« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

新世代マカー爆誕

●「マカー称号が許されるのはジョブズ時代の購入者までだよねー」「キモーイ!」「キャハハ」というか今頃ですがMac買いました(つ∀`) Macbook Air の 13インチモデルの安いほう。
Dempa111027
iOSアプリの開発環境を触っておくのが最大目的で(仕事で触る可能性が出てきたため) Mac mini と Macbook Air の両方を検討してたのですが、今夏壊してしまったノートの代わりも欲しかったので結局ストレージ容量などには目をつぶってノート型を選択。ちなみに注文前日に発売された Macbook Pro の新型も触りに行ってみたけど、あまり気軽に持ち運びできる重さではなかったため今回は候補から外しました。

とりあえずは xcode + iOS SDK落として空アプリをビルドしてみたり steam 手持ちタイトルの『Torchlight』や『Portal2』(これらは Windows版を買えば Mac版もダウンロードできる)動かしたりしつつ異文化学習中です。

ちなみに『Portal2』は最初の3面まで見た限りでは若干フレームレートが落ちることはあるものの普通にプレイ可、さらに Steam Cloud 経由で Windows 版とのセーブデータ同期もバッチリ。
『Torchlight』は動作は全く問題ないけどセーブデータ同期不可でした(Steam Cloudには対応しているけど「Win-Mac間」の同期が未対応らしい)。本当はこっちこそノートで遊びたいんですが(;´∀`)

●設営のニュースを見て午前中にラジ館の人工衛星を見物してきました。駅前通りはカメラ祭り状態だったのでこれと同じようなアングルの写真は大量にうpされてると思いますがまあ記念という事でww
Dempa111028_0 Dempa111028_1
下で開催されてるイベント見たり予約してたシュタゲ8bit受け取ったりする時間がなかったのが悔やまれますぐぎぎ

| | コメント (0)

最近新番組

前期~今期分で録りっぱの録画が40時間分くらいあって絶望的な気分に(;´∀`) またミルホとか録ってる場合じゃねえ

『僕は友達が少ない』
お笑い度の高いコミック版でハマったため、紳士度重視なアニメ版のほうは顔芸などに若干物足りなさを感じてたり。挿絵込みの原作忠実度ではアニメのほうが上かなとは思うのですが。あと今のテイストで次回からの夜空のデラ児童虐待をギャグっぽく見せられるかが若干不安(;´∀`)

『Fate/ZERO』
原作小説は未読だけどゲーム(本編/ホロウ、EXTRA/アンリミ/タイころw)はひととおりクリア済みでバックグラウンドは大体把握してます。本編絡みのキャラの活躍は熱いしZERO新キャラも魅力的でいいですね。

シリアス芝居もアクションも申し分なく先が超楽しみだけど、「本編とは別セットのサーヴァント&マスター群」という燃えるシチュエーションを自分は先にEXTRAのほうで楽しんでしまったので、ZERO原作(発売はEXTRAよりだいぶ前)をリアルタイムで読んだ人達の当時の盛り上がりに較べると今自分が感じてるそれは若干落ちるんじゃないかなと思います。ぐぎぎ

#EXTRAといえば、ZEROのライダーコンビとEXTRAのライダーコンビってなんか主従関係で通じるものがw

『未来日記』
原作絵の表情を再現できた上でさらにホラーっぽくなってるわ外伝の話も本編に組み込んでるわムルムルのコーナーもちゃんとあるわでこれまた文句なし。個人的には原作最終巻の展開だけちょっと気に入ってないので映画の『デスノート』のように面白いラスト改変があるのを期待してるのですが。

『ガンダムAGE』
今のところ山田が出た以外は可もなく不可もなく。とりあえずは2世代目3世代目まで見てみないと何とも言いがたい感じですね。1世代目のMS群のオーソドックスすぎるデザインも2世代目以降とのラインの違いを見せるためだと思うし。
艦長が正式な艦長ではなく軍艦ジャックしてるのは面白いと思ったけどクルーを騙したまま逃げ回るのはさすがに無理かなあ…このへんは先の展開が気になるとこで。

『WORKING'!!』
1話目から山田がうざったく大活躍で山田大感激です(*´∀`) あとまだ名前覚えてない普通のメガネの人早くクローズアップされんですかのう

| | コメント (2)

ゲ雑記

(10/23寝落ち寸前で書き忘れてた後半追記)
引き続き通勤ではiOSゲーばかりやってます(;´∀`) やはりアプリ開始終了の気軽さはでかい

●iOS『Civilization Revolution』(←GAME WatchのDS版レビュー)
1周クリア。結果表示がサラッと流れて即タイトルへ戻るドライさに濡れた
Dempa111022
一旦軍事勝利したけどあまりに終わりがそっけないので直前からやり直し続行→40年かけて文化勝利と技術勝利ゲットしてそれぞれの手順把握。プロセスは面倒ながらやっぱり技術勝利(ロケット飛ばす)が一番ロマンあって良いですのう。

そもそも最初は平和的に進めてたのが、和平相手の国家が百発百中裏切ってくるので兵器開発に注力しないと安心できないし交渉も論外な条件ばかりで参った(;´∀`) このへんは高難易度かシチュエーション&勝利条件固定のシナリオモードなら変わってくるかもですが。

しかしこのゲーム、一度生産したユニットは敵にやられない限りずっと残るのですが紀元前に編成した戦士軍団が21世紀まで存続して巡洋艦乗ってるのって一体どういうシチュエーションなのかw 


●iOS『Infinity Blade』(←ITmediaのレビュー)
現在ブラッドライン4。プレイしてておかしいなと思い攻略サイトをチラ見したら、これって短い道中を繰り返しプレイしてキャラを育てていくゲームなんですね。
携帯向きに割り切った操作系&ゲーム内容にA級タイトル並みの豪華なグラフィックを乗せるのは面白い作りだと思います。個人的にはGBAの『リヴィエラ』を初めて見た時の感覚に近いかも。

割り切ってるとはいえラスボス倒せるまでは結構周回が必要そうだし、その周回も毎回敵編成が違ってたりプレイヤーの装備変更で外見変化が楽しめたりと、長時間ちゃんと遊べそうな作りになってるのは流石『Shadow Complex』作ったメーカーというか。

(以下、追記分)
あとゲーム内容とは関係ないですが、1周終了時に「開発スタッフの応援のため★5つの評価をお願いします!」とメッセージが出てアプリストアへとぶボタンが表示される(選択肢に「はい」「いいえ」「後で」が出て、「後で」を選ぶ限り毎周メッセージが出てくる)のが目を引きました。

任天ソニーMSのゲーム機のストアも似たような感じではあるけど、AppStoreのアプリってストアトップにアイコンが表示されてるもの以外は本気で目に入らないんですよね。DOOMやSerious Samといった知られたタイトルですら「そういえばidって何か出してないのかな」と検索したり別の洋ゲー購入後オススメに出てきたりといったきっかけがなければ視界にカスリもしなかったはず。

そういった点でこういうなりふり構わない手段で評価を集めるのも仕方ないのかなという気はします。(中途半端なレベルのゲームでこれやったら確実に★1つで埋まるだろうし、これで実際高評価を集められてる事自体は凄いと思う)

| | コメント (0)

iPod touch触り中

●iPod touchを数日いじっての感想。
無線LANやモバイルルータの契約しておらず外出時のブラウジング用途に使えないのでそっちの魅力は味わえないのですが、ゲーム機・ヒマ潰しデバイスとしての魅力はわかってきたかも。

とりあえず現行の携帯ゲーム機と比較して特に優れてると思ったのは、アプリを終了して別のアプリを起動する流れのスムーズさですね。
PSPやDS3DSの場合「やめますか?選択→終了処理→メモカ内のアプリ検索待ち(PSP)→アプリ起動→ゲーム機ロゴ→メーカーロゴ」と結構細かく待たされるけど、iOSの場合はどんな状況からでも「四角ボタンを押してアプリ一覧表示→アイコンに触って起動」でほぼ待ち時間ゼロで次のアプリのメーカーロゴに突入できるという。

瞬時にとっかえひっかえできるので遊ぶゲームを超気軽に決められるし(始めてみて気分に合わなかったら切り替えればいい)、メモカに色々ゲーム入れてるのにメインの1ゲーム以外は肥やし状態といった事も減りそう。ある意味「複数のゲームを携帯する」という行為の完全版がここにあるみたいな。

一方、切り替えが便利すぎるため少しでも変な待ち時間があったりストレスたまったりすると即別アプリに移りたくなる(特にお金払わない体験版は)というのは将来仕事で触る事になった場合に備えて実感として心に留めておきたいです。


●続けて製品購入したゲーム雑感。なんか洋物ばかりですが。というかデススマ買ったらiOS5アップデートでいきなり動かなくなって泣いた(つ∀`) バッチハヤクハヤクー

・『Civilization Revolution』
国家を育てるボードゲーム的SLG。他の国を滅ぼすだけでなく文明を目標レベルまで上げたり建造物や偉人を多数確保することでも勝利になるのがポイントで、本編シリーズ未プレイだけど面白いですのう(´∀`) ただ、マップがズーム固定で全体を見渡しにくくスクロールが面倒・ユニット移動で誤操作しやすいといったストレス要素が結構あり(細いスタイラスを標準装備してるDSからの移植らしいのでそのせいかも)。まあそれでもアプリ閉じないくらい楽しめてる訳ですが。

・『DOOM Ressurection』
見た目はFPSだけど勝手に決まったルートを進んでいく『デッドスペース・エクストラクション』式の要するにガンシュー。照準の移動を画面ドラッグではなくiPod本体を傾けてやるのがミソで、電車でやるのは厳しいけど指が邪魔にならない点でプレイはかなり快適。

・『Infinity Blade』
NEOGEOの『クロスソード』っぽい方向のゲーム(同じChair社の『Shadow Complex』が『メトロイド』リスペクトだったのでこれも意識してるのかも)。敵の攻撃に合わせて画面下のボタンにタッチするとガードor避け・画面をサッサッとドラッグすると斬り。これもデバイスの入力系にかなり合ってるゲームだと思います。あとグラフィックが現状買ったアプリの中でダントツ豪華。

・『Serious Sam: KAMIKAZE ATTACK!』
勝手に右に走るカミカゼさんをジャンプと攻撃ボタンでゴール地点までたどり着かせる(&サムに体当たりして殺させる)のが目的の横スクロールアクション。攻撃は障害物でもミサイルでも蹴り飛ばせるけど連続して使いすぎるとオーバーヒートで死亡。単純だけどおもろいですw ただし『Serious Sam』本編プレイしてカミカゼさん萌え補正を得ていないと評価が落ちるかも。


個人的には、やはりスティック操作をタッチパネル上で再現する方向のゲームよりもハードが得意なタップ操作や傾け入力だけで固めたゲームのほうが快適に楽しめる感が(アーケード移植物は仕方ないですが)。


●OpenGL続き。
基本的なphongライティングの自前シェーダを組み込むとこまで成功。結局「OpenGL+ATIカードで動作させるならOpenGLが用意したもの使ったほうが確実」という結論になってCgからGLSLに乗り換えた(;´∀`)
Dempa111016
シェーダ使用前との具体的な違いは、同一平面にポリゴンを並べた場合にポリゴン単位でガクッカクッと色が変化していたのがグラデーションできれいにつながるようになった点。(※あとシェーダを対応させてないので一時的に深度影が出なくなってます)
ただ個人的には色の段差ができることによる味+それが高速で下に流れていくことによるスピード感も捨てがたいので最終的な見映えは以前のものに近くするかもしれませぬ。

とりあえずシェーダ動くとこまで確認はできたので、派手な効果を入れる前にしばらくまた地味な裏方部分をいじる予定。

| | コメント (0)

iPod touch購入

●今更ですが趣味と勉強兼ねて8GB購入しました。形から入る方向でケースも同時購入(O皿O)
Dempa111013
iPhone用ケース売り場ならアニメネタ物などもっと色々充実してたんだけどtouchとは互換性無いんすね…ぐぬぬ

セットアップ後にとりあえず購入決めてた『エスプガルーダII』買って、あとはストア内巡って体験版(LITE版)を色々落として触ってみました。最終的に残したのは『デススマイルズ』と『rRootage』(ABA Gamesの移植)、『ねんどろいど惑星』(タワーディフェンス)、エースコンバットの飛行機でブンドドするお馬鹿アプリww、といった感じ。あと定番系でマイクロソフトが握ってる『Hexic』はさすがに無かったけど『Bejeweled2』が85円だったのでこれは購入。

ざっと触った感じ、やっぱりスライド&タップ操作でアーケードライクなアクションやシューティングはどうしても厳しいなあというか。慣れの問題かもしれないのでしばらく頑張ってみますが。
操作に慣れられれば『デススマイルズ』の敵が宝落とすオリジナルモードが面白そうなので購入予定です。

あとこれ持つとゆとりのチャクラでも開くのかゲーム自体に関しても妙に気が短くなってしまう不思議(;´∀`) スペースインベーダーIGの進化演出とかスタートリゴンのチュートリアルとかローディング以外でスキップ不可なシーンがあるだけで即刻四角ボタン押したくなりますというか押した。IGは据え置き機版でやるぶんには全然楽しめてたんですが。

正直まだ端末の魅力が理解できてないので、そのへん掴むべく(今の時点でわからなければ既に失格かもしれんけど)これまたしばらく色々触ってみる所存です(つ∀`)

●秋葉原のメッセサンオーがTRADER(同系列の中古店)に吸収合併されるそうで。長年ちょこちょこと利用してた店なので残念ですわ。(サターン時代にはガングリフォンやシルバーガンの帽子あそこで買ったんだよなあ…)
以前はゲームの店舗別特典が発表されるたびに常に一番おいしいキャラか一番エロい絵を持って行ってたのがここ数年妙に見劣りしてきてる感があったのですが、あれって店の力関係とかで何か影響あるもんなんですかね。さすがに関係ないか?
Dempa111012
サンオーの思い出といえばこれw

| | コメント (0)

闇魂雑記

最近はダークソウルをプレイする → 自キャラのメットがキラキラしてるのを見て「あたしもキラキラしたい!」と思ってシェーダ実装に取り掛かる → 変なとこでつまづき息抜きでダークソウルをプレイ → 自キャラのメットが(ry というループでいまだどちらも中途半端なままにぐぬぬ

●PS3『ダークソウル』
騎士LV43、病み村入って最初のボスで死亡したとこ。
当初は某お手軽ソウル稼ぎをやらない方針だったのですが貧食竜を倒すために樹人狩りでチマチマレベルアップ&装備強化にいそしむうち「時間かかるだけでこれ結局やる事は同じじゃね」と思い至って方針転換(;´∀`)

まあ死ににくくはなるけど攻略掴まなければどのみち死ぬし(LV20から一気に35まで上げてNPC2人いたにもかかわらず貧食竜と相討ち寸前だった(((;'A`))))、会社で周囲のネタバレにビクビクし続けるのもアレなので初回は手段を選ばない方向で。

●シェーダのほうは当初仕事リサーチをかねてCgFX使ってみる予定だったのですが、ATIのビデオカード+OpenGLの組み合わせだとCgコンパイラで基本プロファイル(arbvp1, arbfp1)しか選択できないらしく。Cg環境自体nVidia製なのでサポート状況に差がつくのは仕方ないけど不便だなぁ…
さらに簡易なシェーダ(cgc..exeでarbvp1, arbfp1指定で直接コンパイルが通るのは確認済み)を読ませてみたらコンパイル通ったのに何故か実行可能チェックでひっかかるし謎すぐる(´・ω・`)

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン11月号
・『零崎双識の人間試験』:西尾維新原作の新連載。語り口調は面白いしハッタリもきいてるのですが今のところは苦手に分類される感じ。(ちなみに自分の場合『めだかボックス』の十三組編開始後とデスノート外伝はメチャクチャ好きで初期めだかとアニメの『化物語』は苦手・それ以外は未見。アニメの『刀語』とか評判良かったので観てみたいですが)
・『げんしけん二代目』:イケメンの吉武兄登場→ゴニョゴニョ。持ちネタ滑りまくってたクッチーが改心しそうで何より
・『ネクログ』:アパートコメディが始まる…!?
・『百舌谷さん』:過去編続き。百舌谷さんが修羅場くぐり過ぎて現在より貫禄ついてきてるようなw

コミックアライブ11月号
はがないも次号から本編+スピンアウトの2本体制に。完全にシステム化してますのう…
・『僕は友達が少ない』:カラオケ回。マリアが出ない分星奈で和んだ(´∀`) というかマリアがいないのが気になって原作見直したら原作でもナチュラルに出てなかった。顧問なので「隣人部全員」には入らないのか(´・ω・`)
・『まよチキ!』:妹の誕生日話。アニメと違ってプロレス技かけてこないけどあれアニメの脚色だったんじゃろか
・『ささめきこと』:最終回。コミック百合姫編集部が仕事をする時がきたww
・『神太刀女』:二房(ハゲさんの刀)復活&殴りこみ準備。千鳥や無名が研ぎを所望するのは萌えた(*´∀`)

コミックバーズ11月号
・『ミミツキ』:文武火堂カフェ改装パーティ。カウンターの雪町と雫さんがアダルティでかっこええ
・『彼女のひとりぐらし』:京急で三浦海岸へ小旅行。三崎口?のマグロうまそう(^q^)そのうち食べに行きたい

まんが4コマぱれっと11月号
・『マジでカガク』:待望のメガネ大活躍というか予想以上のガチ策士キャラだた(;´∀`)
・『魔女とほうきと黒縁メガネ』:あれ今回すげえおもろい( ゚∀゚)

| | コメント (0)

週末雑記

●BD『塔の上のラプンツェル』
会社の人に3D版借りられたので週末鑑賞。色綺麗だわ3DCGでディズニーアニメの表情や演技を見事に表現してるわ歌も良いわコメディ楽しいわスペクタクルだわで超気に入りました。あと馬が有能すぎて噴いた
3Dの効果も高かったし自分のブルーレイ3D初購入ソフトはこれになると思われ( ゚∀゚)=3


●PS3『ダークソウル』
パッチ来て安定してるようなので刑務所抜けたところから再開。フィールドの切り替わる脇道は全無視で進んで上の鐘を鳴らすとこまではいけたのですが次の行き先が謎過ぎてハフーン(´・ω・`)

コース候補は5つほどあるけどいずれもザコかボスが超強くて、ここをレベル上げて押し通るべきなのか未踏コースがあるのか判断に困るところ(ちなみに最初のステージに行く階段は、半泣きで超硬い骸骨を崖から叩き落しながら墓場一周した後に見つけました(つ∀`))。
「直列4ステージ×5コース」の単純な構成だった前作と違って探索で結構時間取られそうなのはオープンフィールドの楽しさはあるものの駆け足ゲーマー的には少しきついかも。

あとNPCや人と共闘するとだいぶ楽になる事は鐘ボスで太陽騎士呼んでみて身にしみたけど、召喚に必要な「人間性」アイテムがなかなか手に入らない上に知人談では誰かと待ち合わせしてもサインが見えない事が多いようで(別サーバーに振られる?)。前作が本来狙ってた「他人同士がゆるくつながったマルチプレイ」を徹底する方向なんですかね。
まあ知人マルチはアイテムに余裕ができて機会が持てたらな感じで(´∀`)ノ


●去年末からだいぶ見た目が変わったので先日の趣味OpenGLをyoutubeにあげてみました。元は60fpsなのですがアップすると強制的にフレームレート落とされるっぽいですねぐぬぬ

敵が相変わらず3種類だけで面白み薄いし遊べる状態まではまだまだですがイメージ先行で。

ちなみに画質悪くてさっぱり見えませんがFrameBufferObjectを導入した関係で先週より影の解像度が上がってます。(本物のフレームバッファだけでやりくりする先週の方式はシャドウマップ解像度を画面サイズより大きくできない制約があった)
あと地上物のでかい影がパカパカ出てくるのは可視判定を光源視点とカメラ視点で分けてない(画面外の柱の影だけが見えてるケースに対応できてない)のが原因。みっともないので優先して直さんと。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »