« 最近単行本 | トップページ | 3Dゲ雑記 »

液晶テレビ購入とか

●居間の10年物テレビの経年劣化がかなり画面にきてたので週末に液晶テレビを初購入いたしましたですわ。

自室テレビを居間に移動して自室をグレードアップさせる方向で考えた結果、サイズよりゲーム環境重視で3D対応の32型REGZA ZP2に決定。これで今週発売のミクさんのPVが立体で見られるのだぜ( ゚∀゚)=3


・セットアップ後PS3のワイプアウトHDで3Dの具合を確認。偏光式(1ラインごとに右目用画像と左目画像を交互に表示する方式)の短所だと聞いていた「縦横いずれかの解像度が半分になる」問題は気にならないレベルだと感じました。
というかメニュー画面の細かい文字がそのまま読める点からいくと、右目も左目も1ラインおきの映像が見えるという点では解像度半分だけど両目トータルで全ライン分の情報はちゃんと得られる(→ドットが荒くなって見える訳ではない)っぽい。検証用の画像作って確認してみないと断定はできませんが。

(8/5追記:その後西川善司の大画面☆マニア(AV Watch)でZP2の処理の解説が。上から「0ライン目の右目用画像」→「1ライン目の左目用画像」…のように単純に交互に振り分けてるのではなく、「0ライン目と1ライン目の右目用画像の平均」→「0ライン目と1ライン目の左目用画像の平均」…のように画像を合成して、本来マスクされて消えるべきラインと見えるべきラインの情報が両方とも(ただし50%ずつ)得られるようにしてるらしいです。

あと、メガネで1ラインおきにマスクされる理屈に従って映像には細い横縞が入るのですが、これがちょうど15KHzPCモニタの質感を倍細かくしたような感じで妙な懐かしさがw 縞が嫌ならハイエンドのシャッター式にするしかないけれど、自分的には15KHzモニタの質感は好きだし一番心配だった解像度の低下が杞憂だったのもあって全く文句なしですわ。むしろシャッター式より目が疲れないぶんこちらのほうがアタリかも。


・PS3以外のゲーム現行機の接続は箱もPSPもWiiも問題なし。SD解像度D端子接続のPSPとWiiは通常の映像モードで映すとボケボケだけど、「ゲーム」モードにするとRGB接続レベルとまではいかないもののドットのエッジがそれなりにシャキッとして良い感じになりました。

ただしREGZAはこの春モデルかららしいのですが、S端子入力が廃止されていてドリキャス以前のゲーム機の接続には大問題が。(一応コンポジット端子はあるけど自分の場合画質悪いS端子未満のケーブルは廃棄してしまった(;つ∀`))
今回はHDDレコーダーをS端子→D端子変換機がわりにすることで解決したけどD端子もわりと滅び気味だし、S端子やアナログRGBをHDMIに変換する手段はいずれ必要になりそうですね。


・最後にブラウン管28型との違いで気になった点ですが、地デジアニメの圧縮ノイズがはっきり見えてしまうようになった事・ゲームの30fpsと60fpsの差がモロに感じられるようになった事(前のテレビでも差は大きかったけど、新テレビだと30fps映像だけ自分の目の疲れの閾値を超えてしまうらしくさらに目立つ)の2つ。まあこのへんは画面サイズや精細度とのトレードオフなので仕方ないですが。
自分的にはブラウン管も壊れない限りは併用していきたいところです。かさばるし重いけど。

|

« 最近単行本 | トップページ | 3Dゲ雑記 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近単行本 | トップページ | 3Dゲ雑記 »