« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ARKHAM CITY クリア

●360『BATMAN: ARKHAM CITY』
ノーマル1周+サブクエはリドラー関連と政治囚以外全クリア。
クリア後に入力した特典DLCのキャットウーマンはてっきりチャレンジが増えるだけ・もしくはバイオ4のエイダ編のように本編の外伝シナリオとしてプレイするものだと思ってたら、実際は本編内に数箇所あるキャットウーマン操作パートをONにするもので購入時すぐ入れておけばよかったと後悔(つ∀`) 1周目でバットマン側しかアップグレードしてないためクリア後に始めた「ゲーム+」(1周目のキャラとリドラーチャレンジの状況を引き継げるかわり敵も最初から終盤並みに強い2周目)序盤のアイヴィー戦が超きつかったですわ。あと取得経験値も1周目のキャットウーマン操作パート分だけ損した事になりますねぐぬぬ。

ゲーム全体の感想は、前作の順当なアップグレード版ではあるけど前作と比較すると一長一短といった感じです。広い街中をビュンビュン飛び回れて戦闘中にできるアクションが増えてサブクエストや収集要素も充実してるけど、一方で前作のスケアクロウ戦やキラークロック戦のような印象的な仕掛けは少なくなった感が。刀絡みの2つの戦闘はビジュアル的に超熱いのですが、それらも含めて「ボス戦なのに実質的にはただ多数のザコと乱闘orステルスキルするだけ」というパターンが何度も出てくるのはちょっと物足りませんでした。

あとサブクエはそれぞれ趣向があって面白かったけど最大のサブクエであるリドラーチャレンジが予想外にヘビーで困った(;´∀`) 前作同様に各所のアイテムを集めたり謎かけの答えを撮影したりしてフラグを集めていくのですが、どうもこのフラグの取得数によってリドラーに捕まった警官を救出するイベントが進むらしくてシチュエーション的に無視できない上にフラグ数が果てしない(全部で400個くらい?)という。だいぶ頑張ったつもりだけどまだ200個そこそこで正直今回は完遂できる気がしませぬ。
まあ、クリア後の閑散としたフィールドでフラグ集めせざるを得なかった前作と違い今回は「ゲーム+」で再度クエストを進めがてらまわれるので(この点ナイス改良)、まずはこの1周でできるところまで頑張ってみようかと。

| | コメント (0)

BATMAN: ARKHAM CITY

●360『BATMAN: ARKHAM CITY』
秋冬の洋ゲーラッシュの中で個人的「これだけは」タイトルきたこれ( ゚∀゚)=3

序盤数時間やった時点(いま博物館入ったとこ)での感想は、「やる事は前作と同じで驚きは無いけど、バットマンなりきりゲーとしての完成度と楽しさは変わらず」といった感じです。システムはそのままに秘密道具や登場キャラが追加され舞台も広くなってる順当な続編ですね。

屋外マップが中規模の複数エリアに区切られていた前作と違い今回は大きなアーカムシティのマップが1つあってその中を(ボスエリアとおぼしき地域以外は)最初から自由に行き来できるのが特徴で、おつかいクエストもかなりあちこち移動させられるのですが、全域に建物が建っているおかげで滑空+フックショットで高速移動し放題なので移動が面倒くさくなったという印象は無いです。

ただ、メインクエスト中に街中をまわる性質のサブクエストがボコボコ多重起動してまともに相手をすると全然メインストーリーが進められないのは参った(;´∀`) 前作のリドラーチャレンジ(これは今回もあり)のように悪漢のお遊びに付き合う形なら問題ないけど、人が捕まってるとか殺されそうとか言われるとバットマン的にスルーし辛いというかw まあさすがに同じ作業の繰り返しは飽きてくるし今バットマン自身がピンチなのでほどほどでメインクエに戻りましたが。
メインクエは映画や漫画でおなじみの変態さん続々登場ですごい楽しいです(^q^)


ときにこのタイトルは3Dテレビ対応なのですが、3Dについてはオマケ程度に考えておいたほうが良いと思います。ゲーム中の奥行き感は微妙だったCoD:BOと同等かそれ以下だしフレームレートの安定度は元が60fpsのCoDより当然下、ムービーに至っては2Dムービーに適当な凸凹をつけただけ(人間の部分が風船みたいにニューッと手前に膨らんでる)でした。
このなんちゃって3Dムービーは3DSの「スプリンターセル3D」もやってた手法だけど、あちらがムービー素材含めて5年以上前のゲームの移植だったのに対しまさか完全新作で見ることになるとは(;´∀`)

あとオリジナルのゲーム自体には関係ないのですが、前作に較べてテキストのローカライズが雑になってるのと(最初はMW2のように翻訳者の専門知識不足が原因かと思ってたけど、表示字数への配慮具合や明らかな直訳などを見るとどちらかというと最後の校正・考証の時間とコストをケチった結果のような気がする…)、特典DLCのあんまりな配布方法(※)は残念なところで。

※:箱シールに「ロビンでプレイができる!DLC付き」とだけ書かれているけど実は中にはDLCコードは入っておらず、同封のシリアルでワーナークラブに会員登録するとメールでDLCコードが送られてくる。ちなみにワーナークラブはEAオンラインアカウントなどとは違いゲームには無関係。


後半文句になりましたが、とりあえずDLCの入手方法を事前に知っていて(もしくはDLCは完全スルーで)3D対応も無いものとしてプレイすれば全く問題なしで、自分的にはとても楽しんでます。

| | コメント (0)

ゲ雑記

いかんもうバットマン出てしまう…


●PS3『ダークソウル』
現在レベル68、難関と言われるオーンスタイン+スモウやっと突破。あまりに死にすぎたため毎晩チマチマ稼いでメイン装備を全部今鍛えられる上限(黒鉄セット全身+5・雷槍+4・呪術の火+5改)まで上げてしまいましたわ。

新ルートがいくつか開放されたので、とりあえずワープポイントから近いデーモン遺跡に突入。装備鍛えまくったしこの先しばらくは楽に戦えるかなと思ってたけど炎司祭にボコボコにされた(;´∀`)


●iPod touch のゲームは昨日突然 iTunes の touch の『同期』ボタンだけが反応しなくなり(shuffleは普通に同期できた)、ネットで見つけた解決策を片っ端から試す過程でローカルスコアもゲーム進行度も全て消えてしまったのでさてどうしたもんか状態('A`)

#最終的にうちの場合は iTunes に含まれてた「ATH.exe」の動作をファイアウォールが邪魔していたのが原因でした。同期できなくなった時真っ先にセキュリティソフトを疑って動作切ったのですが、今使ってるセキュリティソフトはアンチウィルスとファイアウォールが別アプリなのをすっかり忘れてた('A`)

いざデータが消えてみるとiAppに最適だと思ってた多数のステージを潰していく構成のゲーム(『AngryBirds』や『SeriousSam』など)がかなりやる気減退しますねー。あと累積系の実績があるゲームも多分0からカウントし直しになるはずぐぎぎ。収集要素が強いデススマのオリジナルモードをまだほとんど進めてなかったのがせめてもの救いかも。

ちなみにデススマとギャラガ30thのDLCについてはそれぞれゲームのオプション画面で「RESTORE」ボタンを押すことで無事復旧できました。さすがにこのへんの仕組みはちゃんとありますね。

| | コメント (0)

Scribblenauts

●iOSの『Scribblenauts』(←GameSparkのDS版海外ベタ褒めレビュー)Remix版がセールで85円になってたので購入。アンテナ低くて実は評判良い事すら知らなかったのですが実際やってみたらかなり面白いですね。今ワールド3中盤でちょうどゲーム全体の折り返し地点。

主人公が持つ「英単語を打ち込むとそれが実体化する魔法のノート」の力で必要なアイテムを出現させて各面のお題(「水槽を色々な生物で埋めろ」「NPCを川の対岸に渡らせろ」など)を達成するという単純に見れば英単語なぞなぞゲームなのですが、この解釈可能な英単語が20000語以上あるらしく1ステージのクリア方法にもかなりの柔軟性があるのが凄いところ。

例えば最初のステージのお題は木の上にあるアイテムを取る事なのですが、事前のチュートリアルで習ったとおりハシゴ(ladder)を出現させて足場にするも良し、飛べる乗り物(plane, hellicopterなど)を出現させて乗るもよし、ノコギリ(chainsaw)を出して木を切り倒してしまうも良しといった感じでプレイヤーのヒラメキをかなりの範囲で受け入れてくれるのが熱いです。

まずはお題の英文が読めないとどうにもならないけど基本的に外人の子供レベルの英語ではあるし(とか言いつつ1-3の「Prepare for New Year!(新学期の準備をしよう!)」を「新年の準備」と誤読していきなり詰まりましたがww)、わからない単語はエキサイト先生でもスペースアルクの英辞郎(翻訳補助として個人的に超オススメ)でも使えばいいのでシュタゲ8bitで英単語探しゲーの魅力に目覚めた人には特にオススメ。

#自分は時間まわせなくてシュタゲ8bit未開封のままですが(;´∀`) 俺、オーンスタインとスモウ倒したら未知の世界線へ旅立つんだ…

あ、そうそう。iOS版はローマ字入力モードだと複数単語を並べた時に認識してもらえないらしく(多分単語の区切りが全角スペースになってしまうため)英字入力モードでのプレイが必須なのでご注意です。ソフトキーボードで地球儀ボタンを何度か押して、画面右端に「-」キーが無いQWERTキーボードになれば英字モード。
#実はこのゲームのチュートリアルで詰まって初めて見分け方知りました(;´∀`)

| | コメント (0)

週末雑記

●元大学の先輩後輩がたと『ガンダムUC episode 4』観てきました。
初の大規模な地上戦で、一年戦争時代のMSVから最新型まで滅茶苦茶なラインナップのMSが入り乱れてもう老骨失禁状態( ゚∀゚)=3 あまりにMSVの描写に気合入りすぎててZ時代MSが乱入するまで逆シャアより後の時代だという事を忘れかけましたがw あとあの流れでも出演させてもらえなかったアッグガイさんとアッグさん南無…

それと成田剣のブライトさん、公開前のチョイ出し映像ではきっと特に似てるシーンをチョイスしてるんだろうなと思ってたのですが全編違和感なくて驚きました。100%同じ声ではないんだけど自分的には違う人だと言われなければ絶対気づけなかったレベル。

●PS3『ダークソウル』
アノール・ロンドに到達して竜殺し&相撲コンビで詰まり中。森で誓約したら森の戦士達が味方になってお手軽ソウル稼ぎができなくなってしまったので若干効率落ちるけどチマチマと巨人兵倒して戦力強化してます。このへんの稼ぎの手間に加えて買い物で全体マップをあちこち行ったり来たりする事もあって前作ほどガツガツ先に進めたい感じはしなくなってきてますね。毎日ちょっとずつ強くしていけばいいやみたいなネトゲ感覚。

●また久々のOpenGL進捗。描画を擬似HDRにしてブルームでキラキラさせつつ、敵を倒すと砕けて飛び散るようにしました。破壊表現は一様にポリゴン片になってしまうし物理計算もしてないのでリアルには程遠いけど自分の狙いどころ的にはとりあえずこれでおk。それより四角パーティクルの煙エフェクトが煙に見えなくなってしまってるのがちょっと困った(;´∀`)

動画の画質が悪くて光り具合がわかり辛いので静止画も一緒に。光のボカシはお手軽な4方向UVずらしだけどやっぱりガウスフィルタ作ったほうが綺麗になりそう。というか思いのほか目が疲れるので最終的にブルームは無くすか最小限にするかもです。
Dempa111114
ともあれ「あたしもキラキラしたい!」計画完了。これでダークソウルのメットの光も心穏やかに見られるというものですわ(;´∀`)

| | コメント (0)

エアNEW携帯雑記

●WILLCOM携帯『WX01UT』のモックをオク購入。本命はこれから発売される赤のほうなので発売されたらそっちのモックも超欲しい(*´∀`)
Dempa111109_0
形状は薄いわ小さいわで超最高だけど、PHSなのでMNPできないしこの端末についてはEメール機能も無いので今のドコモ携帯から乗り換える訳にいかないのが残念ぐぬぬ。 本当はドコモがシンプルなストレート端末出してくれればいいのですが。もう新製品発表のたびにがっかりするのは疲れたよパトラッシュ…

Dempa111109_1
左が三菱D702i(1つ前の携帯)、中央がノキアNM706i(今使ってる携帯)。D702iは三菱が撤退して修理きかなくなったため乗り換えて、NM706iもノキアが撤退してメンテできず既に分解寸前なのですがいつまでもストレート端末が発表されないので騙し騙し使ってます(つ∀`) なんでストレートにこだわるメーカー皆撤退してしまうん?

あと最近ではポルシェデザインの端末(←Engadget)見てBlackBerryもいいかなと思ったけど国内販売は無いだろうしそもそも2000ドルとかぐぎぎ

Dempa111109_2
シュタゲコラボでオカリンかバイト戦士の携帯出してくれんですかのう…

| | コメント (0)

先月雑誌

変だと思ったらアフタヌーン買い損ねてた…(´・ω・`) 会社近くは売り切れてたのでどこかで探さねば

ゲッサン12月号
『マコトの王者』:文句なしの決着で最終回。面白かったー
『第三世界の長井』:そろそろ単行本出ないですかね

コミックアライブ12月号
『リバース』:打ち切りっぽい最終回。単行本待ちせずリアルタイムで展開を知りたかったほぼ唯一の連載だったのですが(あとは『神太刀女』くらい。お笑い系オリジナルや『はがない』はネタバレ関係ないので自分的には単行本のみでもおk)残念…
『僕は友達が少ない』:マリアの純真さが眩しくて直視できない(*´Д`)

コミックバーズ12月号
『彼女のひとりぐらし』:夜間ジョギング。クーパー靭帯とか初めて知りましたわ…勉強になるなあ(超ぐぐりつつ
『ミミツキ』:大黒回。ほっかむり大黒と犬耳状態になった大黒かわええ(*´∀`)
『大東京トイボックス』:モバイルの波ががが。最近他人事じゃないネタがバンバン出てきて手に汗握る

まんが4コマぱれっと12月号
『ちろちゃん』:母校(小学校)訪問。これ読んだ後に単行本揃えて小学生編読んだらネタの理解が深まった
『マジでカガク』:のえるがなにげにフレンドリーというか全体的に味方(?)側のほうが黒いw

まんがライフMOMO12月号
4コマ誌に手を出したならばこれも読まねばなるまいゴゴゴと思って実は夏頃から買ってた罠(;´∀`) どの月から読んでも初見で楽しめる漫画が多く肌に合う感じです。
方向的に現状一番ツボなのは『マジカルハンナちゃん』ですかのう…29歳OLが魔法少女にという割とあるネタなのですが空気がやべえ

『せんせいのお時間』:オパイクーオパイク-
『おうちでごはん』:蕎麦打ちを習うでござるの巻。「そば→酒→そば→酒」が魔力フレーズすぐる

| | コメント (0)

iOSゲ雑記

引き続き通勤ゲーはiOSシフト。

・iOS『エスプガルーダII』
全キャラ全モードクリアして実績コンプも完了(1コインクリア実績がイージー可なのでコンプ自体は簡単)、操作性にはだいぶ慣れてきた( ゚∀゚)=3 ボタン位置を見失ったり画面タッチし続けるうちに指先が湿って操作性が悪くなったりといったストレス要素はあるけど、タッチ操作で速度が自由に調節きいて細かい弾避けがしやすい分その辺に対処するくらいの余裕はできるので全体としてはかなりまともに遊べますね。

これ触るうちに再びマイブームが到来したので最近寝る前にちょこちょこ箱版ガルーダIIもやってます。でもブラックレーベルのチュートリアルがいまだに訳わからないw


・iOS『Angry Birds』(←4Gamerの記事)
ステージ端からスリングで鳥を飛ばしてステージ内の敵(大抵は積み木の砦にたてこもってる)を全滅させる人気ゲーム。積み木の崩れ方などに物理処理が取り入れられてるため、感覚的に攻略を立てやすいけどプレイは一定しないというゴルフゲームやピンボールゲームっぽい楽しさが。
さらにこれまた物理のおかげか捨てゲーして攻略探るだけでもそこそこ楽しくて、わずかな空き時間にもプレイする気になれるのはかなりの強みかも。

あと特に目を引くのはステージ数の多さですか。既に50面くらいでお腹一杯状態なのにいまだに1章で(1章=63面?)これが全6章あるという(;´∀`) 海外のゲームレビューってプレイ時間がどれだけ長いかが1つの評価ポイントになってる感があるけど、この果てしなさも売れた要因なんですかね。


・iOS『Galaga 30th Collection』
ギャラクシアン・ギャラガ・ギャプラス・ギャラガ88の詰め合わせで、ストア上の表示は無料だけどギャラクシアン以外はロックかかっててそちらの解除は別料金(実質700円)。
ゲームシステムにアレンジが加えられててアーケードとはバランス別物だし上記の料金設定も気に入らなくて放置してたのですが、ギャラクシアンを本腰でやってみたら意外とツボって結局購入。

システムのアレンジ内容はどのゲームも共通で、「ボタンを押しっぱなしにするとゲージ消費しつつショット超連射」→「ゲージが尽きるとアーケード以下の連射能力になるためボタン離して回復」というもの。
この性能と「敵を画面下で倒すほど極端に高得点になる」スコアシステムが相性良くて、思い切りひきつけた敵を瞬間的な超連射で確実に墜とすのがなかなか気持ちいいです。(面が進むと待機状態のボスを倒しても100点そこそこしか入らないのに突っ込んできたザコを倒すだけで1体10000点以上入るようになったりする)

ただ一点、ギャプラスのボーナスステージとの相性の悪さだけはいかんともしがたいですね。ショットを当てすぎるとザコが画面外に吹っ飛んでしまうし、お手玉がちょっと加速するともうゲージ不足でショットが単発になってしまうので全然粘れないし。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »