« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

グロリアやってる

全然落ち着いてなくて週末も普通に休めませんでした\(^o^)/ 今週こそは多分ー

●PSP『グロリア・ユニオン』
通勤ゼルダ中断して先週から開始しついにお覇王さま登場。新しいゲームに出るたびキャラのぶれ幅が酷くなっていくw
Dempa110628
現時点での感想は、ユグドラ→ブレイズの時と比較するとカード・キャラ特性とも無難な拡張にとどまっていてシリーズ続編というよりは追加マップ集くらいの感覚。まあ各作品マップが違うことによって活躍できる職業やカードも変わってくるし(定番のシールドバリアとスティールが今回はあまり育ってない(;´∀`))、おおもとのシステムは安定の楽しさですが。あと新要素の「船」ユニット(砲台と投石器の機能をあわせ持つ上に兵員輸送もできる)もこれから活用する場面が増えるのかも。

話はやっと自分の置かれてる状況(主人公が何故賞金首にされたかなど)がはっきりしてきたくらいで、ユグドラ&ブレイズとは別の世界観になってファン心理的なツカミが無いこともあって今のところは何とも。でも仲間キャラの顔ぶれは気に入ってきてます。特にピンガー(主人公の舎弟のケモ子)とフィービー(騎士子的な性格のウンディーネ)は事前情報ではノーチェックだったのが喋らせたら予想外にツボった(*´∀`)

| | コメント (0)

ゲ雑記

直近の仕事の山を越えましたわ…といってもスケジュールがコロコロ変わってまともにプライベ-トの予定立てられないのは今も変わらず。まず今週末は普通に休めるのか('A`)

●PSP『グングニル』
2周目難易度BASIC(Bエンド)→3周目難易度ADVANCE(A'エンド)クリア。
隠しED扱いのA'エンドは状況的にはAエンドと同じだけど最後のシメが良い感じで、これなら「魔槍で大暴れする誘惑に勝った話」として見るぶんには満足な結末かも。まあそうならそうで魔槍を使いまくって勝つなり破滅なりする別ルートが欲しかったところですが。
BエンドはA以上のションボリ落ちぶれエンドだけど続編があるとしたらここから再起をかけるのも面白そう。

続けて挑戦した4周目難易度NIGHTMAREはHPや攻撃力アップだけならまだしも行動速度がバカッ速くなるのが脅威で、こっちが味方1人動かす間に敵が全員行動できるくらい差がつくため有利な位置取りはおろか魔法を当てるのもままならなくなってくる(敵の行動直後に詠唱開始しても先に逃げられる('A`))という。
さらに敵の数が減ると残った敵がさらに加速して、ボスを追い詰めたと思ったら範囲攻撃連発されて回復する間もなく壊滅とかザラでマジナイトメア。結局嘆きの門クリアしたとこで挫折しました\(^o^)/

ちなみにNIGHTMAREの苦行っぷりはともかくとして、ADVANCE以下で可能な引継ぎ周回プレイはなかなか楽しいです。キャラレベルは毎周デフォルトに戻るけど武器習熟度(→使用可能スキル)は引き継がれるのでご贔屓キャラ育成っぽい事は一応できるし、習熟度がわりとすぐカンストするため色々な武器に習熟させたくなって毎周の攻め方に変化がついてくるし。
あと武器や地形の特殊効果などによって2周目以降もチョコチョコ予想外の事態が起きる(+その法則をつかむことで戦い方が広がる場合もある)のも面白いですね。

操作系やら見づらいカメラやら慣れないとストレス溜まる要素だらけなのがネックだけど(このへん考慮するとAmazonで星3つとかはわりと妥当だと思う)、公式サイトの体験版やって耐えられそうならスティングゲー深淵入門的な感じで割とオススメかと。

●3DS『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』
グングニル一段落して開始。『時のオカリナ』と『ムジュラの仮面』は64版で一度クリアしてるけど(逆に、まともにプレイしたゼルダはこの2つだけ(;´∀`))久々すぎて内容をほぼ覚えてないのでかなり楽しい( ゚∀゚)=3
あとこれ、64版のベタ移植と思いきや立体視対応させるために(元々バイオハザードのような1枚絵CGだった)室内背景をリアルタイムモデルで再現してるんですよね。予想以上に手間かかってる。

●360『Child of Eden』
全5面?のうち4面まで解放したところ。パッドでプレイするとRez以外の何ものでもないけど、ゲームシステムがほとんど変わり映えしない分ビジュアルの技術的パワーアップと想像力の突っ走らせっぷりが半端なくて凄いですわ。Rezより面ごとのコンセプトや敵構成の特徴がはっきり分かれてるし、メガデモ的な奇抜なボスが無駄技術を撒き散らしてグリングリン動くのも楽しすぐるw

しかし宇宙鯨など見てるとタイトーSTGがGダラ以降もインフレを続けていれば今頃このくらいの表現になってたんじゃないかと思えてきますのう…いずれはこういうタイトーSTGも見てみたいとこで。

| | コメント (0)

先月後半雑誌

というかもう今月が後半ですと…

アフタヌーン7月号
・『百舌谷さん』:番太郎の男ぶりとM男ぶりが凄い勢いで高みに昇っていくww

・『まちあわせ』:殺人虫などのグログロ新生物をテーマにした読み切りで何度か登場してる田中雄一の新作。今回は主人公の彼女が新生物(成長するとグロい巨大繭に変態を始める)なのですが、変貌後も永く続くお付き合いを通して「恋人が不治の病に」という重いシチュエーションがかなり希望的に描かれてて心に沁みた(つ∀`)

コミックアライブ7月号
気が付いたらアニメ1作品に対して本編+アンソロ的なもの(4コマなど)の2本掲載するパターンが増えてますね。(現在はゼロ魔・シュタゲ・IS・アリア) メディアミックス雑誌としてのイメージ強化+うまいこと人気作ができたら逆輸出する算段か

・『神太刀女』:兄貴も無名さんもタダ者ではなかったでござるの巻。気になる無名の正体は邪刀の打ち直しかなと思ってたけど「神太刀女ではない」となると(布都丸の打ち直し?が普通にアズラガ扱いされてた例からいって)ちょっと違う気も。

・『僕は友達が少ない』:小鳩入部。原作絵の色気も認めるけどコミック版から入った身としてはこちらの幼女陣のアホの子っぽさが心安まる(´∀`)

コミックバーズ7月号
・『ミミツキ』:「使えない度」比較で涅町のポジションが意外w 牙氏と耳氏のいたわり合いは毎度和むけどなかなかその先に話が進みませんのう。

・『大東京トイボックス』:うむー自分は依田肯定派だなあというか依田が顧問に欲しい('A`)

・『あたしが死ぬには早すぎる!』:読みきり。「高校在学中に死ぬ」と予言されてひたすら身の安全をはかる女子高生vs何故か執拗に命を狙ってくる同級生のコメディ物なのですが、主人公のツッコミがキレてておもろいw

4コマまんがぱれっと7月号
・『マジでカガク』:何ぞこの可愛い生き物は(*´д`)…! (羊)

・『みりたり!』:先月今月と読んでだんだんツボってきました。ハシラの軍事豆知識が微妙にためになるw

・『真・恋姫無双』:エロゲ版の主人公初めて見たけど普通にエロゲの主人公な感じですのう。もっと武将っぽいのを想像してた(;´∀`)

| | コメント (0)

3DSブラウザ用立体画像とか

●3DSのアップデートで使えるようになったインターネットブラウザがMPOファイル(立体画像)を直接見られるらしいという事で試しに記事に埋め込んでみましたわ。
3DSで下の画像をクリックすると立体で見られるので(※MPO画像見られない場合はただの文字化けファイルになります)、とにかく機能を試したいんじゃあという方はどぞ。
Hni_0046 Hni_0037

Hni_0054 Hni_0061

今回オープンしたeショップは3Dムービーでの新作紹介や動画配信が面白いですのう。こんなに早く立体でゼルダ見られるとは思わなかった( ゚∀゚)=3

| | コメント (4)

最近単行本

待望の土日休み(来週からまた休日出勤になりそう)なのですが色々と間が悪く、家事以外の成果はエールストライカーユニット作ったのと扇風機とシリコン鍋導入した事くらい(つ∀`)
Dempa110604_0 Dempa110604_1
台は別売りのアクションベース2。

●最近単行本からいくつか。

『ホークウッド』
ジョン・ホークウッド(中世のイングランド軍出身の傭兵隊長)が主人公のスペシャリスト物。いくつもの戦場で雇われては見事な仕事ぶりを見せていくというのが基本ラインだけど、傭兵ということで雇用条件についての交渉シーンがあったり雇い主と敵方の駆け引きで処遇が左右されたりといったあたりに渋さが感じられて良いです。特に後半のエドワード黒太子との戦いの決着のつき方はすごく面白かった( ゚∀゚)=3

『おうちでごはん』#4
今回もイケメンと美女がアットホームに料理会食を楽しむ様にすごくほっこりさせられますわねグギギギ(お前語尾
ドラマCDで遠藤=古谷徹が脳内定着したせいで遠藤がハジケるたびに噴くというか古谷徹ボイスでこの演技を聴きたいw あとはしばみさんが料理する回ではしばみさんの脳内株がダダ上がりましたわ(*´∀`) なにげに可愛えのう

『夢十夜』(18禁・リンク先:にゅーあきばどっとこむ)
短編集。テーマが「夢」縛りだけどきっちりバラエティを持たせてる(あとがきを見るとむしろ余裕すら感じさせるw)のはさすがだと思います。一番気に入ったのは不健全妄想条例の話ですね。タイーホ理由の(本人にとっての)理不尽さで『マイノリティ・リポート』を連想したけど、あれで探知できるのって殺人事件だけなんだっけか。

エロスシーンにもかなり気合い入っててやらしくなってますが、一話のページ数が少な目なところにエロス度が上がると読んでて肝心の話に集中できない罠が(;´∀`) 18禁漫画としては正当な変化だとは思うのですが。

『伴天連XX』全3巻
ファミ通コミッククリア(Web漫画)で連載されていた作品。ごっつい侍が「くっ、鎮まれ…俺の左腕に宿ったナイトゴーントふがああ」とか言いながら旧支配者達に戦いを挑むというクトゥルーの威厳とか絶望感とか色々台無しな話なのですが、元チャンピオン作家らしいアクの強いキャラ立てとかハッタリのきいた台詞とか絵の上手さとかツボな要素満載。特に「無貌の神」をウルトラマンっぽい顔立ちにアイスラッガーちょんまげのおっさんとして登場させたのは発想すげえと思いましたw 打ち切りラストが「待っていろクトゥルーども!」というベタベタな終わり方だったのがアレですが(わざとやってる節もあるけど)かなり熱かった( ゚∀゚)=3

『ブロッケンブラッドVII』(リンク先:コミックナタリー)
登場芸能人が変わる以外は毎話ほとんど同じ展開でよく7巻も続くなあと思うのですがたまに不意打ち的な笑いどころがあるので今回も買ってしまう(;´∀`) この巻は健一が全く変身してない(事件は明日香かサブキャラ乱入で解決してしまう)のが特徴で、もう主人公というよりダイミダラーの乳揉まれるほうみたいなポジションですのう…

| | コメント (0)

グングニルクリア

●PSP『グングニル』
Aエンド(ナタリア訪問)でクリア。本当にこれグッドなほうのEDかよというくらいションボリな結末でしたわ(;´∀`)
結末に限らず全編「現実はうまくいかないよねー」感あふれる地味に気が沈んでくるストーリー展開は”最も深淵なる戦記物語”(※深遠ではなく深淵)というコピー通りでw自分的には気に入りました。
ただ、グングニルが世界の終末をもたらす話や出番が中途半端なまま消息不明になったキャラなど投げっぱなしな伏線がちらほらあって、ステージ数&プレイ時間がユグドラやインザナのちょうど半分くらいな点からいっても当初予定してたシナリオの半ばくらいで終わってる可能性はありそう。

ゲームシステムは一般的なSRPGのルールに制限を加えた上で別の自由度(特定のシステムを使うことで前述の制限も含めたルール破りが可能になる)を与えてみたという感じで、これまでのシリーズに較べると独自性は薄いもののひねくれたルールを理解する楽しさは今回も味わえてます(まだ不明な部分があるので現在進行形w)。
戦闘中のカメラが見づらい・武器性能などの欲しい情報をどこで見られるのか探すのがやたら難儀・重要情報(「夜しか使えないアイテム」「雨天でしか使えない武器」など)が事前に確認できないなど細かい不親切さがどうしても色々目に付くけど、そのへんは一度体が覚えてしまえば我慢できるレベルかと。

1周が比較的短いし(初見で15時間くらい、2周目からはほぼ全武器・アイテム・所持金を引き継げる)、傭兵は結局ウィッチ(クリームヒルト)とトリックスター(ジャニス)しかまともに使わなかったので続けて2周目開始して別の職キャラ使ったりBエンド目指したりする所存です。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »