« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

月末雑誌とHJあずにゃん

●月末雑誌とか。

アフタヌーン9月号
『ブレット・ザ・ウィザード』:園田健一の新連載。銃・マフィア・アメ車・バニーガール・金髪ロリと前作からほとんど構成物変わっとらんのですが(舞台がリアルタイム60年代になってる事と魔法弾が新要素)、お得意ジャンルだけあって安定感半端ない
『ACONY』:最終回。冬目景作品の中で特にコメディ度高くて好きだった
『ラブやん』:あれ何このいい話
『百舌谷さん』:竜田が本音で喋るたびに話がこじれていく不思議w

コミックアライブ9月号
『僕は友達が少ない』:今月は1話のみ。エロゲ回をどうするのかが気がかりだったけど来月に持ち越しですと
『神太刀女』:ハゲさんかっこええ&無名暴走。やっぱり漢成分高めな時が良いですわね。あとすごく斬りやすそうな敵来たw
『リバース』:夏日テイカー化、期待どおり(笑)姉さんとのガチ殺し合い開始

コミックバーズ9月号
『彼女のひとりぐらし』:一人プール。失敗はしたけど今月の輿水どんはきれいな輿水どん
『ミミツキ』:雪町さんおもろい人だw
『Sweep!』:試合に集中し始めてカーリング漫画っぽくなってきて期待上昇。

●ブリリアントステージあずにゃん(ホビージャパン誌上通販)届いた。
Dempa100730_0
見た目はアルターけいおんシリーズに合わせるのにピッタリだと思ったけど、並べたらアルター澪とほぼ同身長(→梓のほうが頭がひとまわりでかい)だったのが残念。やっぱり同じ「1/8」とはいってもシリーズ内じゃないとサイズ合わないもんですのう。


| | コメント (0)

GM関連ほか

famicompo mini vol.7開催
エントリー期間は8/15~31。うちは仕事スケジュールがよくわからん事になってる&まだネタ考えてないので今回の参加は不透明な感じですが聞き手的にも楽しみ( ゚∀゚)=3

セガ“システム16”音源を収録したサントラ第1弾を8月16日に発売(4Gamer)
「ファンタジーゾーン」「カルテット」「SDI」など近年のアルバムに収録されたタイトルもいくつかあるけど、同基板の全タイトル網羅が目標っぽいし新録らしいしドントコイデース。

初CD化で気になるのは「バレット」ですね。昔一度だけゲーセンで実機見た時はヴェイグス(youtube)みたいなドンドコドラムが目立ってた印象なのですが果たして記憶は正しいのか。

グッスマでfigma和を予約完了。ワンホビ後に予約開始なのをすっかり忘れてて発表時に注文した気になってましたわ。危なかった(;´∀`)

| | コメント (0)

神姫(ry

●PSP『武装神姫 BATTLE MASTERS』
わーい アークがアーク装備装着できるとこまでそだたよー(^q^)/
Dempa100725
ローポリでもかっこええ…アーク装備は全部レベル2武装なのでこのまま主力にするのは厳しいですが(主力のアーンヴァルが今使ってるのはレベル4武装のゴスロリフルセット)。
そろそろレベル3のイーダ装備が店頭で出揃ってきてるし、レベル3装備使えるようになったら(せっかく統一された色がまたすごい事になりそうだけど)イーダ装備に乗り換えさせるかなぁ。

進行状況はアーンヴァルmkII型「モサーレ」LV16、フブキ型「ゲシュタポ」LV3、アーク型「クンタッシ」LV8の3人体制でF1予選開始待ち。F3もF2も(アーンヴァルが優勝済みのため)もう参加できなくなってるので2体目以降のレベル上げはちょっと単調かも…これは2周目にまわしてしまったほうがいい?

| | コメント (0)

漫画とか神姫(ry

●さらに追加。
『彼女のひとりぐらし』#1
独身女子(26歳)の生活漫画。といってもお色気カット連発という訳でも生活の知恵集みたいな感じでもなく、主に人目を気にしない油断的行動(スウェットでゴロ寝ビールとか)や独り妄想といった残念なところがクローズアップされるいわば油断生活漫画(?)。服や化粧の話以外は男でも共通する部分が多いせいか、主人公を生暖かい目で見守るうちにジワジワと親近感が(さすがに通報とか職務質問まではされんですがw)。

『復活の地』#2
引き続きデキル男がバリバリ大活躍。主人公が頭角をあらわすのに都合のいい状況が次々やってくるけど、それを抜きにしてもとても真似のできない(多分幸運がなかったとしても実力で同じ結果を出しただろうなぁと思わせる)働きっぷりが小気味良いです。

『のぶながっ!』#2
斉藤道三ェ… なんか信長と長政の替え玉やってる間のつくねと仙がむやみに可愛いでござる。

武装神姫アーク&イーダ再生産プロジェクト(konamistyle)
それぞれ2000体注文で再生産決定だとか。初版を所有してるけどおまけのバイザー&表情パーツが魅力でポチりました。これでノーマルカラーもサド笑顔で飾れるようになるのか…(というかサンプル写真だとバイザーで隠れて眼が見えないけどちゃんとノーマルカラーの眼に変わってる…よな?)

| | コメント (0)

漫画とか神姫とか

PSP神姫特別版の白子黒子と月のイナバ限定版のマスコットでキャフフキャフフ
Dempa100723
3rd素体の神姫はsmallサイズのこひるんしか持ってなかったけど、胸アーマーが上からのかぶせ式になったのって全サイズ共通仕様だったんですねー。てっきりsmall独自仕様だとばかり

●最近漫画とか。
『僕は友達が少ない』#1
あらすじは先日書いたの参照で。アライブ本誌でコミック版が超ツボにはまってラノベ版全部読んで今に至る訳ですが、やっぱりコミック版の顔芸の破壊力は半端なさすぎるw 下手すると燃え漫画も含めて最近で「表情がイイネ!」と思った漫画のナンバーワンかもしれんです。

『月のイナバと地上の因幡』下巻
完結。以前読んだ東方系の同人はストーリー物が多かったのもあって大抵どこかしら殺伐成分が入ってたのですが、これは安心と信頼の癒され感(*´∀`) 前巻ではてゐが気に入ってたけど、酒飲んで記憶がとぶ話が面白くて終盤で鈴仙の株がにわかに急上昇したり。
※7/24追記:「以前読んだ東方系の同人」は別の作家さんの話です念のため。あと殺伐成分がこのジャンルの魅力の1つというのも承知してて、どちらが上といった話ではありませんです。

●PSP『武装神姫 BATTLE MASTERS』
F2の予選2つ終わったとこ。コツはそこそこ掴めてきたけどロック外しが絡むと攻撃できない・逃げきれないなどよくわからん状況になりがちでまだ謎多し。
あと他の機体が発売されてもアーンヴァルだけで進めてたけど、イベントでフブッホ入手したのを機に当初ファーストキャラにするつもりだったアークも購入しました。今はF2を一旦保留してアークがキャラデフォルト装備になれるまでを目標にレベル上げ中。

| | コメント (0)

PSP神姫とかデコサントラとか

●PSP『武装神姫 BATTLE MASTERS』
白子目当てでUMDの特別版買ったのですがあまりのロード頻度&時間にDL版購入。インザナもこんな感じだったけど、UMDでのプレイを考慮せず作られたとしか思えんタイトルが続いてるのってDL販売が軌道に乗ってきた弊害ですかね。UMDとDLの二重買いを狙ってるのでなければせめてメディアインストール機能くらいは付けて欲しい…

現在F3ランクマッチに初挑戦して8位で負けたとこ、ゲーセンはアーク×3だけ未勝利。地道にお金貯めて防具フルセットと強い武器買えばアバウトに戦っても何とかなるけど、逆に敵が強い武器持ってるとものすごい不利感が。そろそろきつくなってきたので操作の怪しいとこ(※)とか駆け引きの理屈を探り中。

※バク転(↓+□×)がたまに敵方向に突っ込むので何じゃこりゃと思ったら、後退(↓)が瞬時反転して手前方向に歩き始めるようになってるのが原因だった(□×より↓が一瞬早いと反転後にバク転してしまう)とか。

そんな感じでまだバトルが面白くなるとこまではいってないものの、対戦前後の会話シーンで多数のマスター&神姫のかけあいが見られるのがかなり良いです。(マスターの紳士率が高すぎてフィギュアの神姫スレ読んでるような気になってくるけどw)

あとまだアーンヴァルしか育ててないけどローポリモデルかわいいですのう…武装エディット中に縦画面でモデルを大写しできるあたりもさすがわかってらっしゃる。惜しむらくは最大ズームでもリアル神姫サイズにできない事ですが(最大ズームで頭身高い系のfigmaくらい)。
続編ではリアル神姫サイズまでズーム可能にした上で時々適当な日常会話やアクションを実行するモードを追加すればPSPを胸ポケに挿して街を歩く紳士続出で大ヒット(ワイドショー的な意味で)確実なのぜ?


●CD『データイースト レトロミュージックコレクション』
未CD化のアクトフェンサーが気になって購入したのですが、すでにCD化されてるタイトルもマスタリングの方向性が旧盤とだいぶ違っててかなり新鮮。具体的に「空牙」で比較するとこんな。

サイトロン1500盤
 各パートのバランスが良く、少しリバーブもかかってて聴きやすさでは一番。
 バンド演奏のアレンジ版が入ってるのもこれだけ。

LEGENDボックス収録版
 1500ほど綺麗に調整されてないけど(というか「基板からの新録・
 原音に忠実」がウリだった)各パートのバランスは1500と大差なし。
 ホワイトノイズを嫌ったのか音量が普通のサントラより低い。

今回のTEAM盤
 音圧高め、高音域が強くFM音源のコードやディストーションギターが
 かなり前に出てる一方でサンプリングドラムは他2つより埋もれ気味。
 常時微妙にホワイトノイズが乗ってる。

同じ基板新録でLEGENDボックスとこれだけ違うのが驚きだけど、多分LEGEND盤は直接録音したものに極力加工を施さない史料的な方向性で、TEAM盤は無加工にはこだわらずアーケード基板の「目の前の回路が演奏してる感触」までをワンセットで再現するコンセプトなのではないかと想像。その点で旧盤持ってても買い足す価値は充分あると思います。

#余談ですがスカルファングはサターン版のゲームCD聴くのが最強。アーケード版の音にサイトロン盤のバンドアレンジのサビを加えたいわば完全版になってるので。(空牙のメガドラ版も同様だけどあれはCDで聴けないのが残念)

アクトフェンサーはエスニック風味入ってて激しくてかっこいいですのう。あと空牙シリーズが鼻血級に燃えるのは当然として自分的にはSRDの最初のBGM超好き。

| | コメント (3)

週末雑記

●三連休は部屋カビ対策兼掃除→親泊りがけ襲来イベント→借り物の「もやしもん」「宇宙兄弟」全既刊大急ぎ読破で瀕死状態。というか消耗の8割くらいは「もやしもん」の異常な密度のせいですが(;´∀`)
あとは軽めの残り3冊読んだら寝ゆ。

●HDDレコーダーのHDDがほぼ死亡。DVDに退避させようとしても1話とか2話とか半端に焼けたところでエラー終了して目も当てられない事になったのでとりあえず自力換装の成功例探して同じHDDポチりました。
今振り返ると残してたお気に入り作品でも2度3度見直す事は滅多になかったので精神ダメージは意外と少なめだけど、「電脳コイル」はたまに終盤を一気見したくなるのでソフトででも欲しいかも…いやでもBD-BOXが出る目もあり得るしむむむ。

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
埋まった!第3部完!
Dempa100718_1 Dempa100718_2
Dempa100718_3 Dempa100718_4
いやあここまで集めるのは実に苦労したよ(スネ夫の声で)

とりあえず満足いくとこまでやったので週明けからはPSP武装神姫にライドオン予定。

| | コメント (2)

ブレイズチラ裏(反省会編)

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
cp5まで到達、前回長々と検討したにもかかわらずいくつか誤算ががが


・cp5「守るべきもの」の低勝率アイテムの片方がユーディ必須でした。ユーディ仲間にするとルート分岐でバルドゥスのアイテムをコンプできなくなるので避けてしまってたけど低勝率のルートには入れておくべきだった…

・低勝率アイテムを手っ取り早く取るため、味方を「勝ちまくり要員」「負けまくり要員」「極力戦わない要員」に分けて目的のステージでは勝ち要員を出撃メンバーから外す(→アイテム取った時点で図鑑に登録されるのでそのままリスタートで勝ち要員を復帰させてクリアする)方針をとってたのですが。
cp5「火の粉は集い、大火へと」で勝ち要員のシスキアが強制出撃でこれまた一発コンプ失敗\(^o^)/ ていうかこんな単独任務もボスイベントも無い面で強制出撃とか全然覚えてなかったわ('A`)

・これまた勝ち要員をシスキアにしてたのが裏目ったのですが、男メンバーをほとんど鍛えてなかったためcp5「戦士達の休息 -boy's side-」のバルドゥス戦が目も当てられない火力不足に(;つ∀`) この面で敵にバルドゥス出したの初めてだけどそういえば男メンバーって騎馬に有利なキャラが一人もいなかったんだなぁ…
まあこれはキラービー猛反撃とクリティカルが出るまでリセット&セーブ駆使でギリギリ削りきりましたが。普段は詰め将棋の邪魔でしかないクリティカルもこういう時だけはありがたいですわ。


こんなで。とりあえず今のプレイでインザーギとバルドゥスのアイテムコンプしたらあとはジェノンあたりを勝ち要員にしてもう一度低勝率プレイすれば今度こそ図鑑100%いける…はず…いや多分。

| | コメント (2)

月初雑誌

別冊マガジン8月号
・『進撃の巨人』:また予想の上を行く燃え展開に。あとサシャがだめっ子すぎて生きるのが辛い(*´Д`)

・『さんかれあ』:こちらもラストでちょっと意表つかれた。

・『カウントラブル』:PSP go…

ゲッサン8月号
・『信長協奏曲』:この漫画に以前出たキャラが明智光秀という偽名で再登場、信長もそのへん承知で部下にするという新シチュエーション。これから本能寺までに確執が生まれるのか、あのイベントも2人で仕組んで起こすのか夢がひろがりんぐ。

・『マコトの王者』:天堂(in大地)はジョーンズと激闘中、大地(in天堂)はメガネとトレーニング。メガネが結構真剣に天堂のウィークポイントを探そうとしてるのが意外。

・『アオイホノオ』:あだち充の時に匹敵する暴言また出たw

・『第三世界の長井』:女子が出たとたんファーザーとキャラかぶり始めた(;´∀`)

少年ライバル8月号
・『霊媒先生』:今月も大安定。だがネコ隊長分が足りない…

・『アイマスブレイク』:響かこいい

・『エンマ』:楚江王のもとで仕事開始するもしょっぱなから急展開。もう以前の1話完結形式に戻ることはなさそう

| | コメント (0)

ブレイズチラ裏

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
残りのアイテムの最短コンプルート考えてたら頭こんがらがってきたでござる。

少し、頭冷やそうか…

・低勝率アイテムの出るステージ
  cp3 大切な物は何処(2map)
  cp4 試練は屍を越えて(強制選択)
     (※要cp3 「貴族の心、そして。」のワープシューズ)
  cp5 火の粉は集い、大火へと(2map)
  cp5 物欲のなせる罠(2map)
  cp5 ソルトロード
  cp5 守るべきもの(強制選択)

・秘薬の材料集め&調合
  cp3 奪う者、奪われる者(2map)
  cp4 終わりなき復讐(強制選択)
  cp5 物欲のなせる罠(2map)

・インザーギ所持アイテムコンプ
  cp3 庇護の対価(2map)
  cp4 終わりなき復讐(強制選択)
  cp5 戦士達の休息 -boy's side-(2map)
  cp5 物欲のなせる罠(2map)
  cp5 ソルトロード
  cp5 守るべきもの(強制選択)

・バルドゥス所持アイテムコンプ
  cp5 戦士達の休息 -boy's side-(2map)
     (※cp3 で「変わり者、募集中」を通ると戦えない)
  cp5 帝国軍事演習(強制選択)
  cp6a うつろう時の中で(強制選択)
  cp6a 盾を破るのは矛なのか?(強制選択)


→cp3から分けてだいたい2プレイでいけるかも

     低勝率狙い:cp3は「夜盗(戦力増強)」
                 →「貴族の心(ワープシューズ)」
                 →「輸送船襲撃作戦(戦力増強)」
                 →「大切な物(勝率アイテム)」
             cp5は「火の粉」と「物欲」が二択なので
             そこだけやり直して「ソルト」へ。
             「休息」は勝率下げられそうなら通ってもよし。
             (通るならcp5最初)

     その他狙い:cp3は「夜盗(戦力増強)」
                 →「奪う者(秘薬材料)」
                 →「輸送船(戦力増強)」
                 →「庇護(インザーギ戦)」
             cp5は「休息(インザーギ&バルドゥス)」
                 →「物欲(秘薬&インザーギ)」
                 →「ソルト(インザーギ)」で。
                 このルートなら分岐先もcp6aになる。

| | コメント (1)

プチ雑記

●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
やっとドゼウが腐ったでござるというかやる前からわかっていた事とはいえ通勤3往復+昼休み使ってアイテム図鑑コンプ率が+1%(現在95%)はきついですのう(;´∀`)

トータル勝率が低い場合限定のアイテムがいくつかあって、勝率を低く保つのがマゾそうだけどそれらを狙えば1プレイで3%くらい上がりそうなので今のプレイでダークセイバー作ったら超久々に1章からやる所存。(←※ストーリーやアイテムの分岐は3章からなので、2周目でアイテムの取りこぼし潰してからは1・2章はプレイしてなかた)

W杯タコ「パウル君」的中、独では「サラダにしろ」(読売)
タイトルがイミフすぎる(;´∀`)

同姓同名で住所も同じ「別人」に課税ミス(読売)
同姓同名だけならともかく知人同士で同じ住所に住んでるとかナブー兄弟かと

| | コメント (1)

はがない読了とか

●ラノベ『僕は友達が少ない』#2,#3
最新刊まで読了、一度フラグが立ち始めてからは完全に王道ハーレムラブコメですのう…。「全員残念なキャラ」というラインは保ってるのでキャラ同士の会話のほうは変わらず楽しめますが。特に夜空の外道っぷりと幸村のボンヤリ系非情マシーンっぷりは気に入ってます。(ただし作品のカラーがコメディでなかったらシャレにならん行動や言動が山盛りなので人によって好き嫌いが大きく分かれるかも)

あと星奈のギャルゲー好き属性はネタ属性としては特に目新しい気はしないけど、ギャルゲーにはまる経緯から納得できる形で見せられたのは新しいと思いました。ギャルゲーマー化後にいちいちどこかで聞いたような信者台詞が飛び出すのも面白いw

3巻のラストのヒキが気になるので今月出る新刊も購入予定。コミック版の1巻(これも今月発売)も楽しみ。


●久々に趣味プログラムの現状。仕事忙しいわ咳が治らんわで帰宅後のパワーが不足してるので本当スローペースですが。
Dempa100705_1
蛇行する敵が編隊で出てきて撃つとノーリアクションで消えるとこまで(各物体に重なってる四角い板が当たり判定)。コリジョンは四分木で軽量化済み。

Dempa100705_2
元絵がさびしいのでフレームバッファブラーで豪華っぽく見せてみる。

| | コメント (2)

ブレイクブレイド二章ほか

●映画『ブレイクブレイド 二章』観てきました。本当はアイアンマンとハシゴの予定だったけどプラス2時間咳を我慢できるか怪しかったので来週以降に延期に。

一章はろくに盛り上がらないわ中途半端なとこで切れるわで文句書いてたけど今回は見せ場連発でラストも切りのいいところで終わって面白かったです。元の漫画も面白くなってきたのは2巻後半からで最初が盛り上がらないのは仕方ないとはいえ、これは2000円取って二章まで一気に見せたほうが良かった気が(´・ω・`)

良かったところは何を置いても戦闘シーンですね。前作冒頭のようなこれ見よがしに細かい描写は無かったけどゴゥレムの重量やパワーの印象付けがしっかりしてるおかげでアクションの1つ1つが見せ場。特にデルフィングの全力逃走やリィ機の転倒シーン(漫画より派手にクラッシュする)はかなり熱かった。

一方不満は残虐描写が台詞にいたるまで避けられてるとこで。この映画は女子層も狙ってるようなのでボキボキ圧死する兵士のような直接描写が無いのは仕方ないかもしれないけど、「あんな顔のわからなくなるような死に方はごめんだ!」「あれが我々ゴゥレム乗りの死に方だ」のやり取りはこの世界のメカ戦を印象づけるものだったので残して欲しかったですわ。あとリィが最後に使ったハンドガンの銃声がズギューンはちょっとどうかと思った。(火薬銃じゃないはずだし演出的にも原作の「カンッ」しか無いだろうと)

ともあれ、一章の時は1000円で一回ずつ観るならまあアリか程度の気持ちだったけど今回はちょっとBD買ってもいいかなという気に。この調子だと三章の多重装甲装備の初陣見たら一気に背中押されそう。


360『アイドルマスター2』2011年春リリース(GAME Watch)
髪型変わった真きゅんに惚れなおしたでござる(*´∀`) ストーリー見ると前作のプロデューサーがいなかった世界線での再スタートっぽいですねー。前作プロデューサーの葬式から始まらなくて安心したw


●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
図鑑コンプ94%。アイギナたんの激怒顔どこかで見たなぁと思ってたけどやっと思い出した。
Dempa100705
完全に一致

| | コメント (0)

月末雑記

コミックバーズ8月号
・『彼女のひとりぐらし』:高校時代の輿水どんかわええ…でもその1コマの外側で色々な残念が展開されていたのは確定的に明らか
・『ミミツキ』:今度こそシリアス敵がと思いきやお前もか状態(つ∀`) 千風はんのチャーム能力は本物やで…
・『大東京トイボックス』:今回も現実の表現規制の議論をうまくかぶせてるなぁ
・『来世であいましょう』:キリヤは犠牲になったのだ…


『僕は友達が少ない』(ラノベ)#1
コミック版が激しくツボったのでお試し購入。ひととおり読んだ感じ、多少シーンが削られてる(個人的には漫画に合わせた良い削り込みだと思う)以外は展開も台詞もほぼ原作に忠実なコミカライズだったみたい。

周囲にヤンキーと誤解され怖れられる主人公と性格破綻者のヒロイン達が友達の獲得方法を学ぶべく「隣人部」に集うという筋で、ハタから見ると部員同士は既に友達になってるんだけど当人達は全くそのへんに気付かず不毛なチャレンジと罵り合い(これらもハタから見ると友達イベント)を続けているのが面白いところ(つ∀`)

コミック版より先の話を読んだところ、主人公がヒロイン多数に好かれるお約束パターンでデレイベントも幼なじみフラグも完備で結局期待してた邪道路線ではないようだけど、性格破綻者同士のかけあいが読んでて楽しいので続きもいってみようかと。


●PSP『ブレイズ・ユニオン』(音注意)
最後に残ったCルートをクリア。ハッピーエンドではあるけどやっぱり誰かしら犠牲にはなるのか…
ひととおりやって自分的にストーリーが一番気に入ったのはAの正史ルートでした。結末は残念だけど前作につながる事で得られるキャラの深みはやはりifシナリオには無い魅力。一方、正史補正を除けば一番感慨深かったのはBルートのノーマルEDですねー。

でもってアイテム達成度は93%に。もう残りはその1アイテムを取るためだけに何章か通しでやり直す必要があるようなものばかりなので、インザナの続きも進めたい事だしこの先どのくらいまで完璧を目指すかは気分次第な方向で。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »