« ガンハウンドEX | トップページ | メタルギアHD »

最近アメコミ

『バットマン:梟の法廷』
2011年におこなわれたDC作品の仕切り直し(THE NEW 52)で再スタートした『BATMAN』のファーストエピソード。
今回の仕切り直しは誕生エピソードからリファインでやり直すような事はしておらず一見すると以前と大差ない印象だけど、冒頭からこれまでの話の延長上ではできないような大胆なイベントが連続していきなり驚かされます。

さらに初登場の組織「梟の法廷」の設定がとても魅力的。ゴッサムの闇を自分のフィールドだと思い込んでいたバットマンの足元をすくう「さらに深い闇」の出現は単に戦う相手が増えたのとはレベルが違う大事件ですねー。
かつて全力で出した結論が覆される混乱・敵の手に落ちて精神的に追い込まれる描写(「強靭な精神力を保ったまま壊れていく」感じが秀逸)などバットマンの苦境ぶりが超熱いです。

今回刊行されたのは全3作の第1部だそうで一刻も早く続きが読みたいところだけど訳者解説の「気長にお待ちいただきたい」を信じて邦訳を待ちたく。とりあえず今月の『ダークナイト:姿なき恐怖』(これもTHE NEW 52で仕切り直されたバットマンシリーズの1つ)も楽しみですわ。


『マーベルゾンビーズ2』
前作で地球を離れたソンビヒーロー達が再び地球へ。
「ゾンビはある程度食事を我慢すると食欲がおさまって正気に戻る」という新事実がわかり、正気に戻ったゾンビは人間の生き残り側に加勢してゾンビヒーロー同士の熱い戦いが実現w

前作がオチも含めて一発ネタ感強かったので続きの話には期待してなかったのですが(正直宇宙スケールで同じ展開するだけかと思ってた)、地球のわずかな生存者の権力争いや正気になったゾンビヒーローとの共存など新展開が結構面白くて思いのほか楽しめました。

|

« ガンハウンドEX | トップページ | メタルギアHD »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンハウンドEX | トップページ | メタルギアHD »