« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

劇場版オーズ&ゴーカイジャー

『劇場版 仮面ライダーオーズWONDERFUL / 海賊戦隊ゴーカイジャー』観てきました。

『オーズ』はオーズ側も暴れん坊将軍側も本編との整合はあまり気にしてない感じだけど(新さんがめ組衆や町民の前で葵の紋付きで戦ってるとか勢揃いフォームで使ったメダルどうしたのとか)、お祭り企画物としてかなり楽しめたし大スクリーンで見る上様はおなじみのBGM込みで最高でしたわ( ゚∀゚)=3 贅沢を言えば上様の白馬での登場シーンで「暴れん坊将軍」のタイトルをズガーンと出して欲しかったですがw

『ゴーカイジャー』はストーリーはTVの1話分といった感じだけどクライマックスのロボ対決のCGアクションがかなり軽快な立ち回りで燃えました。TVでなかなか出番が無いジェットマンへの変身(レッドホークのみ)があったのも個人的ポイント高し。

あと余談ですがゴーカイグリーンのアクションがいちいち暑苦しいのが超気になったw 名乗りポーズがオカマっぽいのは普段から認識してたけど映画では攻撃ポーズとか合間の小芝居とかもう気になる気になる。劇場の大スクリーンで見て初めて気がついただけかもしれないけどTVでもあんなだったかなぁ(;´∀`)

| | コメント (2)

WORKING!! BD

『WORKING!!』BD-BOX到着( ゚∀゚)=3
Dempa110825
元素材がSD放映前提であまり細かい線や文字を使ってないせいか再撮影でも「解像度上がった!」という感じは薄いけど、線のにじみや圧縮ノイズが無くなり発色も綺麗で画質は段違いですね。あとDVDでキャラコメンタリーが入ってなかった回(13話中6話)にも新録コメンタリーが入ってて、まだ最初の種島+山田しか聞いてないけどやばい楽しい(*゚∀゚)=3

ただしDVDの書き下ろし漫画やCD(テーマソング・サントラ・ドラマ)といった物理的オマケは全く入ってないのでそのへんも押さえるなら結局両方持っていなくてはならない罠が。自分的には主に未来大家族山田家のために手放す訳にはぐぎぎ

●夏休みにプチ再開したOpenGLいじり進捗。
Dempa110825_1
メタセコでFBXフォーマットで出力したモデルを組み込み中。当面はFBXライブラリで直接読んでそのまま使えばいいやと思ってたのですが、無料のVisualStudio2008EEにはFBXライブラリのリリースビルドに必要なライブラリが同梱されておらず結局まじめにFBXから自前フォーマットに変換セーブして扱うことに(写真のモデルは自前フォーマット、描画は固定パイプラインでテクスチャ対応もこれから)。またしばらく進捗止まりそうだし予定してる見た目はまだ通そうですのう…

| | コメント (0)

シュタゲ8bit体験版

●WIN『STEINS;GATE 8bit』体験版
起動画面見た瞬間ドキュンときて押入れからCRT引っ張り出してプレイしましたのよ。
Dempa110820
中学レベルの動詞1語出すのにえらい苦労したものの何とかクリア。システム上当然のように「そのコマンドはここでは使えません」が多発して、実際の光景で見るとカモン!カモンだよ!プレゼントだよ!わかってよ!回れ!回らんかああみたいな状況なのか汗ダラダラ流しながらアウアウ言ってる状況なのかわかりませんがカタコト英語で外人と話してる感じでなかなか新鮮というか。
コマンド入力式のADVは確か昔友達の家でザースちょっと触ったくらいでほぼ未経験なのですが自分的にこのプレイ感はかなりストライクですわ( ゚∀゚)=3

エンディングまでこのペースだときついけど、多分序盤でゲームで有効な動詞がひととおり把握できればそこそこスムーズ進行になるんじゃないかっていうかなって欲しい(;´∀`)

しかし今回ストーリーはスピンオフのバカ話っぽく見えるけどどうなんですかね。ここまで描写力に制限をかけてる中で感動話ができたらびっくりなのですが。

| | コメント (2)

グロリア雑記

ゲェー前回更新から10日経過してて催眠術だとか超スピードだとかうんたらかんたら

最近のダイジェスト的には、工数不明だった急ぎ仕事が土日+今週前半で片付き遅ればせながら待望の夏休み突入。1日ぐったりした後作る作る詐欺の続きに取り掛かったり実家のテレビ買い替え計画を発動したりしてました。テレビの件が片付くのが明日かあさってになるので作る作る詐欺のほうは休み中に目ぼしい成果が出せるかわかりませんが(;´∀`)

とりあえず記事リハビリ兼ねて先月からがっつり進んだ通勤ゲー話。

●PSP『グロリア・ユニオン』
液晶テレビに映して撮影テスト。
接写モードでPSP直撮りするよりかなり楽になった( ゚∀゚)=3
Dempa110819
死ねはやめようよ時代はホビロンだよ

やめるやめる詐欺のままズルズルと続けてて結局全エンドクリア。至って普通なAエンド、プレイヤーも登場人物も微妙に置いてけぼりなBエンド、と続いてCエンドでやっと満足いく結末が見られましたわ。Cでも微妙に展開に首をひねる部分はあったけど、最終面のシチュエーションとボス隣接時の一部キャラのかけあいが面白かった。

クリア後は例によってアイテム図鑑埋めにかかり現在4周目後半で完成度98%。
残る3アイテムのうち1つはこの周・1つは次周で入手できるけど最大の問題は練成アイテム(中盤に材料が手に入った時点で中身の抽選が行われ、ゲーム終盤に中身が判明して手に入る)の玉璽カエサルですのう…。今の周は別のアイテム回収の都合で当選率上げるアイテムを取れなかったので半分諦めてるけど、他アイテムもコンプになる次周でダメだったら力尽きるかも。(やめるやめる詐欺)

| | コメント (0)

先月末雑誌

また仕事がテンパり開始というか夏休み寸前まで夏休みエンドの作業内容が決まらないのが超勘弁ですわ。先週決まってれば週末出てたのに(;´Д`)

アフタヌーン9月号
『げんしけん二代目』:斑目モテモテじゃぜ…
『天地明察』:対抗心がブワーッと湧いてくる描写が熱い
『無限の住人』:HIGE…!

コミックアライブ9月号
『神太刀女』:関口どのいい事言った。イケメンもあれだけどオヤジ連もかこいい( ゚∀゚)
『シュタインズゲート』:隔月連載で7ページは予想外すぎた(;´Д`)
『僕は友達が少ない』:ロマ佐賀編その1。今月もマリアで和む

コミックバーズ9月号
『彼女のひとりぐらし』:整体院で癒されるでござるの巻。ドス顔が似合いすぎるw
『ミミツキ』:雪町公開処刑(;つ∀`) 縞太郎も違う意味で公開処刑(;つ∀`) あとラスボスっぽい幼女登場
『がらくたストリート』:津島さんの登場人物紹介(「なぜか大人気。おまえらの眼鏡小学生女子好きは異常」)がひどいw だが人気もさもあり

まんが4コマぱれっと9月号
『氷室の天地』:歪みなきR30漫画
『マジでカガク』:またちんまくて可愛い物体がというかこのロボ欲しい(*´∀`)

| | コメント (2)

3Dゲ雑記

●3Dミクさんや3D対応ゲーの体験版などひととおり確認できたので飛び出し具合の感想など。モニタは偏光式3DのREGZA ZP2です。

・PS3『初音ミクドリーミーシアター2nd』
ゲームは3D非対応で、クリアした曲を鑑賞するPVモードのみ3D。
オプションで奥行きと飛び出し具合を最大にするとまんまテレビの中でフィギュア(アップ時は大型ドール?)が踊ってるようだわミクさんがこちらに伸ばした手が画面から飛び出して見えるわで個人的には先日のワイプアウトHDと並んで特に3Dの効果が高く感じられました( ゚∀゚)=3
ただ、(うちだけの症状かもですが)ミクさんの髪の左右に常時うっすらとブレが見えるのがかなり気になる。片目ずつつぶった所どうも右目左目とも逆側の画像が見えてしまってるようだけどハードや設定に何か問題があるのか、他のソフトでも出ているのがミクさんは髪色のせいで目立ってしまってるのかはちょっとわからず。

・PS3『STAR STRIKE HD』(体験版)
球状のフィールドで戦う全方位シューティング。立体感は画面内にミニチュアがあるような感じで上々、壊した隕石の破片がバラバラ飛び散って時たまプレイヤーのほうにも飛んでくるのが面白いです。

・PS3『KILLZONE3』(体験版)
冒頭の小型艇で敵施設のまわりを飛び回るシーンの3D化はかなり期待してたのですがやってみると立体感微妙…遠景メインで視差があまり無いからですかね。また、絵作りの手法が3D化に向いてないのかかなりジャギーが目立つのも没入感の妨げに。
一方、地上に降りての白兵戦は直前の小型艇のシーンとの落差もあるかもしれませんがだいぶ立体感が増して感じられました。

・360『コールオブデューティ ブラックオプス吹替版』
3D対応だと知って長いこと積んでたのを急遽開封、でもこれも立体感はイマイチ。
特にカットシーンはかなり極端な画角を使ってるせいか派手に奥行き方向が潰れて感じられます。ただ、ライフルのスコープを覗いた時に「スコープに十字と敵の写真がはめ込まれてる」感じではなく、きちんと十時のずっと向こうに敵がいるように見えるあたりは3Dらしさを感じました。
あと3Dとは関係ないけど、自分一生であと何回若本と戦うことになるんすかね(;´∀`)

とりあえずこんなとこですが、他のモニタや3D方式ではまた印象変わるかもです。(調べたら偏光式はシャッター式より立体感が少し落ちるらしい。ミクさんの奥行き・飛び出し設定がこの差を考慮してのものだとしたら、KZ3やCoDもシャッター式で見れば良い感じになるのかも)

| | コメント (0)

液晶テレビ購入とか

●居間の10年物テレビの経年劣化がかなり画面にきてたので週末に液晶テレビを初購入いたしましたですわ。

自室テレビを居間に移動して自室をグレードアップさせる方向で考えた結果、サイズよりゲーム環境重視で3D対応の32型REGZA ZP2に決定。これで今週発売のミクさんのPVが立体で見られるのだぜ( ゚∀゚)=3


・セットアップ後PS3のワイプアウトHDで3Dの具合を確認。偏光式(1ラインごとに右目用画像と左目画像を交互に表示する方式)の短所だと聞いていた「縦横いずれかの解像度が半分になる」問題は気にならないレベルだと感じました。
というかメニュー画面の細かい文字がそのまま読める点からいくと、右目も左目も1ラインおきの映像が見えるという点では解像度半分だけど両目トータルで全ライン分の情報はちゃんと得られる(→ドットが荒くなって見える訳ではない)っぽい。検証用の画像作って確認してみないと断定はできませんが。

(8/5追記:その後西川善司の大画面☆マニア(AV Watch)でZP2の処理の解説が。上から「0ライン目の右目用画像」→「1ライン目の左目用画像」…のように単純に交互に振り分けてるのではなく、「0ライン目と1ライン目の右目用画像の平均」→「0ライン目と1ライン目の左目用画像の平均」…のように画像を合成して、本来マスクされて消えるべきラインと見えるべきラインの情報が両方とも(ただし50%ずつ)得られるようにしてるらしいです。

あと、メガネで1ラインおきにマスクされる理屈に従って映像には細い横縞が入るのですが、これがちょうど15KHzPCモニタの質感を倍細かくしたような感じで妙な懐かしさがw 縞が嫌ならハイエンドのシャッター式にするしかないけれど、自分的には15KHzモニタの質感は好きだし一番心配だった解像度の低下が杞憂だったのもあって全く文句なしですわ。むしろシャッター式より目が疲れないぶんこちらのほうがアタリかも。


・PS3以外のゲーム現行機の接続は箱もPSPもWiiも問題なし。SD解像度D端子接続のPSPとWiiは通常の映像モードで映すとボケボケだけど、「ゲーム」モードにするとRGB接続レベルとまではいかないもののドットのエッジがそれなりにシャキッとして良い感じになりました。

ただしREGZAはこの春モデルかららしいのですが、S端子入力が廃止されていてドリキャス以前のゲーム機の接続には大問題が。(一応コンポジット端子はあるけど自分の場合画質悪いS端子未満のケーブルは廃棄してしまった(;つ∀`))
今回はHDDレコーダーをS端子→D端子変換機がわりにすることで解決したけどD端子もわりと滅び気味だし、S端子やアナログRGBをHDMIに変換する手段はいずれ必要になりそうですね。


・最後にブラウン管28型との違いで気になった点ですが、地デジアニメの圧縮ノイズがはっきり見えてしまうようになった事・ゲームの30fpsと60fpsの差がモロに感じられるようになった事(前のテレビでも差は大きかったけど、新テレビだと30fps映像だけ自分の目の疲れの閾値を超えてしまうらしくさらに目立つ)の2つ。まあこのへんは画面サイズや精細度とのトレードオフなので仕方ないですが。
自分的にはブラウン管も壊れない限りは併用していきたいところです。かさばるし重いけど。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »