« 年始ゲ雑記 | トップページ | H・M・V! H・M・V! »

最近漫画

・米澤穂信/タスクオーナ『氷菓』#3
「氷菓」最終話+短編(「正体見たり」)+「愚者のエンドロール」導入まで。もともと巻数が進むほどキャラ物としての面白さが上がっていくシリーズなので氷菓編の後も続いてくれるのは嬉しいですわというか女帝大好きなので愚者編突入わあい( ゚∀゚)=3

前の巻でも思いましたが情報を絵で確認できてかつ自分のペースで読めるのは推理物として漫画版の大きな利点だなあと。アニメで入れられなかったモノローグや地の文も必要に応じて拾い直していて、原作とアニメのバランス良いハイブリッド(要所ではそれ以上の良いとこ取り)になってると思います。


・久正人『エリア51』#5
草薙の剣の一件が落ち着いて再び平穏なw探偵稼業に。劇中に出てきた『ジャバウォッキー』(同作者の過去作)のカートゥーン版がものすごく観たい(*´∀`)


・椿いづみ『俺様ティーチャー』#1~15(←白泉社の立ち読みページ)
以前から人に借りて読んでて、購入は決意しつつもまずは置き場所を…とかズルズル先延ばしにしてたのですがそろそろまとめ買いのハードルが高い巻数になってきたので思い切り購入。

女番長が転校を機に一般人デビューを目論むも、そこで教師になっていた幼少時の「近所のお兄さん(主人公をケンカエリートに叩き上げた張本人)」にとっつかまって”3年以内に入学希望者数を倍にする賭け”の手伝いをするハメにという話。
Dempa130117
左:主人公 右:元近所のお兄さん

アホの子で男前な主人公を筆頭に校内外の愛嬌のあるイケメン不良達や対立する生徒会メンバーが次々登場して繰り広げられる大量のボケツッコミがものっそい面白いのですわ。男前な女子がイケメンにチヤホヤされる漫画自体結構好きなパターンなのですが(『会長はメイド様』など)、この漫画だとチヤホヤというより一緒にバカやってる感が強くてデラ和む(*´∀`) ちなみに男衆の中では桶川さん(の堕ちっぷり)が好きっすw


・ながいけん『第三世界の長井』#1,#2
連載開始から二年半たってようやくの単行本化。日常世界に見るからに不条理なキャラが登場して画面のシュールさと突き抜けたテキストセンスで笑わせるのは『モテモテ王国』同様だけど、こちらはその不条理が「神」によって生み出されていてそれ絡みのシリアス話も平行して進んでいる(らしい)のが特徴。

連載では長井&博士のお笑いインパクトばかり目立ってシリアス側のキャラがマジモノなのか(同作者が過去に何度もやった)無意味に思わせぶりな言動をさせるギャグなのか掴めず、とりあえずモテモテ王国的にボケーッと追っかけてたのですが、単行本でまとめて読んだらちゃんとした筋が見えて先の展開も気になってきたかも。

|

« 年始ゲ雑記 | トップページ | H・M・V! H・M・V! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年始ゲ雑記 | トップページ | H・M・V! H・M・V! »