最近単行本

・トミィ大塚『ホークウッド』#7
クレシーの戦いに突入。エドワードIII世が国王のくせにホークウッド並みに敵も味方も振り回して結構ひどいw しかしクロスボウの次はロングボウのターンとか騎馬も歩兵も大変ですのう…。

・ズズキユカ『おうちでごはん』#8
手巻き寿司&クリスマスネタから始まって翌年のハロウィンまでというか今更だけどこの作中時間ってどうなってるんだっけか(;´∀`) 積み本どかさないと確認できないので次の週末に確認してみよう。
毎度ながら食材のネタが幅広くて、まとめて読むと最近これ食べてないなあというのが次々出てきて危険。今一番食べたいのは辛いもの好きなのでチリコンカンですかね…食べたことあるのはコロンボに影響されて自分で作ったチリビーンズ(※肉が入ってない)だけど。

・大塚志郎『びわっこ自転車旅行記』
同人誌で出てたシリーズの商業単行本化。三姉妹が自転車で東京→滋賀(実家)を走破するという筋で、実体験をベースにおっさんを美少女に置き換えて作られてる点は『ろんぐらいだぁす!』と共通してるけどこちらは自転車の楽しさよりも主に肉体的精神的にどんなダメージが襲いかかるかが事細かに描かれてて、両方読むとちょうど良い情報バランスになりそうな気がしますw あとエヴァや北斗ネタを叫ぶ美少女などいないw
ちなみに四女の出てくる琵琶湖編までは入ってなかったけど、描き下ろしで次女の高校時代の話が収録されてました。

・佐藤両々『あつあつふーふー』#1,#2
お好み焼き屋の看板娘が主人公の4コマ。同作者の『わさんぼん』(こちらは和菓子屋4コマ)と同じく劇中に数年単位の時間経過があって(女子高生ヒロインが卒業したりサブキャラの赤ん坊が成長してきたりする)NHK連ドラ感覚で読めるのが良いです。主人公の兄に惚れてる友達がラブい。

| | コメント (0)

最近単行本

毎週何かしらあって記事書く途中で力尽きてるうちにものっそい間が開いてしまいましたが更新です。

●とりあえず最近の単行本話。
玉置勉強フェアの新刊3冊コンプ。色紙プレゼント(抽選)のほかに帯裏をつなげると3コマ漫画になってましてよ。
Dempa150303
・玉置勉強『猫まち主従』#1
猫太陽系の猫日本で、お嬢様+従者(去勢済み…だと…?)が家を離れて自活を始める話。
2人の耽美っぽい私生活と地味リアルなご近所付き合いの食い合わせが珍味。特に、おっかないおばちゃんかと思いきや懐広くてツッコミ役もこなすナオさんが素敵。あと昭和的フランク感あふれる隣のマイホームパパとか(*´∀`)

・玉置勉強『ちっくたっく』
女子高生+スケボーの日常部活もの。ただしその日常の大半を占める学校がはぐれ者の行き着く先的なところで、何だかんだでそこに馴染めてる主役トリオ(+1)の性格も込みでお嬢様学校の部活ものには無いアウトロー感が(;´∀`)

・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』#2
たろくんにパパンとのなれそめを打ち明けたのを皮切りに、ちなさんの心境に変化が起きはじめてついには家族的同居関係の危機へ。
元のサヤ?におさまるのかなと思わせるエピソードと内面の軋みが見えるエピソードが交互にきてて、単行本でまとめ読みすると前者の見え方が連載時と変わって感じられるのが面白いです。自分的にはこの巻中盤の、各自が寝床で今の状況と自分の心境を分析する回が凄く好き。

・福地翼『サイケまたしても』#1,#2
事故死した幼馴染を救うために当日を何度もタイムループする話で「またかよ!」と思いきや、1巻ラストから能力バトル物に移行するという変り種。(能力バトル作家なので違う意味でまたかと思いましたがw) 

当日をやり直す能力で直接攻撃力を持つ敵に立ち向かう構図で、一見楽勝に見えるけど勝てるまではひたすらボコられ殺されれば終わり・かつ現在わかっているタイムループの発生条件が「モグラ池で溺れる事」という過酷っぷり。
面白いのは先ほど「またかよ!」と書いた1巻のエピソードが、この過酷な条件でも自分から戦いを挑んでいく主人公(自分的には異常に見える)のバックボーン説明として機能してる点ですね。

作者もこの主人公を全肯定ではなく若干の異常者として描いてる節があり、この先どう展開するのか楽しみです。

・伊咲ウタ『現代魔女図鑑』#2(←REX公式は小さい画像1つあるだけだったのでニコニコ静画のページ)
今回は3話完結の中篇が1つと1話完結が3話。コメディから泣きまで揃ってて良いですわ…話自体も好きだけど何より泣きシーンの破壊力を倍増させる表情の描き方がたまらぬ。
自分的には死んだ兄のかわりになってくれてる悪魔の話が(おまけページのネタも含めて)今回一番気に入ってます。

・諸星大二郎『新装版 栞と紙魚子』#1~#4
新刊書店の娘と古書店の娘のコンビが超常的な怪事件に出会いまくるホラーコメディの短編シリーズ。以前短編集で『生首事件』(シリーズ第一話)だけ読んでその時はピンとこなかったけど、各事件の登場キャラがレギュラーとして増えていくにつれ舞台である「胃の頭町」にジョジョの杜王町のような魅力が出てきてやたら楽しくなってきます。特にホラー作家の段先生の奥さん(クトゥルー系の神か何からしい)は造形も役どころも唯一無二のキャラすぎる…。

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン3月号
・草水敏・恵三朗『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』
癌の有無の鑑別で悩む岸先生。突飛なひらめきではなくあくまで慎重な解析の結果解決をみるのがかなり好感。(本職でバグ調査する時もこうありたい(*´∀`)) 症状が特定された後の人情味ある施策も見事。
あと宮崎ちゃん今月もかわいい

・木尾士目『げんしけん二代目』
矢島実家での合宿開始。クッチーの演説がなんか微妙に応援したくなる(´;ω;`)

コミックバーズ3月号
・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』
たろ父との密会でストレスに追い詰められたちなさん。たろくんは次回どういう形で救いになるのか(もしくはならないのか)…

・伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』
消えた水族館のかわりに訪れた町資料館で竜宮町の謎が明らかに。最終ループに入ってから毎回目が離せませぬ

まんがライフMOMO3月号
・ももせたまみ『私設花野女子怪館』
ミケの彼氏(リアル猫)登場&猫まみれ。というかケモショタとリアル雄猫のカップル…未来すぎる…

・スズキユカ『おうちでごはん』
ボーイズ衆でバレンタインに何が欲しいか談義。瓜沢さんに限らず全員キャラにブレがないw

| | コメント (0)

先月末雑誌

アフタヌーン1月号
木尾士目『げんしけん二代目』:クッチー卒業記念(名目)合宿計画。斑目が出ない回ですら斑目モテモテすぐる

草水敏/恵三朗『フラジャイル』:データと矛盾する担当医の見立てを正すため、宮崎ちゃんが火箱さん引き連れて患者宅へ。前の飲みの時といいこの組み合わせいいですのう(*´∀`)
あと今回第1話で宮崎ちゃんの懐から出てきたのと同じストレート端末を岸先生が使ってたり別のコマではそれぞれ折りたたみやスマホ使ってるのが気になったけど、ストレート端末は病院の備品て事なのか

まんがライフMOMO1月号
ももせたまみ『私設花野女子怪館』:須野さんカラーページから出ずっぱりヤッター あと子供妖怪軍団ちょうかわいい
スズキユカ『おうちでごはん』:まとめ買いしたリンゴを皆におすそ分けでござるの巻。うさぎ切りってやった事ないけど難しいのか

コミックバーズ1月号
伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』:前ループまでの経験が役に立たない事態続出。時間がループしてない町外の変化が攻略に影響するというのは面白い

玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』:今の同居生活を自問する2人。今のところ不都合がある訳ではないし互いに馴染んでるけど微妙に危うい気配が

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン9月号
・木尾士目『げんしけん二代目』
矢島っちの原稿に予想外の好評が。

・草水敏/恵三朗『フラジャイル 病理医 岸京一郎の所見』
森井くんクローズアップ回後編。各キャラの心情や役割がぴしっと決まってるいい話ですわ…先月気になった緩和担当医の態度も納得した。あとカンファ本番でポンコツ化する宮崎ちゃんかわいい

・庄司創『白馬のお嫁さん』
ピタ子さんとの関係にオチがついた!設定的にこのオチが真っ先に浮かんで当然のはずなのに全く意識してなかった(;´∀`)

まんがライフMOMO9月号
・ももせたまみ『私設花野女子怪館』
神保町のカレー&ブックフェスに出撃。11月のブックフェスを覗きたい欲が高まったけどカレーの出店ありますかのう…
あと今月出る1巻+本誌次号の全員サービスで冊子プレゼント(『せんせいのお時間』の最終回後の描き下ろし収録)があるらしいので記憶。

・佐藤両々『崖っぷち天使マジカルハンナちゃん』
若桜さん完全暗転完了…

・スズキユカ『おうちでごはん』
キノコあれこれ。各キノコの擬人化イメージがいちいちハマってて上手いw
ちな自分はエリンギスライスして炒めるのが好き。

コミックバーズ9月号
・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』
2人の風邪コンボで荒れ果てた部屋を掃除するでござるの巻。いいコンビ感だ…。
ときに収集日までゴミ出せないのは仕方ないとしても小バエは真っ先に何とかするべきだろうと思った(;´∀`)

・伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』
「竜之介に告白されたい」願いを諦めることで玉手箱を無効にする試み失敗、そしておそらく最後のループへ。盛り上がってきた。

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン10月号
・木尾士目『げんしけん二代目』
結果はともかくwやっぱり笹原妹は斑目の近くに陣取っていて欲しい人材ですわ-

・沙村広明『波よ聞いてくれ』
やはりラジオDJ物でいくようで、それを踏まえてタイトル見直すと「波」→「電波」でなるほど納得。登場人物みんないい性格してていちいち笑える(;´∀`)

・草水敏/恵三朗『フラジャイル 病理医 岸京一郎の所見』
臨床技師の森井くんクローズアップ回前編。緩和ケアの担当医が無神経っぽく見えるけど、この態度はこの態度で正解とも取れるしモヤモヤ。あとカンファ前でテンション上がる宮崎ちゃんかわいい

・庄司創『白馬のお嫁さん』
運命の人ピタ子さんといい雰囲気に。イベントができすぎてるおかしい…でも裏があるようにも見えない…

コミックバーズ10月号
ユリ熊嵐アニメですと…というか元々アニメ化前提の先行コミカライズだったのかな。期待。

・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』
今月はちなさんが風邪ひくターン。やっぱりこちらも外せないイベントですねーたまらぬ(*´∀`)
ちなさんが風邪ひくところまでは先月の妄想が当たったものの、展開は脳内シミュレート大ハズレでまさかここまで腹を割ったトークが飛び出すとは思わなかったw

・伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』
アゲハちゃん(新キャラ)ええ子や…。神様に何か別の目的がありそうだったり竜之介のトラウマが明かされそうになったりで続きも気になる

まんがライフMOMO10月号
・ももせたまみ『私設花野女子怪館』
雪女の人ホラー好きですと…好感度アップ(*´∀`) あと性別は置いといてミケ家の猫カフェ行きたい

・スズキユカ『おうちでごはん』
そうめんアレンジあれこれ、汁なし坦々麺風がどストライク(゜∀゜)=3 そういえば今夏そうめん食べてなかった作ろう

・佐藤両々『崖っぷち天使マジカルハンナちゃん』
若桜さんが暗黒面に…

| | コメント (0)

先月末雑誌

更新ペースダウンでほとんど隔月になってる上に遅いですが先月分をー

アフタヌーン9月号
・沙村広明『波よ聞いてくれ』
新連載。(ラジオDJ物?) 『おひっこし』『ハルシオンランチ』系譜の劇画コメディだけど1話目の盛り上がり具合まとまり具合が半端なく自分的に初回風速で先の2作を上回った(´∀`)

・木尾士目『げんしけん二代目』
斑目が久我山に誘われ笹原妹の勤めるキャバクラへ。くっつくくっつかないは別としてやっぱり斑目の尻叩き役として笹原妹はいて欲しいキャラだなあ。

・草水敏/恵三朗『フラジャイル 病理医 岸京一郎の所見』
ドラマの「Dr.HOUSE」「踊れドクター」のように病名を特定するセクションをメインに据えた医療漫画(今回2話目)。
病名特定までのミステリーより病理医の平常業務や担当医セクションとの関係を見せるのに重きが置かれていて、第二主人公(見習い女医)の頑張りっぷりの気持ちよさで職業萌え漫画としても好感触(*´∀`)=3 1・2話とも買った日に数回読み返しましたわ。

・濱田浩輔『はねバド!番外編』
good!アフタヌーンからの出張で、ライバル強豪校フレゼリシア女子短付属の掘り下げ回。コニーが完全に愛されキャラで本編登場時の超然っぷりは何だったのか状態だけど可愛いは正義ゆえにこれも正義。

まんがライフMOMO9月号
・ももせたまみ『私設花野女子怪館』
杉田君のせいで尻漫画としての印象が強まりつつある今日この頃。歳食うと時間感覚が加速する的な話が身にしみる(;つ∀`)

・スズキユカ『おうちでごはん』
カモが食堂(ビストロ)でバイト。ここのマスターって未来のカモがタイムスリップしてきたかのようですのう…あと水出しコーヒーの器械置いてる店が近くにあるの思い出した行ってくる

コミックバーズ9月号
・杉崎ゆきる『純喫茶ねこ』
最近珈琲の淹れ方レクチャーが始まり雑学的なとこで株上昇中。

・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』
たろくん風邪に。微妙に距離感のあるところから少し歩み寄る程度の看病レベルが実に2人らしいけど、ちなさんが風邪になった場合どうなるのかも見てみたい感が。(脳内シミュレートだと最終的にやはり背中拭くくらいのとこに落ち着きそう?)

| | コメント (0)

アンツィオ戦

『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』
前回も今回も話が一週遅れだが気にしてはいけない(玄田の声で)

「BD予約してるけど一度は劇場音響で観ておきたいなあ」と思ってたところにブラザーのお誘いがきて渡りに船的にメンツに入れてもらいました(゜∀゜)=3
Dempa140720
劇場特典のフィルムは正面顔はないものの自分の好きな歴女チーム(劇中の戦車でIII突が気に入ってたら優勝後の宴会芸でキャラ好感度までダダ上がりした(*´∀`))で小さいけどカルパッチョも映ってて大満足ですわ。というか人体が映ってる劇場フィルムって初めてもらった気がするw

OVA本編は敵のアンツィオ校がTVで戦った4校とはまた違った部隊編成で、特にCV33は戦果はともかく一発で戦車の名前覚えてしまうくらいインパクトある走りっぷりで楽しかったですわ。
あとノリと勢いが持ち味のアンツィオ女子達ちょうかわいかった。ビジュアル的にてっきりわがまま天才なアンチョビを部下が支えるタイプの学校かと思ってたのですが(考えてみたらその枠はもうプラウダに取られてたw)、むしろ単純頭な部下達をまとめる常識人ポジションで隊長クラスもモブも揃って可愛いという奇跡のチーム(゜∀゜)=3

| | コメント (0)

月末雑誌

アフタヌーン7月号
・木尾士目『げんしけん二代目』:バレンタインデー。斑目陥落はしないだろうけど不意打ちに弱すぐる…

・庄司創『白馬のお嫁さん』(今回3話目):遺伝子デザインで生まれた「産む男(外見はほぼ女・精神は男の両性具有体)」3人とこれまた遺伝子デザインの影響で極端な小心者に育ったマッチョ主人公が協力して嫁探しをするSFコメディ。男らしい態度からヘタレ感がダダ漏れする主人公にだんだん好感が持てるようにw

・藤島康介『パラダイス・レジデンス』:good!アフタヌーンで中断してた女子寮漫画の移籍新連載。(good!収録分は今回別冊で付属) 女神さまは後半完全に飽きて流し読み状態だったけど、新作になるとやっぱりこの絵柄と楽しげな空間は魅力的(*´∀`)

コミックバーズ7月号
・伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』:ループ脱出計画に必要なアイテムを手に入れるべく水泳大会に参加。海底の描写がどういう展開への伏線なのか超気になる

・玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』:ちなさんの過去編終了。相当酷い目にあって親父に助けられた展開も予想してたので読者的にはむしろ安心したけど、太郎からするとそりゃ複雑ですのう…

まんがライフMOMO7月号
・ももせたまみ『私設花野女子怪館』:妖怪話は下ネタの宝箱だわ…。どのようにティンティン触るのか気になった(アクション次第で大惨事が予想されるので)

・スズキユカ『おうちでごはん』:鉄分の取り方を考える。自分の体は食べた物でできているというのは料理漫画の「きのう何食べた?」でも言ってたけど耳が痛い(;´∀`)

・険持ちよ『そやかてええやん』:ぬかり無く差し込まれる百合オチ

| | コメント (0)

キュアハートさん

『S.H.フィギュアーツ キュアハート』
とうとうプリキュアに手を出してしまったでござるの巻。いや神姫やfigma買ってて今更何をと言われればそうなんですがw

スマイル勢はポチらず耐え切ったけど、愛されイケメン女子愛好家+なばキャラ愛好家としてキュアハートは外せなかった…
Dempa140601_1
関節パーツの精度と付け替えやすさはfigmaより落ちるものの(特に足裏を接地させるために足首の曲がり方向を変えるのが結構難儀)、造形は全く文句なしですわ(*´∀`)

Dempa140601_4 Dempa140601_5
必殺技アイテム。弓は写真のロングボウ型の他にラブリーフォースアロー(合体技)用と思われるショートボウ型も付属。これは少なくともメイン4人までは発売確定ですかね。

Dempa140601_2 Dempa140601_3
EDダンス的ポーズ。ハートしか買わないつもりが思いのほかデキが良くてなばハーレムを完成させたくなってきた(;´∀`) レジーナが出ないと完成しないけど旧作で似たポジションにいたイースはフィギュアーツZEROで出たし、期待を込めてキュアダイヤモンド(Web受注)は注文しておくかなあ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧