« Exhibition終了 | トップページ | RPG雑記 »

最近漫画

●単行本とか。
『アリスの二つの顔』下巻(18禁)
海野先生新刊。下巻は漫画家として足が固まってきた主人公が児ポ規制の苦難に直面するという現実にオーバーラップする展開。規制側陣営に明確な悪役キャラを1人設定してそこから解決をもぎ取る流れについては少し抵抗あるけど(※追記:あえてこういう展開にした意図も単行本に書かれてます)、筋の通らない圧力への疑問とか、何がOKで何が駄目か落とし所を探っていくあたりの描写はかなり迫真で共感できました。

#ちなみに自分は表現規制は反対・ただし「REDいちご」やエロティックゲーム誌は一般誌と売り場を分けろよ派です。

あと漫画家漫画だけに巻末(漫画の製作過程紹介や後書き)のトークも実体験中心で面白いですね。10年前の松文館裁判とか懐かしすぐる

『のぶながっ!』#3,#4(←リンク先:1巻出た時のascii.jpの記事)
3巻出てたのに気がつかず2冊まとめ買いで完結。振り返ると毎回AGE並みの超脚本だった気がするけどネコとかアキ様とかなんかこう可愛かったのでよし(`・ω・´)
しかしまさか最後ガチBLで終わるとは思ってませんでしたわ(;´∀`)


●月末雑誌とか。
アフタヌーン4月号
『げんしけん』:クッチーのコイバナの娘が無駄に可愛くて腹立つww
『勇者ヴォグ・ランバ』:第一の決断って戦術的な事かと思ったら全然違ってた。今のところその意義はピンとこないけど先の展開で納得できるのかな
『ネクログ』:仙人の力の軽い考察(スケール感の話)が面白い
『百舌谷さん逆上する』:葛原さんが主人公すぎるというか本当に現在とイメージが繋がらないw

コミックバーズ4月号
『彼女のひとりぐらし』:巻頭カラー。青+オレンジ基調だけど混色でトーン抑えてる部分もあって独特なポップ渋さが。ドクターフィッシュ(老廃した角質食べてくれる魚)はそのうちやってみたいですのう…あと肩にヒル乗せて血を吸わせるやつとか(こっちは日本でやってるかわからないけど)
『ミミツキ』:乙女キモイは酷いww

まんがライフMOMO4月号
『せんせいのお時間』:カラオケ回。委員長あこがれる(*´∀`)
『おうちでごはん』:周囲に溶け込めない人登場。心が痛いよママン…
『崖っぷち天使マジカルハンナちゃん』:自分もハンナ&ケーナのほうがいいな…(ゴゴゴ 1巻は4月発売ですと楽しみ

まんが4コマぱれっと4月号
マジでカガクは休載ですと…
『魔女とほうきと黒縁メガネ』:シェスカさんのロリ信念に惚れた。あとキス描写で初めて気が付いたけど自分この作者の方のハトプリ本持ってますわ…(;´∀`) 突如点と点がつながった
『ちろちゃん』:ちろちゃん受験、次回卒業式。高校はやるのかなあ


|

« Exhibition終了 | トップページ | RPG雑記 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

なぜああいう判りやすい悪役にしたかってのは、
211ページに意図が書いてあるよ(=゚ω゚)ノ

投稿: 海野螢 | 2012.04.26 20:06

>海野先輩
おあーすみません。ひととおり読んだ上での感想だったのですが、単行本内にちゃんと意図が書かれてる(作者が意識してそういう展開にしてる)というのは書いておくべきでした。後で本文に追記しておきますです(`・ω・´)=3

投稿: さぼり@管理人 | 2012.04.27 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Exhibition終了 | トップページ | RPG雑記 »