« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近単行本

●さかのぼって思い出していくテスト

『アリスの二つの顔』中巻(18禁)
海野先生新刊。漫画家を目指す主人公のもとに漫画の女神様が降臨して雑誌初掲載を果たしたところからスタート。デビュー後に降りかかる悩みとか技術的な話とか流行のジャンルや作風を追うべきか否かなどなど、お題自体は漫画家モノとしては直球だけどその思考過程にかなり実感がこもってて、かっこよく理想を押し通させるでもなくドライな楽屋裏を読者に見せ付けるでもなく「完全な正解の見えない中で漫画家はどう考えているか」の一例を見せる形になってるのが良いと思います。コラム・エッセイ的な面白さというか。
中巻が売れないと下巻が出るかわからないそうなのですがこれは下巻まで読みたいところ( ゚∀゚)=3

『彼女のひとりぐらし』#2
輿水どんの何という俺生活2巻。自室で独り言が出たり酔ってやらかしたりと身に覚えのある事が次々出てきていたたまれないやら親近感がわくやら(;´∀`) 性別はもとより生活圏や学生時代のバックボーンもまるで違うけどアタイこの子とは友達になれそうな気がするww  あとチョイ役や妄想でしか出てこないけどオッサン含めて男キャラ全般かこいい

『銀の匙』#1
『鋼の錬金術師』の荒川弘新作。農業高校が舞台のコメディ気味青春物で、『百姓貴族』でも披露されたような普段消費者からは伺い知れない農業界の深淵がまたチラチラと垣間見えておもろい(*´∀`) 中島や校長といった先生方のキャラ立ては高橋留美子に通じるものがあると思うのですが、少年サンデーだからそう見えるのかオマージュ的に意識してやってるのかは果たして。

『神のみぞ知るセカイ』#13
前巻の流れのまま魔界編でも始まるのかと思ってたら、なんだかんだで結局女子攻略をするというブレの無さ。しかも女神の所在探しがまだ終わりではないというのは予想外でしたわ。
あと今巻からの複数ヒロイン同時攻略。いずれやるだろうなとは思ってたけど、通常攻略ではなく「一刻も早く複数ヒロインを攻略しないと人命にかかわる」という特殊な状況とセットで出してきたのは(桂馬の印象もそう悪くならないし間延びしがちな展開を短縮する効果もあるしで)上手いなあと。

| | コメント (2)

Torne導入とかゲ進捗

先週休暇最終日に呼び出しくらったのを皮切りに再び落ち着かない日々が続いておりまする。

●HDDレコーダーが壊れて交換用のHDDも売ってない(日立の自社製でないと認識しないけど日立がHDD生産から撤退してしまったためもう市場に無い)ため、一時措置としてTorne導入しました。

導入はTorne本体をアンテナ線とPS3のUSB端子につないでアプリインストールしてさっくり完了。番組表はサクサクスクロールさせられるわそこからの予約も同ジャンル番組の検索も直感的にできるわで操作性は文句なし。録画中のBD再生も問題ないし一時措置どころかむしろこれをメインのレコーダーとして使いたいくらいですわ(*´∀`)

ただ、外付けHDDを使用するとTorne本体とHDDでUSB端子が全部埋まってしまう(接続しっぱなしではコントローラ充電もキーボード接続も不可、PSPへの転送もできない)のが難点ですね。結局USB HUBで端子数を増やして解決したけどPS3本体とHDDとHUBでコンセントが3個占有されてしまうのはちょっと美しくない感じ。

あとBD専用機になってる今はいいけどダークソウルが出たり積みゲー(アルトネリコ3とかニーアとか)開封したりすると録画時間帯との兼ね合いの問題も出てきそうなのでやっぱり別の録画手段も検討したく。

●ゲーム進捗。

・PSP『グロリア・ユニオン』
Dempa110724_2
悪評プレイでパメラさんきたこれ( ゚∀゚)=3 グングニルでも登場したので全然懐かしくはないですが大きく悪評を稼げるステージが限られてて意外と出現条件はシビアだった。
まだ2周クリアはできてなくてアイテム収集率は75%。100%は全然遠いし味方キャラ全員確認はできたので一旦ゼルダに戻るのもアリかも。

・3DS『すれちがいMii広場』
「ピースあつめ」コンプ完了、「すれ違い伝説」も一周クリア。
ピースあつめのパネルは2D写真のおさまった額縁が宙に浮いてる感じだったのでパネルが完成しても一度も確認モードで確認してなかったのですが、コンプ記念にと見てみたら額縁の中身がリアルタイム3DCG化されたものが表示されて驚いた。しかも立体感かなり高い。これはもっと早く見ておくんでしたわ。
すれ違い伝説は結局大した面白みもなかったけど、毎日すれ違いは発生するし2周目以降で新たなアバター用帽子も出るようなので継続はするつもり。

・360『シュタインズゲート 比翼恋理のだーりん』
助手・指圧師・ルカ子までクリア。今のところはお笑い成分の高さで指圧師シナリオが一番気に入ってます。やはりあの携帯使ったキャラ立てはネタキャラポテンシャル的に頭ひとつ抜けてるとおもた(*´∀`)

| | コメント (2)

月前半雑誌

前半は数ヶ月ぶりですかのう…

別冊少年マガジン9月号
『カウントラブル』:先月の今月で早速自爆する上に百合フラグまで立てられるメーコさん超和む(*´∀`)
『進撃の巨人』:アルミン&ジャン&ライナーvs知性持ち巨人。微妙に交渉フラグが立ってそうに見えるけど「知性持ち=交渉可能」だと事態好転しすぎですかのう
『マルドゥック・スクランブル』:カジノ編のブラックジャック終了。やはりバロットさんは格が違った

ゲッサン9月号
『アサギロ』:永倉・(市川)宇八郎コンビが試衛館に乗り込んで敗退。モノローグを交えつつ良い顔で勝負する永倉や山南と、何考えてるのかさっぱりな天然異次元の近藤・沖田が対照的(;´∀`)
『マコトの王者』:天堂vs大地の決戦中。試合前から天堂(in大地)に負けフラグが立ちまくってたけど引き分けの目も出てきた?
『信長協奏曲』:浅井の離反から始まった撤退戦終了。(味方として信用できない)藤吉郎を(替え玉信長と共犯関係の)光秀と官兵衛が監視する関係が面白い

good!アフタヌーン#17
『鉄風』:紺谷さんの夏央への理解度がすごすぎる
『サヤビト』:1巻の双子&親代わりサヤビト再登場。砂を吐く甘々さw
『ハルシオン・ランチ』:最終回。大団円というか実質転生エンドというか

| | コメント (0)

ゲ雑記

三連休+GW代休で一息…といっても所用(主に家電関連)でバタバタしてるうちに終わりそうな感じですが(;´∀`) シュタゲだーりんは休み中のクリアは厳しいと思うし適当なところで積みプラモかプログラムか触りますかのう。

●360『シュタインズゲート 比翼恋理のだーりん』
週末開封して現在3章。オカリンと助手の痴話げんかをニヨニヨしながら聞いてま(*´∀`)


●PSP『グロリア・ユニオン』
2周目悪評プレイで土ルートに進んでガングを仲間に。悪評プレイといっても「失敗失敗☆逃げろ~」とか「まあ今回は仕方ないよね」とかそんなリアクションばかりで選択の重みゼロw まあおかげで躊躇なくバッドな選択肢を試せますが。

あと1周目気がつかなかったけどルルゥのコウアレス(部隊ユニットが合体して強力な単体ユニットになる)がかなり強いかも。てっきり部隊人数ボーナス分の与ダメージを犠牲にして戦闘に勝つスキルだと思ってたらスキル成功ボーナスでむしろダメージ増とか何というぶっぱカード(;´∀`)

コウアレスに限らないけど、今回SLG部分の拡張ルールは面白かった一方で追加カードのスキルについては単純に強い攻撃か運任せばかり(トリックスターはちょっと変わってるけど敵専用)でイマイチ物足りなさが。できれば次回作あたりで新しい駆け引き要素を見てみたい気もします。(カードスキルの駆け引きが初代ユグドラのカードで完成してしまってて単純に強い攻撃カードを増やす以外の拡張は難しいのかもしれませんが。)


●3DSはゼルダ休止中だけど本体付属アプリの『すれ違いMii広場』と『いつの間にテレビ』『ニンテンドービデオ』が地味に稼動してます。

『すれ違いMii広場』は外ですれ違った他人のアバターを使ってRPG風戦闘ゲームを遊んだりパネル(マリオやリンクなどのブロマイド)の欠片をもらったりするソーシャル系アプリ。
ゲーム性はほぼゼロだけど、外出のたびにそこそこの人数とすれ違える(通勤で山手線圏内通過するだけで5人はかたい感じ)のに加えてアバターが10人に達するとアプリを立ち上げて処遇を決めるまで次の受信ができなくなるので、寝る前に1プレイしてストック消化するのが習慣になりつつある感じです。

『いつの間にテレビ』『ニンテンドービデオ』は3Dの動画配信サービス。映像は数分だけど、京都の街歩きとか電車の前方風景とかいった旅行系の映像(しかも電車は日替わりで1駅ずつ進んでいく)が癒される感じでなかなか良いです。鉄道マニアの人とかたまらんのでは。
ただ、一応立体ではあるものの奥行きが浅めで「画面の中にリアルな風景がある」というところまではいってないのが少々残念。ハードの限界値なら仕方ないけど撮影側の設定で何とかなるなら改善して欲しいかも。

| | コメント (0)

グロリアクリア

●PSP『グロリア・ユニオン』
Aエンドで一周目クリア、トータルプレイタイムはリセット込みで約25時間。

序盤は戦闘もアイテム回収もイマイチぬるめで初心者向けかと思いきや、要所要所のボス戦や6章の連戦など難所はきっちり設けてあって難易度は体感でブレイズ(易)とユグドラ(難)の中間くらい。
贔屓すればどのキャラも充分な戦力になってくれる(※)一方で無双キャラを作っても後半が簡単になり過ぎることもなく、難易度バランスはシリーズで一番とれてるかも。

※まだ仲間にしてないガング/パメラとレンジャーブーツ履いたままエンディングまで操舵手してたミネソタさんは未確認w

新システムの船ユニットや天候も今までのシステムに馴染んだ拡張でうまく機能してると思います。特に霧はいつ出るか知らないと戦略台無しな上に敵味方のクリティカル率増加でバクチ度も上がるためリセットプレイが加速してしまうのがアレだけど自軍に有利に働くとかなり気持ちいい( ゚∀゚)=3 船も移動コストの節約とかブリザードの使用タイミングとか考える要素が増えて面白いですね。

#リセットプレイといえば新カードのメテオやフューゼレイドは発動効果がでかいだけに確率が絡むのは少々微妙かも…まあ強いのでリセット前提で使いまくりですがw

あえて不満をあげるならストーリーが王道ど真ん中で難易度もそこそこなため、ユグドラの一部ステージ&カードのバランスのぶっ壊れっぷりやブレイズの絶望一直線な正史ルートストーリーのような強烈に印象に残る箇所が今のところ無いことですが、そのへんはBエンド&Cエンドに期待で。

全体的には、ライトな新世界観に転換してしまってはいるけど敵味方とも良いキャラ揃っててネタ会話もそこそこ多くキャラ物的な方向で充分楽しめました。ピンガーかわいいよピンガーフィービーかわいいよフィービーラズ(以下略) あとやっぱりこのシリーズのシステム、クセはあるけど自分は超好きですわ(*´∀`)

今作は初回プレイでアイテム図鑑が60%くらい集まったので次は悪評プレイしつつ残りの探求を続けようかと。(ゼルダが途中だしPSPo2iも新ミッションなど来てるのでコンプまで頑張るかはわかりませぬが(;´∀`))

| | コメント (0)

月末雑誌とか

携帯機種変の候補を、スマホとか海外端末とか現端末を白ロムで買いなおすとかオクで外装だけ買って自分で修理するとかさんざん検討した末に結局「見た目の気に入った端末が出るまでもう少し我慢する」という結論に。なんという時間の無駄(;´∀`) 発売後に評判良ければXperia Acroはちょっとひかれるのですがー。

アフタヌーン8月号
『げんしけん二代目』:斑目に春が。確かに二代目の斑目はイケメン度上がりまくってるけどいきなりマミしゃんにモテるとかグギギ
『無限の住人』:かっこわるい万次さん噴いた

コミックアライブ8月号
リニューアルで新連載と読み切りがドカドカと。オリジナルの読み切りはいずれも上手いですのう…というか『セントレア』はアライブ版オカルト学院の人ってマジかΣ オリジナルのほうが全然良いわ
『神太刀女』:琢磨ハイパー化。少し前まではもう羽々斬さん主人公でいいんじゃないかな状態だったけどいきなりかっこ良くなった
『僕は友達が少ない』:リレー小説の回。ガックンガックンされる幸村の顔ww
『リバース』:姉さん入院以来のイライラストレス展開もそろそろ終わりそうな

コミックバーズ8月号
『彼女のひとりぐらし』:酔って暴言ネタは個人的にかなり精神ダメージが(;´∀`)
『大東京トイボックス』:金田復活。依田が使ってるノキアストレート端末(海外の6300という機種っぽい)ほすぃ…
『ミミツキ』:千風は嘘つきになってもかわいいのう

まんが4コマぱれっと8月号
先月の『みりたり!』に続いて『ちろちゃん』がツボってきた。メガネが良い味w
『マジでカガク』:謎の発明で試験対策でござる(死亡フラグ)の巻。私服の主人公が地味かわいい

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »