

『MOONLIGHT MILE』#20
第一部とつながってやっと話の方向が見えてきた。今の刊行ペースで前フリに5巻はかなり長かったけど盛り上がり始めるとやっぱり面白いですわ。


[COMPUTEX]NVIDIA主催の「ストリートファイターIV」大会に,西川善司が飛び入り参加するの巻(4Gamer)

 敵「ワハハ、どうだ画面端に追い詰めたぞ!」
 西「なんの、マルチモニター・エスケープ!」
 客「ああっ!リュウの背後に2画面追加されたわ!」
 西「勝機…必殺、65536倍MSAA波動拳!」
 敵「なにぃーっ!エッジが超なめらかになっていく…ぎゃわあああ~っ!」
 西「You are not my much!(メじゃないぜ!)」

みたいなのが一瞬頭をよぎった

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »