« 最近アメコミ | トップページ | 最近単行本 »

古色迷宮輪舞曲

・Win『古色迷宮輪舞曲』(18禁)
ストーリーが面白い・難易度高くて死にまくるという評判が気になって久々にエロティカゲーに手を出しましてよ…!

システムはコマンド選択式ADV、ただし

 1) ゲーム中の文章に点在する赤文字ワードが辞書に登録されていき、
   コマンドはその辞書から単語を選んで入力する

 2) ゲーム中の選択やイベントによって各キャラの「運命量」ゲージが変動し、
   プレイヤーの選択が原因で誰かのゲージが尽きると即ゲームオーバー
   (尽きたゲージがフル回復するかわりにリトライポイントからやり直し)

 3) 一度通ったシーンには「フローチャート画面」でいつでも自由に
   移動できる。ただし移動には主人公のゲージを消費し、これが
   尽きてもゲームオーバー

という特殊なシステム。

#フローシステムは昔の18禁ゲの『YU-NO』オマージュらしいですがそちらは未プレイ(つ∀`)

本編開始直後から各キャラのゲージが次々尽きていって最初はマゾゲーの予感に胸が高鳴ったのですがw、実際はリトライ時にゲージがノーペナルティ回復するという一点によって障害が無いも同然になってしまっています。
リトライポイントから死んだ場所にはフローチャート移動ですぐ戻ってこれるし(主人公のゲージが足りなくても構わず移動して死んでフル回復すればいい)、誰かのゲージ量が多いと先に進めないような箇所も無い(低くて死ぬ箇所はあるけど死ねばゲージ回復するので次のトライで必ず通過できる)ためゲージ量を意図的に調節する必要もなし。
結局序盤で死にまくるのは単に「不正解or無駄なコマンドを投げてるから」で、これは一般的なADVと変わらないですね。

ただ、ストーリーが「一週間後に死ぬ事を予言された主人公が時間と平行世界を移動して死亡回避に奔走する」というシステム通りのシチュエーションになっているため、シナリオ理解度や臨場感を高める装置としての効果は充分にあげていると思います。慣れない序盤だけ次々ゲージ死が発生するのはインパクトを上げる演出とも取れるし(実際そのインパクトが話題になって自分も買ってしまった訳でw)、ストーリーに自信があるならこの調整で正解かも。


でもってその肝心のストーリー。自分的には評判から想像してた期待値には若干足りなかったもののなかなか面白かったです。ループ物バリエーションの定番的なカタルシスはきっちり押さえた上で中盤からの精神的にきつい展開・終盤の○萌え要素、と要所ごとに味付けが足されていくのが良いアクセントになってる感じ。不満としては中盤部分で主人公が行動に踏み切る動機づけにもっと説得力が欲しかったのと、終盤のサプライズイベントが某有名作とネタかぶりしてる所ですか。ただネタかぶりについてはこのゲームのシステムを活用したさらにもう一味付けがあるので悪い印象は無いです。

あとエロスまわりは話の流れ的には全カットしても違和感ないというか経緯は嬉しくないわエロス絵もあまり乗れないわでむしろいらんのですが(ちなみにエロスシーン以外は全編お色気要素ゼロ)、まあ全年齢向きで売るのはバクチ過ぎるしこれは仕方ないかなと。

ともあれたまにやるサスペンスギャルゲーはやっぱり楽しいですのう(*´∀`) 360ではルートダブルもロボノも積んでしまってるけどそちらも隙を見て崩していきたい所存で。(ロボノは秋アニメで最初のほう見ればやる気出るかな?)

|

« 最近アメコミ | トップページ | 最近単行本 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近アメコミ | トップページ | 最近単行本 »