« どう見ても正史です | トップページ | 月末雑記 »

最近漫画

アフタヌーン8月号
『ぢごぷり』:最終回。沖浦家との悶着が実質クライマックスになって全体的にはまとまったけど、育児の苦労漫画としては長期連載でいかに巨大な情念の塊を生み出すかが勝負だと思ってたので(実際単行本で読むと負のエネルギーが一気に襲ってきて連載時より面白いんですわ)ここで終了は残念。でも最後に下手にポジティブ化しなかったのはGJだと思いました。

『アストライアの天秤 砕動風鬼』:裁判員裁判を扱った漫画。前シリーズ(「もどり」)は脚本酷いと思ったけど今シリーズはかなり熱いですのう

『百舌谷さん逆上する』:祖父から衝撃の事実が伝えられたらしい。祖父とのやり取りとかキツネのイメージとか色々と意味深で面白いけど今の時点では理解できず。

『ラブやん』:1コマの小ネタのためにキャラの名前変えんなww


コミックアライブ8月号
『神太刀女』:”羽々斬丸、死なず。” 前の”さらば羽々斬丸”といい海落ちたぐらいで大げさなと思ってたら、海水で錆びるのが命取り(刀が本体なので)という事だったようでやっと納得。羽々斬の復活にヒゲと兄貴が絡んでくるのは予想外の良展開( ゚∀゚)

『僕は友達が少ない』:友達ができました(二次元の)・舎弟ができましたの2本立て。安心の面白さww 顔芸の威力によるところも大きいので原作(ラノベ)まで手を出すか悩むけど試しに1巻だけ買ってみますかのう

『のんのんびより』:先生がダメっ子すぐる…('A`)

『シュタインズゲート』:バイト戦士父親に会いに行くの巻。

『リバース』:夏日にテイカー化フラグが。

『まりあほりっく』:かなこさんの顔芸が目も当てられないレベルにw


『シュタインズ・ゲート』#1
単行本で一気に読むと駆け足っぷりが際立って思いのほか辛いものが(;´Д`) 本誌で読むと1話ごとに一ヶ月待たされてペースも端折り具合も丁度良く感じるんですが。
(ちなみに自分の場合本誌で4話まで進んだ時点で面白そうだと思ってゲーム買ってきました。今思うと指圧師のメールとか細かいとこ忘れてて助かったw)
ゲームではほとんど声の演技に頼ってた感情表現を絵の演技で見られるのは漫画ならではで良いと思います。

『シャイニング・フォース フェザー』#2
完結。原作のシナリオライターが書いたアナザー版という事で、展開はパラレルながら本編のキャラ補完的な要素もあって良いコミカライズでした。ただ、多数のメインキャラを律儀に全員出したかわりにストーリー上はいなくても問題なさそうな人がちらほら(;´∀`)

|

« どう見ても正史です | トップページ | 月末雑記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どう見ても正史です | トップページ | 月末雑記 »