« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

巨像だけを殺す機械カヨー

●PS3『ワンダと巨像 HD』
滑らかな動きで毎晩5体ずつ狩り続けて一周クリア。さすがにPS2でさんざんやっただけあってマップは迷わないし巨像の倒し方も大半はすぐ思い出せたけど、ラスボスの右手→胴体の移動方法だけ全く思い出せず結局攻略サイトのお世話に(つ∀`)

3Dテレビでのプレイはかなり楽しめたのですが、マップも巨像も「立体で目の前にある」がゆえにミニチュアっぽく見えてしまうのが巨大感をウリにしたこのゲームに関しては若干マイナスっぽい感じはします。
まあそれでも画面に入りきらないサイズの巨像は迫力あるし、体毛のフサフサが立体で見るとマジフサフサで触り心地良さそうなのでモフモフ愛好家には3Dテレビ超オススメですが。モフモフ。

あとプレイしてて剣刺すチャンスこんなに少なかったっけとかワンダってこんなに転びまくり振り回されまくりだったっけとか思ってたら、クリア後に2chスレ見たところやっぱりPS2版より難しくなってる(巨像の暴れる頻度が増えて、ワンダもバランス崩しやすくなってる)もよう。
ノーマルクリアするぶんには支障ないけどこのバランスでタイムアタックモードはマゾすぎるのでパッチでPS2版相当に修正希望ですわ。

| | コメント (0)

最近単行本

とか。

『BLOOMED IN ACTION』(←単独リンク無いので立ち読みページ)
『ブロッケンブラッドIV』の巻末に載ってた読み切り漫画。まさか続きが、しかも単行本1冊分もあるとは思いませんでしたわ(;´∀`)
屈強の傭兵が美少女と見まごう姿に再生されて女学園で潜入捜査するというブロッケンブラッド(以下BB)同様のアレな漫画で、美少女っぽく再生された男達が次々登場するあたりも期待に違わずアレでしたw BBは(1シーズンごとの趣向の違いはあるものの)もうこれネーム自動生成できるんじゃね状態だけど、こちらはレギュラーキャラの顔ぶれが変わった分ギャグノリは同じでもなかなか新鮮というか。あとBBの最新刊でアイドルグループ「AKW47」のフルートの娘やけにかわええなあと思ってたらこちらとのクロスオーバーキャラだったようで納得した。

『神のみぞ知るセカイ』#14
複数同時再攻略編。ダブルブッキングのようなお約束トラブルとは違う方向で次々イベントが起こっておもろい。特に結が再登場でこんなにかき回すキャラになるとは( ゚∀゚)=3 限定版OVAも面白かったし(これBD画質では観られないんですかのう…)TV三期目やるといいなあ。

『Under the Rose』#7
ロウランド伯失踪。屋敷内精鋭メンバーが周囲に事実を隠しつつ暗闘する展開が緊張感あって良かった( ゚∀゚)=3 心のオアシス『ライナスくん』は今回は応募者サービス500円かよぐぎぎ買うわ超買うわ

『サヤビト』#5
リヴィアの過去~クイファとのコンビ結成までの話がメイン。アレにアレされたサヤビトが成仏していくあたりの設定が面白い(最後に残ってる1本ってやっぱりアンですかいね)。あと再登場のニルが双子に甘すぎて砂を吐く

『ハルシオン・ランチ』#2
完結おもろかった。熟練のシリアス絵にジャンルの偏ったネタ満載で相変わらず卑怯すぎるww
『十角館の殺人』久々に読みたくなったので押入れから発掘しますわ

『僕は友達が少ない』#3
隣人部全員集結、単行本でまとめて読むと3人連続して加入するので結構あわただしい。
自分的に原作で無条件に楽しめてたのはこのへんまでなのですが(急展開→肩透かしの連発で話が全然進まないのが気に入らないだけで小ネタは楽しんでます)、コミック版はマリアがわーいポテチポテチ言ってるだけでこの先も買い続けられる自信がある(`・ω・´)

| | コメント (0)

深度影つけ

●OpenGLいじり続き。
先週台風の日にまとまった時間が取れたので深度影に着手。毎晩チマチマと問題を解決していってようやく意図した影をつけるとこまでいけましたわ( ゚∀゚)
Dempa110925
完全に真っ黒になってるのが影エリア。本番では黒塗りせずライティングだけ変化させるようにします。

ときにここにきて気がついたのですが、影を真面目につけると「画面外に敵がいない事がバレてしまう」という技術面と関係ない問題が(;´∀`)

上の例だと空中物の影は自機の右下付近に固まって落ちていて(生ポリ静止画で距離感が掴みづらいですが背景モデルはかなり遠くにあります)それより上の空間には本来数画面先までの空間に存在する物の影が落ちるべきなのですが、現状敵を画面のすぐ上でポコッと出現させてるためその先の空間に何もいないのが一目瞭然という。

ほぼ上空視点固定でライトも上方向から照らすようなゲームにしてしまえばバレないんだけど、カメラはフリーダムに動かしたい方針なので何か考えないといかんですね。

| | コメント (0)

つまみ食いゲ雑記

予約してたゲームやら何やらが一気到着。さすがに固まりすぎだし相変わらず仕事が落ち着かないので予約してなかった他タイトルはとりあえず我慢することに。発売時期がバラけてれば買ってたであろうタイトルは結構あったんだけど何ゆえこんなに集中させますかね(´・ω・`)

●PSP『武装神姫バトルマスターズmk2』
でっかいコンテナが届いたww 横の小さい箱は同日発売のコナミシューティングサントラBOX。
Dempa110923_0 Dempa110923_1
前作EDからの引継ぎプレイで少し触った感じ、トレーニングで1項目クリアごとにメニューに戻されるなどの不便な仕様は無印のままっぽいけどメディアインストールが入ったおかげでUMD版でもローディングでイライラしなくて済むようになったのはいいですね。

●PS3『ICO HD』『ワンダと巨像 HD』
両方最初のセーブまでプレイ。ちなみにICOはPS2では序盤しかプレイしておらず、ワンダは逆に某所を登頂できるまで周回プレイしてました。
どちらも昔の印象そのままで特に凄くなった感じはしないけど、多分これをプレイした後でPS2版をやると(今10年くらい前のアニメを観ると脳内美化に愕然とする事があるのに似た感じで)解像度や処理落ちがかなり気になるんじゃないかなとは思います。

個人的お目当てだった3D対応については、カットシーンなど画角がいじられてる画面はさすがに立体感乏しいしゲーム中もすぐ目が慣れてきてインパクトは薄めかも。でもワンダは鳥型巨像とか派手な場面がいくつもあるのでそのへんどう見えるのかは確かめたくなりますね。
追記。ワンダ進めたら2ボスのフサフサとか高低差のある地形とかかなり熱いですわ( ゚∀゚)=3 乗馬中の「かっこいい構図のカメラ」への補正が3Dでやられるとちょっとストレスたまるけど

●PS3『ダークソウル』
騎士スタートで最初の収容所を抜けてエレベータ下の地下水脈と飛竜の谷をチラ見したとこまで。
発売直後からフリーズバグ多発でオンラインサーバ休止中なのですが、オフラインでもHDDが壊れた報告(真偽は未確認)があったり普通にプレイしていても妙に処理落ちが多くて現在バグってるのか正常動作でこれなのか判断しかねたりといった感じで不安山盛りなのでとりあえずパッチが来て安定プレイが報告されるまではプレイしない方向で。

あとまだ序盤のザコと収容所ボスしか戦ってないけど、今回難易度のつけ方というかマゾゲーとしての手触りがデモンズから結構変わってる感が…このへんの変化が最終的に改良(もしくは前作と別ベクトルの面白さ)になってるといいのですが。

| | コメント (0)

プチゲ雑記

●3DSゼルダクリア。64版で一度クリアしてるはずなんだけどほとんど記憶に残っておらず、特にガノン城から先は1シーンも覚えがなくてかなり新鮮に楽しめました。(ガノンドロフ戦から連続する印象的なイベントを完璧に忘れてるのは自分で驚いたけどw 当時ガノン城に入る直前くらいでかなり詰まった覚えがあるので攻略本見てそのまま作業的にクリアしてしまってたのかも)
ムジュラも同じくらいの記憶レベルなのでもし3DS版が出ればまたかなり楽しめそう。

クリア後は裏ゼルダが解禁になったけど、謎解きが難しくなるだけならともかく「プレイヤーの受けるダメージが通常の2倍」というのが超ネックで最初のダンジョンでザコに殺されまくり心がポキリ(つ∀`)


●OpenGLいじり進捗。3Dモデルの最低限の対応(生ポリ or Diffuseテクスチャ1枚まで)が済んだので夜余力がある日に敵味方や背景モデルをチマチマ作っては差し替えてます。メタセコ覚えながらの作業で予想以上に難儀してる(;´∀`)
Dempa110919_0
のっぺりポリゴンで行くかもう少し豪華にライティングするかは一度豪華にしてから雰囲気見て決める方向。でも影処理は目指す見た目に超必須なのでなるべく早めに試したいです。

Dempa110919_1
まだ途中だけどゲーム中のモデルから破壊パターン作るテスト。こういう原始的な加工ができるのは頂点やらマテリアルやらを直接触ってる利点だと思うけど、そう思ってると実際はUnityでも簡単に実現できるぜみたいなパターンが結構あってグギギ

ときに草の根向きのカメラアニメーション作成ソフトって無いんですかね。MMD関連になら余裕であるだろうと思ったら実はMMD自体カメラの動き方がかなり限られる(注視点固定でカメラは周囲をまわるだけみたいなシンプルなモードしか無い)らしいし。無ければ最悪自分で簡易なエデイター作るかメタセコで連続線ひいたのを読んでみるとかするしか。

| | コメント (0)

サムライチャンプルーBD(海外)

●海外版BD『SAMURAI CHAMPLOO THE COMPLETE SERIES』購入。25ドルきってた一番安いやつ(多分廉価版)にしたのですが良いジャケだ(*´∀`)
Dempa110911
パッケージ内容は全26話がBD3枚に詰め込まれていて、PS3+32型REGZAで見た限り画質はほぼDVDのまま。輪郭線周辺の圧縮ノイズが無いのとPS3のDVDアプコン2倍モード(表示エリアがフル画面より一回り小さいかわりに少しシャープになる)くらいの状態をフル画面で見られるのは確かに画質向上だけど向上度合いはお買い得版相応かなと。先日出た国内版BOXはこれよりはっきり違いのわかる画質になってるんですかね。

あと日本語音声収録で視聴自体は全く問題ないけど、1話冒頭テロップの『この物語はフィクションです~』『ガタガタ言うな。黙って見やがれ』がわざわざ英語に書き換えられてしまってるのは予想外でした。あれは日本語じゃないと字面の破壊力が(;´∀`)

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン10月号
・『げんしけん二代目』:クッチー…もういいっ…休めっ…!('A`)
・『無限の住人』:槇絵さん無双。下手に吐クラスと当たると病死フラグ発動の恐れがあるのでこのまま終わって欲しいところ(;´∀`)
・『百舌谷さん』:葛原さん過去編続き。端々にお笑い要素はあるもののやっぱり重いですのう…

コミックアライブ10月号
・『閃乱カグラ』(新連載):斑鳩さんの喋り方、軍隊調かと思ったらお嬢様系とは。っていうか以前似たような事をTwitterに書いたような…あれはPSPo2iのナギサだったか違う作品だったか
・『神太刀女』:琢磨の男子力がメキメキと上がってゆく…これが覚醒者の余裕だというのかグギギ
・『リバース』:姉さん反撃開始。仲違い展開がかなりきつめだった分カタルシスでかい

コミックバーズ10月号
・『大東京トイボックス』:「STGってのはな昔から1面に全予算の半分を突っ込んでハッタリかますもんなん…」ww でも実際はSTGでこのパターンってイマイチ心当たりが
・『ミミツキ』:ラスボス幼女再登場。今までの事件の黒幕ではあるらしいけどこの漫画「悪人っぽく登場したけど実はいい人」だらけなので油断できねえのだ
・『彼女のひとりぐらし』:虫刺されを掻いた後に若さ若さ連呼するのが涙を誘う(つ∀`)

| | コメント (0)

グロリアコンプ

●PSP『グロリア・ユニオン』
結局図鑑コンプまでやっちゃった…ビクッビクッ 前作コンプ時もでしたが抽選で当たる(確率は結構低いらしい)練成アイテムがいきなり挑戦2回目、しかも確率アップアイテム無しで出てしまってこれはもう埋めるしかないなと(;´∀`)
Dempa110902_0 Dempa110902_1
Dempa110902_2 Dempa110902_3
ちなみに実は1作目の『ユグドラ』だけ図鑑コンプまでいってません(比較的楽なPSP版でも10個くらい抜けてたはず)。いくつか強烈な難所があったり戦闘の連勝数でのアイテム分岐があったりでコンプ難度は一番きついと思われるのですが今やればいけるかなあ。
まあここ二ヶ月の通勤でグロリアばかりやってたので(さらにその前の月は同じスティングのグングニルやってたw)、これ系は一休みして長いこと中断したままの3DSゼルダを先にクリアしてしまいたい所存で。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »